-->
./
<!-- フラ&#65533;ュが見れな&#65533;のためにここに何か書&#65533; --> フラ&#65533;ュがインス&#65533;&#65533;ルされて&#65533;&#65533;たいで&#65533;&#65533;&#65533;

2010年01月05日

Railsのインストール

アンインストール
gem uninstall rails

インストール
gem install rails --include-dependencies

バージョンを指定したインストール
gem install rails --include-dependencies -v=2.2.2


Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 14:41| Comment(0) | TrackBack(0) | Rails

検察の注文のついた上申書

2009-12-28 - 弁護士 落合洋司 (東京弁護士会) の 「日々是好日」刑事事件][取材]事情聴取回避の手段にも 上申書、法律上規定なし
鳩山首相の政治資金規正法違反事件関係で、共同通信の取材がありコメントしたものですが、私の郷里である広島周辺でよく読まれている中国新聞には記事で出たみたいですね。

取材後、報道を見ていると、上申書には特捜部側からいろいろと注文がついていた、と報じているものがあり、私の見方は間違っていなかったようです。特捜部が、事情聴取もせず上申書で終わりにしてやろう、という場合に、勝手に作って出してきた上申書で了承するはずもなく、当たり前と言えば当たり前のことではあるのですが。

可能性ついでに言うと、事情聴取はなかった、ということになっていますが、実際は、どこかの時点で、何らかの形で検事が鳩山首相に接触していた、それを明るみには出さないまま、上申書処理という形にしている、ということもあり得ないわけではないでしょうね。長時間でなければ、都内某所、もしかしたら海外(首相は最近も何度か海外へ行っていましたね)で接触していた、ということも、可能性としてはあり得ます。首相が被疑者として、直接、検事に取り調べられることは自慢できることではなく、様々な人知れぬ経緯の結果が上申書だったのかもしれません。



 自分の場合、金沢地方検察庁にはなんども注文を出してくれと、注文を出したのですが、なにも出してくれませんでした。



Powered by ScribeFire.



posted by hirono at 07:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 検察

警察は無実の人を犯人に仕立て上げる怖い組織・・・

2009-12-29 - 弁護士 落合洋司 (東京弁護士会) の 「日々是好日」■[話題]山口組 一般の子どもたちに「お年玉」 神戸の総本部
イメージを良くする、アップさせるということでは、この世の中は様々な人々による熾烈な闘いの場ですから、山口組もその例外ではなく、彼らは彼らなりに必死に考えて実行に移しているということでしょうね。

以前、ヤフーに勤務していた当時に、あることで、ある警察の暴力団対策担当者と会って話したことがありますが、私のことを知らないのはやむを得ないとしても、ちょっと話せばそれなりに捜査、実務経験があるという程度のことはわかりそうなものなのに、この私に(笑)、暴力団というのは市民を食い物にして生きているんですよ、などと、表面的な通り一遍のことを、いかにも自分は詳しいんだ、と言いたげに自慢げに話していて、この程度の浅さ(人を見る目のなさを含め)では、とても効果的な暴力団対策などできないだろうな、この程度で給料がもらえればお気楽なものだ、と感じたことがありました。

警察は無実の人を犯人に仕立て上げる怖い組織、山口組のおじさんはお餅やお菓子やお金をくれる親切な人たちといった、イメージ作戦での敗北にならないよう、警察も工夫が必要でしょう。



Powered by ScribeFire.



posted by hirono at 07:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 警察

一生懸命やっています、というアリバイ作り、時効成立へ向けた地ならしをしている可能性

2009-12-30 - 弁護士 落合洋司 (東京弁護士会) の 「日々是好日」■[刑事事件]世田谷一家殺害 丸9年 犯人は南欧系混血か DNA型鑑定 犯人像と矛盾せず
犯人の母親か祖母が南欧出身の可能性、という程度では、雲をつかむような話で、とても犯人が特定できそうにはないですね。事件発生後何周年、というこの時期になると、この種の話題が報道で流れますが、警察が、私たちはさぼっていません、一生懸命やっています、というアリバイ作りのため意図的に流しているという疑いもあります。そういうアリバイ作りは得意な人間がそろっている組織ではあるので、徐々に時効成立へ向けた地ならしをしている可能性もあります。そもそも、今になっても「基本的な捜査をして」などと捜査幹部が言っているくらいですから、解決への道はかなり遠そうです。今頃になって、犯人は南欧系混血か、という程度の捜査しかされていないことを、亡くなった被害者が聞いたらどのように思うのでしょうか。



 元検察官のお話ですが、現役・現場の検察庁の職員も同じような目で、警察を見ているのかと、ふと考えました。


Powered by ScribeFire.



posted by hirono at 07:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 警察

検察、お得意のストーリー作り、リーク、意図的な世論操作が存在している疑い・・・。

2010-01-03 - 弁護士 落合洋司 (東京弁護士会) の 「日々是好日」
この記事にあることの真偽は、私のような市井の片隅で生きるしがない弁護士の知るところではありませんが、「特捜部は、・・・みている。」といった記事の背景には、特捜部によるリーク、意図的な世論操作が存在している疑いがあり、そういったことを行いつつ狙っているものは何かと言えば、小沢幹事長の金脈問題を徹底的に暴くことではないかという印象を強く受けるものがありますね。

お金というものに色はついていないので、出とか入りとかを追って行っても、最後の詰めの部分では供述に依存するしかない、ということに、どうしてもならざるをえない側面があります。かつてのゼネコン汚職で、特捜部に首根っこを押さえられたゼネコン側の供述で事件が組み立てられて行った際と酷似する構図が、徐々に形成されつつあるような気がします。特捜部は、小沢幹事長の秘書の事件も通じ、資金の拠出者側の首根っこを押さえ、お得意のストーリー作りで徐々に絵を描いてきた可能性が高く、大幅な人事異動がある今年3月までに、何とか、宿敵の本丸に切り込みたい、あわよくば大将の首を取って高らかに凱歌を揚げたい、ということで、精力的に動いている可能性が高そうです。

こういった動きと、年末で妙にあっさりと、首相や大金持ちのお母さんについては上申書程度でお茶を濁して終わった事件を併せ考えると、特捜部の真の狙いはどこにあるか、何のためにあっさりとお茶を濁す程度で終わったのか、ということについて、何となく、ぼーっとした感じですが、見えてくるものがあるような気もします。



 元検察官の専門家が言ったいるだけに、やはりそういうことがあるのか、頻度や可能性が高いのか、という気にもなってきます。実際のところはわかりませんが。自分は慣れているので深刻に受け止めることもなく、それほどの問題でもありませんが、たまたま記事を見かけた人は衝撃を受けたり、びっくりすることがあるのかもしれません。


Powered by ScribeFire.



posted by hirono at 07:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 検察

捜査機関が慎重の上にも慎重を期していると感じる(押尾容疑者再逮捕で警視庁)

2010-01-05 - 弁護士 落合洋司 (東京弁護士会) の 「日々是好日」
捜査機関が慎重の上にも慎重を期していると感じるのは、「本件」の前に、MDMAの譲渡で身柄をとり、他の関連被疑者についての取調べも行った上で、本件で再逮捕しているということで、上記の記事にあるような保護義務の裏付けという点も含め、万全の態勢で臨んできている、という印象を受けるものがあります。 この罪名で起訴されることになれば、裁判員裁判ということになりますが、否認事件になった場合、複数の専門家が出廷、証言することになる可能性が高く、専門性が高い話が次々と出てくるだけに、裁判員にとってはかなりハードな裁判になる可能性があるでしょう。

 昨夜のテレビで、被害者の父親が、「見通しが開けてきた」というような発言をされていたのが印象的でした。実際はもっとたくさんの言葉があり、報道する側が編集でチョイスしたということになるのでしょうか。

Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 07:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 刑事裁判

事件処理の過程をオンラインと連携する刑事司法情報システム

donga.com[Japanese donga]
2010年からは裁判の手続きが分かり易くなる。インターネットで事件を処理する電子訴訟時代が本格的に始まる一方で、家庭内紛争を住所から近いところで解決できるよう、家庭裁判所も全国に拡大される見通しだ。 最高裁判所は、今年から検察などの捜査機関とともに、捜査や裁判、刑の執行など、事件処理の過程をオンラインと連携する刑事司法情報システムを本格的に稼動する。今年2月まで試験運営したあと、3月からは南部地裁で適用される。これを通じて、誰でも、オンラインを通じて事件の処理結果を一目で確認することができるようになる。 またいつ、どこでもインターネットで訴訟書類を提出する電子訴訟の時代が幕開けする。判決文を電子文書を送達し、裁判過程での期日の通知や答弁書などもオンラインで行われる。最高裁は、今年、特許訴訟を始めに11年には行政訴訟と個人回生・破産、12年には民事訴訟と、順次電子訴訟を導入する計画だ。

 韓国のお話みたいです。ボ2ネタで知りました。

Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 07:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 司法

ドキュメント高校中退—いま、貧困がうまれる場所 - 琥珀色の戯言

ドキュメント高校中退—いま、貧困がうまれる場所 - 琥珀色の戯言
 僕は以前、「給食がなくて、ハンバーガーやフライドポテトなどのジャンクフードを学校で食べるアメリカの子どもたち」のドキュメントを観て愕然としたのですが、この日本の高校の現実を知らずにアメリカをバカにしていた自分が情けなくなりました。「アメリカはひどい」のではなくて、「アメリカもひどい」だけなのです。  こういう状況になると、「個々の親や学校だけのがんばり」でどうにかなるようなものじゃない。  でも、世間やマスコミは「学校の責任」ばかり追及したがる。  そうやって、「わかりやすく『犯人』をつくりあげる」ことによって、結局、「現在の教育、そして社会全体が抱える問題」は隠蔽され、「搾取されるしかない底辺の人々」が再生産され続けているのです。

 にわかに信じ難いような内容もありましたが、それだけ深刻なのかもしれません。

Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 07:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会

“ごね得”許した「派遣村の品格」 費用は6千万円大幅超の見込み (1/2ページ) - MSN産経ニュース

“ごね得”許した「派遣村の品格」 費用は6千万円大幅超の見込み (1/2ページ) - MSN産経ニュース
 「不平を言えば融通が利く。みんな“ごね得”だと気付いている」。4日閉所した東京都の「公設派遣村」を出た男性(34)は“村”での生活をこう皮肉った。派遣村では開所以来、行政側と入所者の衝突が絶え間なく続いた。職員の口のきき方への不満に始まり、昼食代の現金支給を求める入所者…。当初、目的だったはずの就職相談は不調に終わり、職員は最後まで入所者への対応に右往左往した。


Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 07:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会

SQLiteコマンド一覧のまとまったサイト

SQLiteコマンド一覧 : PHPとSQLite rakutoネット


Sqlite3

 MySQLが多いで、あまり使うことはないのですが、それだけわすれやすいこともあり、これだけまとまっていると助かります。


Powered by ScribeFire.



posted by hirono at 06:54| Comment(0) | TrackBack(0) | Rails

IDのないテーブルを作る。

Powered by ScribeFire.



posted by hirono at 06:16| Comment(0) | TrackBack(0) | Rails