-->
./
<!-- フラ&#65533;ュが見れな&#65533;のためにここに何か書&#65533; --> フラ&#65533;ュがインス&#65533;&#65533;ルされて&#65533;&#65533;たいで&#65533;&#65533;&#65533;

釈放男性宅を捜索 那覇地検が異例の主導(琉球新報) - Yahoo!ニュース

釈放男性宅を捜索 那覇地検が異例の主導(琉球新報) - Yahoo!ニュース
 地検は「一切ノーコメント」として詳細を明かさないが、捜査関係者によると、事件前後の男性の行動などを捜査する方針とみられる。
 捜索は午前8時から午後4時半すぎまで、地検の検事や事務官を中心に十数人で行われた。関係者によると、地検は男性本人の物ではなく、家族のパソコンなどを押収したという。男性によると、地検は25日午前、男性の職場にも来て車を調べたが、何も押収しなかったという。
 与那原署は同年6月11日、強盗致傷容疑で男性を逮捕したが、地検は「十分に証拠が収集されていない」として、7月2日に処分保留で釈放していた。

最終更新:1月26日10時0分

琉球新報


Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 13:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 検察

地検が主導となった異例の家宅捜索が

裁判員裁判意識か 強盗致傷家宅捜索(琉球新報) - Yahoo!ニュース
 2009年4月に発生した南風原町の景品買取所強盗致傷事件。証拠不十分として同年7月に容疑者の男性を釈放していた那覇地検が主導となった異例の家宅捜索が25日、行われた。検察主導の家宅捜索は、東京地検や大阪地検など特捜部を有する地検が政治家の汚職事件などの強制捜査で実施するが、一般人を容疑者とする通常の刑事事件で検察が強制捜査に乗り出すのは極めてまれ。第一次捜査権のある県警を飛び越えた頭越しともいえる今回の捜索の背景に、捜査の瑕疵(かし)を指摘されずに裁判員裁判に臨みたい地検と、これまでの捜査手法を踏襲する県警との間に溝があったとみられる。
 男性の代理人の岡島実弁護士は、釈放時の会見で「そもそも男性は潔白だ」と指摘した上で、県警が男性を参考人として任意同行する際に「弁護人選任権や黙秘権告知を告げなかった」と違法性を指摘した。
 これに対し、県警は任意性も確保した適正な捜査を進めていたと説明していた。だが、関係者によると地検側は「一般市民に『適正に捜査が行われていない』との心証を持たれかねない」との懸念を示していたという。


Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 13:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 検察