-->
./
<!-- フラ&#65533;ュが見れな&#65533;のためにここに何か書&#65533; --> フラ&#65533;ュがインス&#65533;&#65533;ルされて&#65533;&#65533;たいで&#65533;&#65533;&#65533;

2010年01月29日

検察という国家権力にすり寄る記者クラブメディアの醜悪

検察という国家権力にすり寄る記者クラブメディアの醜悪 | 週刊・上杉隆 | ダイヤモンド・オンライン
「週刊朝日」先週号(検察の狂気)への反響が凄まじい。国会では与野党党派を問わず多くの国会議員や秘書、党職員に声を掛けられた。一方で政治記者からは皆無だ。  また、編集部には前例のないほどの激励の手紙やメールが寄せられているという。ツイッターなどのネットも同様の反応で盛り上がりを見せている。  そして同じ「週刊朝日」に今週も書いた。タイトルは「検察の卑劣」。文字通り、国家権力である検察の卑劣さと、そこに寄生する記者クラブの不健全さをリポートした。内容は同誌に譲るとして、すでに筆者のツイッターには先週号以上の反響が寄せられている。 http://twitter.com/uesugitakashi  一方で、既存の記者クラブメディアには抗議が殺到しているという。だが、これまでと同じように記者クラブメディアは自らに不利な情報を一切報じようとしない。そのために抗議の内容は明らかになっていないが、各社の幹部に取材した。 「今回は、これまでの抗議とは量も質も違っている。『小沢が悪い、検察が悪い』ではなくて、検察のリーク報道に対して、『本当なのか、説明しろ、騙してきたのか』という例のない類のものばかりだ。正直、手をつけられない」(朝日新聞政治部記者) 「視聴者センターへの抗議の電話本数については把握していないが、相当寄せられているというのは確かだ。その8割程度は検察とその報道に対する苦情だそうだ」(NHK報道局幹部)


Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 14:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 検察

影響の大きさを県民に自分のこととしてとらえてほしい

「後悔の日々…」飲酒ドライバー20人の文集(読売新聞) - goo ニュース
 講習を受け持つ県警運転管理課が、昨年1年間に県内で起きた飲酒運転による死亡事故件数が全国ワースト2位となったことを受け、「免許を取り消されたドライバーの切実な心情に触れてもらい、飲酒運転の影響の大きさを県民に自分のこととしてとらえてほしい」と、受講者の協力を得て“復刊”させた。


Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 01:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 警察

「美少女フィ「美少女フィギュア万引きの警部を略式起訴」:イザ!

「美少女フィギュア万引きの警部を略式起訴」:イザ!
 土浦区検(茨城県)は28日、美少女フィギュアを万引したとして窃盗罪で逮捕された、千葉県警木更津署の元刑事1課長の警部、楠見和彦容疑者(42)=千葉県木更津市潮見=を略式起訴した。土浦簡裁は同日、罰金30万円の略式命令を出した。

 42歳で刑事課長とはかなり意外でした。

Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 01:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 警察

県警の捜査に不審を抱き続けた。

「鳥取連続不審死 他殺に無念さにじます遺族」:イザ!
 乗り物好きの賢治さんと趣味が同じだった円山さん。会話を交わせば自然と趣味の話題に移ったという。賢治さんは、最愛の父の死を「水死」とした県警の捜査に不審を抱き続けた。事情を知る関係者が見つかれば会いに行き、自分の目で確かめたこともある。県警から逮捕の報告を受けたときには「遺体を目にした場面が思い浮かんだ」という。

 一方、円山さんと同居していた女性(62)は、事件後眠れない日々が続いている。2人の思い出が残るアパートを出て生活保護を受けながら暮らしているが、持病の心臓病に加え、最近はうつの症状にも苦しんでいるという。

 女性は遺影代わりのネクタイピンとセーターを前に「ごめんなさい」とつぶやいた。「主人の無念を晴らすためにも残る5人についての一刻も早い全容解明を望みます」と話した。

記事本文まで戻る



Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 01:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 警察

不審死事案の捜査状況などについては「ノーコメント」を繰り返す、歯切れの悪い会見となった。

「鳥取連続不審死 「ノーコメント」繰り返す県警」:イザ!
 上田美由紀容疑者の逮捕を受け鳥取県警は28日、鳥取署で記者会見を開き、事件の概要については説明した。上田容疑者周辺に男性6人が不審な死をとげている疑惑が浮上してから長期間が経過したことがあってか、上田容疑者の供述内容や他の不審死事案の捜査状況などについては「ノーコメント」を繰り返す、歯切れの悪い会見となった。


Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 01:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 警察

県警の捜査に不審を抱き続けた。

「鳥取連続不審死 他殺に無念さにじます遺族」:イザ!
 乗り物好きの賢治さんと趣味が同じだった円山さん。会話を交わせば自然と趣味の話題に移ったという。賢治さんは、最愛の父の死を「水死」とした県警の捜査に不審を抱き続けた。事情を知る関係者が見つかれば会いに行き、自分の目で確かめたこともある。県警から逮捕の報告を受けたときには「遺体を目にした場面が思い浮かんだ」という。

 一方、円山さんと同居していた女性(62)は、事件後眠れない日々が続いている。2人の思い出が残るアパートを出て生活保護を受けながら暮らしているが、持病の心臓病に加え、最近はうつの症状にも苦しんでいるという。

 女性は遺影代わりのネクタイピンとセーターを前に「ごめんなさい」とつぶやいた。「主人の無念を晴らすためにも残る5人についての一刻も早い全容解明を望みます」と話した。

記事本文まで戻る



Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 警察

「小沢氏「私は潔白、近々決着」と自信満々」:イザ!

「小沢氏「私は潔白、近々決着」と自信満々」:イザ!
 出席者によると、小沢氏は自身の資金管理団体の土地購入をめぐる政治資金規正法違反事件について「予算を仕上げて選挙をがんばっていきたい。いろいろと皆さんにご迷惑をかけている。私の不徳の致すところだ」と陳謝した。そのうえで「私は潔白だ。少し時間がかかるが、証明するために頑張る。検察と国民の皆さんの理解は得られる。近々に決着するだろう」と自信満々に語った。

関連記事

* 鳩山首相「小沢氏の潔白信じたい」
* 「身の潔白」早く説明を 首相が小沢氏…

記事本文の続き 与党幹部らは口々に「がんばれ、がんばれ」と小沢氏激励の乾杯をしたという。

 ただ、又市征治社民党副党首が「自ら(国会の)政倫審(政治倫理審査会)で説明なさったらどうです」と勧めると、出席者は沸いたが小沢氏の「返事はなかった」(出席者)という。


Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 00:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会

「殺人の時効廃止 法制審部会で改正骨子案」:イザ!

「殺人の時効廃止 法制審部会で改正骨子案」:イザ!
 公訴時効制度の見直しを検討している法制審議会(法相の諮問機関)の専門部会が28日開かれ、人を死亡させた罪のうち、最高刑が死刑の罪を公訴時効制度の対象から外し、現在時効が進行中の事件にも適用するなどとした法改正の要綱骨子案が事務局(法務省刑事局)から示された。次回以降、審議のうえ、とりまとめ、法制審総会を経て2月中にも千葉景子法相に答申、今国会に刑事訴訟法改正案を提出する見通し。


Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 00:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 刑事裁判

最終的に改正前の犯罪への適用を認めることになれば、公訴時効廃止・延長と併せて刑事政策の大転換となる。

「世田谷一家殺害なども時効廃止の可能性」:イザ!
 公訴時効に関しては17年1月施行の刑事訴訟法改正で殺人など死刑に当たる罪で、それまでの15年から25年に時効期間が延長されるなどしたものの、施行以前に発生した事件は適用の対象にはならなかった。当時は審議の中心が「厳罰化」で、公訴時効に関しては踏み込んでいなかった。

 また、法務省の時効制度勉強会の昨年7月の報告書では、人の命を奪った罪のうち「殺人などの重大事件で公訴時効廃止、その他で公訴時効期間延長」と示しながら、時効進行中の事件への適用では、遡及(そきゅう)処罰を禁止した憲法39条の規定に関し、「憲法上は許されるのではないか」との判断にとどめていた。

 遺族感情なども踏まえ、見直しが始まった今回は改正法の適用範囲でも審議を重ね、要綱骨子案が示された28日の部会でも、なお問題点を指摘する議論があったという。さらに審議を経て、最終的に改正前の犯罪への適用を認めることになれば、公訴時効廃止・延長と併せて刑事政策の大転換となる。


Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 00:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 刑事裁判