-->
./
<!-- フラ&#65533;ュが見れな&#65533;のためにここに何か書&#65533; --> フラ&#65533;ュがインス&#65533;&#65533;ルされて&#65533;&#65533;たいで&#65533;&#65533;&#65533;

2010年01月12日

「法律扶助制度」

新見の弁護士☆ブログ
民事法律扶助とは、収入・資産が少ない人が,弁護士に相談する際に無料で法律相談を受けることができるよう,法律相談料を援助をしたり,弁護士に依頼する際の弁護士費用の立替え払いを行う制度です。 法律相談料については,無料になりますが,弁護士費用については,立替金を原則として,月々分割で返還していくことになります。 なお,先日書きましたが,生活保護受給者は,立替金の返還が猶予・免除されます。 月々の分割は,原則1万円で運用されています。収入が低い方は5,000円でも認められる場合もあります。

 制度についてわかりやすく書いてありました。

posted by hirono at 19:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 司法

タマゴの1つも落とすことができず

はげしく学び はげしく遊ぶ(石川康宏研究室): ワンタンメンはうまいのお
京都での学生時代には、

 ホンマに主食だったからなあ。

 タマゴの1つも落とすことができず、

 ただただ、2袋にするか3袋にするか、

 その量だけが問題だった。



 ご苦労があったみたいです。大学教授のブログみたいです。プロフィールには、
1995年、神戸女学院大学赴任。2004年より教授。担当科目、現代社会と経済学、経済学、比較経済論、

とありました。
 はてなのアンテナで見つけました。

posted by hirono at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会

2010年01月11日

「お父さんが中にいる」と家の中に駆け戻っていった

青森で民家火災、父と子供?3人の遺体 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
 出火直後に駆けつけた近くに住む団体職員の女性(47)が由貴さんから聞いた話によると、由貴さんは大きな音に気づいて2階寝室から1階に下りると、すでに煙が充満。子ども1人を連れて外に逃げ出したが、子どもは「お父さんが中にいる」と家の中に駆け戻っていったという。間もなく、窓から炎が噴き出し、家は炎に包まれた。


Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会

[git]gitの主なコマンド

かWiki - Git/Commands

 バージョンが少し古いようですが、参考になります。


Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 16:33| Comment(0) | TrackBack(0) | UNIX/Linux

[git]gitのエイリアス

さくらインターネットで git push するとgit-receive-pack: Command not found. と言われる問題の応急処置 | 半年前の私への教科書
を参考にしました。

~/.gitconfig
[alias]
        sakura-push = push --receive-pack=/home/hirono-hideki-01/local/bin/git-receive-pack \
        ssh://hirono-hideki-01@hirono-hideki-01.sakura.ne.jp/home/hirono-hideki-01/git/git-test.git
    sakura-clone = clone --upload-pack=/home/hirono-hideki-01/local/bin/git-upload-pack \
        ssh://hirono-hideki-01@hirono-hideki-01.sakura.ne.jp/home/hirono-hideki-01/git/git-test.git

 .bashrcにコマンド全体のエイリアスを書いた方が良さそうな気もしますが、gitのコマンドと一体化するので役立つこともありそうです。「git sakura-push」というような使い方になります。


Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 09:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフト

git(ソースコードの分散型バージョン管理システム)

参考:http://apple-tart.net/dokuwiki/doku.php?id=development_tool:vc:git
   http://ja.wikipedia.org/wiki/Git

 どうもgitでは、CVSやSubversionのようにチェックアウトとという概念自体がないみたいです。cloneというコマンドがそれに相当するみたいですが、複製という意味合いが強い感じです。ローカル側からサーバのgitコマンドを操作するみたいで、git-upload-packなどというコマンドにパスが通っている必要があるみたいですが、サーバ側の.bashrcなどの設定ファイルは読み込まないので、whichでコマンドにパスが通っていてもエラーが起こる場合があるみたいです。さくらインターネットでは、インストール先の/home/ユーザ名/local/binからgitのコマンド一式を、/home/ユーザ名/binにシンボリックリンクを張ることで対処出来ました。
 覚え書きの具体例ですが、主要なコマンドだけ、色づけをしておきます。はっきりしたことは確認していませんが、 サーバではgit-test.gitのディレクトリを丸ごと消せば、何もなかった状態に戻せるのだと思います。cloneの作業ファイルは、そのまま別のリポジトリでも使えそうです。

サーバ側
[sakura git] % mkdir git-test.git
[sakura git] % cd git-test.git/
[sakura git-test.git] % ls
[sakura git-test.git] % git --bare init
Initialized empty Git repository in /home/hirono-hideki-01/git/git-test.git/
[sakura git-test.git] % ls
HEAD        config      hooks       objects
branches    description info        refs
[sakura git-test.git] %

ローカル側
u9@u9-vmx:~/tmp % mkdir project
u9@u9-vmx:~/tmp % cd project/ 
u9@u9-vmx:~/tmp/project % ls  
u9@u9-vmx:~/tmp/project % rails pj0001
      create                         
      create  app/controllers        
      create  app/helpers            
      create  app/models             
      create  app/views/layouts      
      create  config/environments    
      create  config/initializers    
      create  config/locales         
      create  db                     
      create  doc                    
      create  lib                    
      create  lib/tasks              
      create  log                    
      create  public/images          
      create  public/javascripts     
      create  public/stylesheets     
      create  script/performance     
      create  test/fixtures          
      create  test/functional        
      create  test/integration       
      create  test/performance       
      create  test/unit              
      create  vendor                 
      create  vendor/plugins         
      create  tmp/sessions           
      create  tmp/sockets            
      create  tmp/cache              
      create  tmp/pids               
      create  Rakefile               
      create  README                 
      create  app/controllers/application_controller.rb
      create  app/helpers/application_helper.rb       
      create  config/database.yml                     
      create  config/routes.rb                        
      create  config/locales/en.yml                   
      create  db/seeds.rb                             
      create  config/initializers/backtrace_silencers.rb
      create  config/initializers/inflections.rb       
      create  config/initializers/mime_types.rb        
      create  config/initializers/new_rails_defaults.rb
      create  config/initializers/session_store.rb     
      create  config/environment.rb                    
      create  config/boot.rb                           
      create  config/environments/production.rb        
      create  config/environments/development.rb       
      create  config/environments/test.rb              
      create  script/about                             
      create  script/console                           
      create  script/dbconsole                         
      create  script/destroy                           
      create  script/generate                          
      create  script/runner                            
      create  script/server                            
      create  script/plugin                            
      create  script/performance/benchmarker           
      create  script/performance/profiler              
      create  test/test_helper.rb                      
      create  test/performance/browsing_test.rb        
      create  public/404.html                          
      create  public/422.html                          
      create  public/500.html                          
      create  public/index.html                        
      create  public/favicon.ico                       
      create  public/robots.txt                        
      create  public/images/rails.png                  
      create  public/javascripts/prototype.js          
      create  public/javascripts/effects.js            
      create  public/javascripts/dragdrop.js           
      create  public/javascripts/controls.js           
      create  public/javascripts/application.js        
      create  doc/README_FOR_APP                       
      create  log/server.log                           
      create  log/production.log                       
      create  log/development.log                      
      create  log/test.log                             
u9@u9-vmx:~/tmp/project % git init                     
Initialized empty Git repository in /home/u9/tmp/project/.git/
u9@u9-vmx:~/tmp/project % git add .                          
u9@u9-vmx:~/tmp/project % git commit -m "initial commit"     
[master (root-commit) 82f37ce] initial commit                
 42 files changed, 8461 insertions(+), 0 deletions(-)        
 create mode 100644 pj0001/README                            
 create mode 100644 pj0001/Rakefile                          
 create mode 100644 pj0001/app/controllers/application_controller.rb
 create mode 100644 pj0001/app/helpers/application_helper.rb       
 create mode 100644 pj0001/config/boot.rb                          
 create mode 100644 pj0001/config/database.yml                     
 create mode 100644 pj0001/config/environment.rb                   
 create mode 100644 pj0001/config/environments/development.rb      
 create mode 100644 pj0001/config/environments/production.rb       
 create mode 100644 pj0001/config/environments/test.rb             
 create mode 100644 pj0001/config/initializers/backtrace_silencers.rb
 create mode 100644 pj0001/config/initializers/inflections.rb       
 create mode 100644 pj0001/config/initializers/mime_types.rb        
 create mode 100644 pj0001/config/initializers/new_rails_defaults.rb
 create mode 100644 pj0001/config/initializers/session_store.rb     
 create mode 100644 pj0001/config/locales/en.yml                    
 create mode 100644 pj0001/config/routes.rb                         
 create mode 100644 pj0001/db/seeds.rb                              
 create mode 100644 pj0001/doc/README_FOR_APP                       
 create mode 100644 pj0001/log/development.log                      
 create mode 100644 pj0001/log/production.log                       
 create mode 100644 pj0001/log/server.log                           
 create mode 100644 pj0001/log/test.log                             
 create mode 100644 pj0001/public/404.html                          
 create mode 100644 pj0001/public/422.html                          
 create mode 100644 pj0001/public/500.html                          
 create mode 100644 pj0001/public/favicon.ico                       
 create mode 100644 pj0001/public/images/rails.png                  
 create mode 100644 pj0001/public/index.html                        
 create mode 100644 pj0001/public/javascripts/application.js        
 create mode 100644 pj0001/public/javascripts/controls.js           
 create mode 100644 pj0001/public/javascripts/dragdrop.js           
 create mode 100644 pj0001/public/javascripts/effects.js            
 create mode 100644 pj0001/public/javascripts/prototype.js          
 create mode 100644 pj0001/public/robots.txt                        
 create mode 100755 pj0001/script/about                             
 create mode 100755 pj0001/script/console                           
 create mode 100755 pj0001/script/dbconsole                         
 create mode 100755 pj0001/script/destroy                           
 create mode 100755 pj0001/script/generate                          
 create mode 100755 pj0001/script/performance/benchmarker           
 create mode 100755 pj0001/script/performance/profiler              
 create mode 100755 pj0001/script/plugin                            
 create mode 100755 pj0001/script/runner                            
 create mode 100755 pj0001/script/server                            
 create mode 100644 pj0001/test/performance/browsing_test.rb        
 create mode 100644 pj0001/test/test_helper.rb                      
u9@u9-vmx:~/tmp/project % git remote add origin ssh://hirono-hideki-01@hirono-hideki-01.sakura.ne.jp/home/hirono-hideki-01/git/git-test.git                                        
u9@u9-vmx:~/tmp/project % git push origin master
Counting objects: 63, done.
Delta compression using up to 2 threads.
Compressing objects: 100% (55/55), done.
Writing objects: 100% (63/63), 79.40 KiB, done.
Total 63 (delta 10), reused 0 (delta 0)
To ssh://hirono-hideki-01@hirono-hideki-01.sakura.ne.jp/home/hirono-hideki-01/git/git-test.git
 * [new branch]      master -> master
u9@u9-vmx:~/tmp/project % mkdir ../git-test-work
u9@u9-vmx:~/tmp/project % cd ../git-test-work/
u9@u9-vmx:~/tmp/git-test-work % ls
u9@u9-vmx:~/tmp/git-test-work % git clone ssh://hirono-hideki-01@hirono-hideki-01.sakura.ne.jp/home/hirono-hideki-01/git/git-test.git
Initialized empty Git repository in /home/u9/tmp/git-test-work/git-test/.git/
remote: Counting objects: 63, done.
remote: Compressing objects: 100% (55/55), done.
remote: Total 63 (delta 10), reused 0 (delta 0)
Receiving objects: 100% (63/63), 79.23 KiB, done.
Resolving deltas: 100% (10/10), done.
u9@u9-vmx:~/tmp/git-test-work % ls
git-test
u9@u9-vmx:~/tmp/git-test-work % ls git-test/
pj0001
u9@u9-vmx:~/tmp/git-test-work % ls git-test/pj0001/
README  Rakefile  app  config  db  doc  log  public  script  test
u9@u9-vmx:~/tmp/git-test-work %


Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 09:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフト

さくらインターネットのサーバでgitのcommand not foundを解決

ssh 経由で git を使うと command not found になる問題 - もやし日記


 上記ページが解決のヒントになりました。

/home/(ユーザ名)/local/bin
の中にあるgit関係のコマンドをすべて、
/home/(ユーザ名)/binにシンボリックリンクを張ったところ、うまくいったみたいです。

bash: git-upload-pack: command not found
というエラーが出ていました。



Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 07:40| Comment(0) | TrackBack(0) | Rails

「110番通報モラルどこへ…「要望、相談」急増で苦慮」:イザ!

「110番通報モラルどこへ…「要望、相談」急増で苦慮」:イザ!
 通報内容別でみると、パトロールの要請や身内間のトラブルに関する相談など、警察に対する要望・相談が前年比4314件(32・1%)増の1万7741件と大幅に増加した。

 具体例として、「ぐれた息子を更生させるにはどうしたらいいか」「ガス欠で立ち往生している」「火災報知機の音が止まらない」−など困り事の相談や要望などで110番通報するケースがあり、利用者のモラルが問われそうだ。同課は「警察官が限りなくいるわけではない。事件事故への対応にも影響する」と、苦慮している。


Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 02:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 警察

「「今年中に死ぬ」高島易断詐欺、主犯男を再逮捕 兵庫」:イザ!

「「今年中に死ぬ」高島易断詐欺、主犯男を再逮捕 兵庫」:イザ!
 逮捕容疑は平成16年7月〜20年10月、兵庫県内で開かれた出張鑑定会場に訪れた同県南あわじ市の女性(83)ら2人に、「今年中に死ぬ」「このままでは息子さんは結婚できない」などと不安をあおり、2人から祈祷料名目などで計750万円をだまし取ったとしている。


 信じる者は救われる、という言葉もあったと思いますが、軽く年収3年分には相当する金額です。よほど気が動転したのでしょうか。


Powered by ScribeFire.



posted by hirono at 01:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 事件

「はねた後、車に遺体乗せ7キロ ひき逃げで女子学生逮捕」:イザ!

「はねた後、車に遺体乗せ7キロ ひき逃げで女子学生逮捕」:イザ!
 同署の調べによると、佐藤容疑者は同日午前4時5分ごろ、同市上横倉町の国道293号で乗用車を運転し、道路を歩いていた同市上横倉町、無職、網シゲさん(80)をはねて死亡させ、遺体が乗用車のボンネットに乗った状態のまま現場から約7キロ離れた自宅まで逃走した疑いが持たれている。

 テレビのニュースで見ましたが、事故車両の状態を見ても、逃げ切るのは現実的に不可能に近く、よほど気が動転していたのでしょう。

Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 01:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 事件

刑事裁判の傍聴などを通じて、事故物件情報を入手。

「押尾事件の舞台も? “事故物件”紹介する不動産サイト 」:イザ!
 ■刑事裁判などで情報収集  サイトは、不動産賃貸・管理業の「株式会社大島てる」(東京都練馬区)が管理する「大島てる − CAVEAT EMPTOR」。事故物件を「殺人事件や火災による死亡事故等の嫌悪すべき歴史的事実があった物件」と定義し、東京23区、東京都下、横浜市、川崎市の4地区分を掲載している。  「Google Maps」のシステムを使い、事故物件は炎のマークで表示。クリックすると、住所と部屋番号、どのような「事故」だったのかが示される仕組みだ。  同社では刑事裁判の傍聴などを通じて、事故物件情報を入手。一般から寄せられた情報については、現地調査などを行い、裏づけをとっているという。

 裁判の膨張が情報収集に使われているとは、初めて知りました。

Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 01:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会

2010年01月09日

[Rails]セッション情報のクリア

rake db:sessions:clear

Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 05:11| Comment(0) | TrackBack(0) | Rails

2010年01月08日

裁判員経験者証言/「ばか」という言葉使っていた/接触避ける対応に違和

河北新報 東北のニュース/仙台地裁 裁判員会見で不適切な説明 職員、予断与える
◎裁判員経験者証言/「ばか」という言葉使っていた/接触避ける対応に違和感

 仙台地裁から受けた裁判員記者会見の説明で、会見に否定的なイメージを抱いたと証言した裁判員経験者との一問一答は以下の通り。

 —地裁職員の説明で気になった点は。
 「『ばかな記者』か『ばかな質問をする記者』かはあいまいだが、『ばか』という言葉を使っていた。記者に対してネガティブな印象を持った」

 —説明はいつ、どのように受けましたか。
 「判決後、評議室で記念のバッジと感謝状をもらい、宣誓をした部屋に移動してからだった。記者クラブの依頼で会見を開いていると説明された。職員は『ぜひ参加してほしい』と話していた」

 —質問への回答について指導はありましたか。
 「『ありのままを話してください』『隣の人と同じと答えてもいい』と言われた。『答えなくていい質問がある』と聞き、答えられないことがあると知った。その説明がなければ、評議の秘密をうっかりしゃべったかもしれない」

 —取材に応じた理由は。
 「記者との接触をできるだけ避けさせようとする職員の対応に違和感を持った」

2010年01月07日木曜日


Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 18:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 裁判員制度

MySQLのデータベース管理者講習の価格

MySQL5.0および5.1対応オフィシャルトレーニング - SCS 住商情報システム株式会社
MySQLデータベース管理


バージョン : MySQL 5.0及び5.1

概要 : MySQLのデータベース管理者に必要な知識を、実習を通して一通り習得します。

前提条件 : RDBとSQLの基本的な知識を有していること。
※T、Uあわせて1つのコースですが、個別に受講することも可能です。

■MySQLデータベース管理 T(SQL-4502-1)
 期間 : 3日間
 価格 : 189,000円(税込価格)

■MySQLデータベース管理 U(SQL-4502-2)
 期間 : 2日間
 価格 : 126,000円(税込価格)

MySQL High Availability (SQL-4301)


バージョン : MySQL 5.0及び5.1

期間 : 3日間

価格 : 189,000円(税込価格)

概要 : MySQLの可用性を向上させるソリューションを、実習を通して習得します。

前提条件 : MySQL for Database Administrators受講済み、あるいは同等の知識を有していること。

MySQL Performance Tuning (SQL-4402)


バージョン : MySQL 5.0及び5.1

期間 : 4日間

価格 : 252,000円(税込価格)

概要 : MySQLの可用性を向上させるソリューションを、実習を通して習得します。

前提条件 : MySQL for Database Administrators受講済み、あるいは同等の知識を有していること。



 Sun Microsystemsからメールが届いて知ったのですが、高嶺の花ですが、価格が大きいだけに内容も期待できそうな講習です。2,3年前にも同じような情報を見ましたが、値段の方は変わっていないか、上がっているような感じです。

 MySQLは、非商用の個人使用だと無償で使えるはずです。Linuxではとても簡単にインストールでき、簡単に始めることが出来ます。Windowパソコンだとインストールが少しややこしいですが、同様に使えます。
 

Powered by ScribeFire.



ブログを見た人から県警に投書、公然わいせつ容疑で逮捕

「ブログで全裸を生中継 新潟の36歳無職男を逮捕 閲覧者は数十人」:イザ!
 新潟東署によると、関川容疑者は一人暮らし。「ライブカメラで生中継するだけの男のブログ」と題して裸でゲームをしたり、テレビを見たりする自分の姿をウェブカメラで写し、ブログで中継していた。生中継の開始時刻はブログで予告。中継時には常時数十人の閲覧者がおり、ネット上で話題になっていたという。

 昨年8月ごろ、ブログを見た人から県警に投書があった。

記事本文まで戻る



Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 02:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 事件

Railsの入力値検証(validates)

宮井拓也の日記 » Blog Archive » Railsの入力値検証(validates_なんちゃら系)まとめ

 まとめてあるので助かります。パソコンのデータだとコピペも出来ますし、けっこう長めのメソッド名にもなっています。

 Vim.railsだと、始めの3文字で略語展開ができます。動的略語展開のようにインクリメントで候補が出ることはなく、入力をした時点で自動的に置き換わります。

      Rabbrev va(    validates_associated
      Rabbrev vb(    validates_acceptance_of
      Rabbrev vc(    validates_confirmation_of
      Rabbrev ve(    validates_exclusion_of
      Rabbrev vf(    validates_format_of
      Rabbrev vi(    validates_inclusion_of
      Rabbrev vl(    validates_length_of
      Rabbrev vn(    validates_numericality_of
      Rabbrev vp(    validates_presence_of
      Rabbrev vu(    validates_uniqueness_of
 

Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 02:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Rails

2010年01月07日

諸外国,特に米国では匿名による発言は信用されない

インターネット上での実名公表 - 高輪共同法律事務所ブログ
日本の場合,インターネット上では匿名(HNを使用するしないかは別として)によって発言がなされることが多いのですが,諸外国,特に米国では匿名による発言は信用されないらしく,インターネット上であっても実名(リアル世界と繋がった名前)による発言が多いそうです。

 落合弁護士のブログのリンクを辿りましたが、弁護士さんのブログみたいです。

Powered by ScribeFire.