-->
./
<!-- フラ&#65533;ュが見れな&#65533;のためにここに何か書&#65533; --> フラ&#65533;ュがインス&#65533;&#65533;ルされて&#65533;&#65533;たいで&#65533;&#65533;&#65533;

2010年01月22日

「警視庁警部、電車内で女性の太もも触り書類送検

「警視庁警部、電車内で女性の太もも触り書類送検 「気持ちエスカレート」」:イザ!
 電車内で女性の太ももを触ったとして、警視庁は22日、東京都迷惑防止条例違反などの疑いで、同庁訟務課の警部(45)=埼玉県上尾市=を書類送検するとともに、停職1カ月の懲戒処分とした。警部は同日付けで辞職した。  送検容疑は、1月16日午後10時半から同50分ごろの間、JR横浜駅から大崎駅に走行中の電車内で、右隣で眠っていた20代の女性の太ももをジーンズの上から触ったとしている。
 手が触れていることに気がついたが、女性が寝ていると思い、気持ちがエスカレートしたそうです。先日も警部の刑事課長が万引きで逮捕されたばかりですが、似たようなことが続くものです。

Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 19:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 警察

2010年01月21日

今、ネット上で「助けてと言えない30代」が話題となっている。

クローズアップ現代 - Yahoo!テレビ.Gガイド [テレビ番組表]
今、ネット上で「助けてと言えない30代」が話題となっている。きっかけは、ある30代の孤独死を扱った番組。なぜ共鳴が広がっているのか。30代の現実を再び追った。

 珠洲の病院から戻り、40分過ぎぐらいから番組を観ました。やはり大変な人が多いみたいです。ブログでコメントした人が、取材を受けていましたが、これには少し驚きました。NHKも踏み込んだことをすることがあるみたいです。

Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会

2010年01月20日

地検の決済で厳重注意処分

刑事部長ら、大阪地検 誤起訴で3人厳重注意
 離婚後300日以内に生まれた子を民法の規定通りに前夫の子として届け出た中国籍の女性を誤って起訴した問題で、大阪地検は23日、手続きに関与した大島忠郁刑事部長ら3人を内規に基づく厳重注意処分にした。  ほかの2人は、刑事部副部長と副検事。副検事が起訴し、副部長と大島部長が決裁していた。 2007/02/23 10:41   【共同通信】

 内規に基づく厳重注意処分、とありますが、そのような内規があるとは知りませんでした。


Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 検察

インプラント再使用疑惑の歯科院長、自殺未遂 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

インプラント再使用疑惑の歯科院長、自殺未遂 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
 田原署などによると、院長は自殺を図ったとみられ、首の右側をメスで数センチ切って重傷を負い、病院で治療を受けているが、命に別条はないという。  20日の立ち入り検査は中止されたが、同保健所の藤岡正信所長は「歯科医師会の発表などで、医療法上、事実関係を調査する必要があると判断した。今後、さらに県と対応を協議したい」と述べた。 (2010年1月20日19時46分 読売新聞)
 先ほど、報道ステーションでやっていましたが、内部告発者のインタビューなど生々しかったです。保健所というのは警察ではないはずですが、このような関わり方もあるのかと参考になりました。

Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 22:24| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記

金沢地検の新しい次席検事に、古賀栄美氏(41)が着任

金沢地検:「経験伝えたい」 古賀次席検事が着任会見 /石川 - 毎日jp(毎日新聞)
 金沢地検の新しい次席検事に、古賀栄美氏(41)が着任し、19日、同地検で着任会見があった。古賀次席検事は「検察官として何ができるかを考えながら過ごしたい」と抱負を語った。

 富山県高岡市出身。徳島地検や名古屋地検などで勤務し、「何が真実かを限りなく追及すること」を心がけてきた。前任の和歌山地検では、裁判員裁判で初めて無期懲役の判決が下された強盗殺人事件を担当。県内で来月開かれる裁判員裁判についても「裁判員に適切な情報を伝えられるよう、自分の経験を担当する検事に伝えていきたい」と話した。

 1月18日付の北陸中日新聞で見ていました。普段あまり目を向けない「第二石川総合」という紙面でした。和歌山地検では三席検事だったそうです。前任の次席検事も山本真千子という名前なので女性だと思います。中日新聞では顔写真入りでした。
 昭和43年生まれと言うことなので、自分より4つほど年下ということになりそうです。この年齢で確か決済官でもある次席検事とは、改めて自分が年をくったことを感じました。


Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 20:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 検察

千葉県警刑事1課長が美少女フィギュア万引き

2010-01-17 - 弁護士 落合洋司 (東京弁護士会) の 「日々是好日」■[不祥事][刑事事件]千葉県警刑事1課長が美少女フィギュア万引き
 この事件は初め中日新聞で見たような気がしますが、そこに警部と書いてありました。刑事課長の役職が警部クラスというのは、初めて知りました。

Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 警察

こういう国に日本もなりつつある。すご腕弁護士が事務所で自殺する国アメリカ

米国「スーパー弁護士トップ100」のすご腕弁護士が事務所で自殺する国アメリカ〜真似をすれば日本も… - 情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士(ヤメ蚊)
…こういう国に日本もなりつつある。 来年からは、日本でも、司法研修生はみなし公務員の身でありながら、給料ではなく、国からの貸与によって生活をすることになる。  あなたは、ネイティブアメリカンの権利を高裁で勝ち取るすご腕弁護士が自殺するような国にしたいですか?  そういう国では、あなたが相談する弁護士は、借金を抱えて事務所経営に悩んでいる人が多いかもしれない…。    2月5日は、日本の弁護士の将来に大きな影響を与える日本弁護士連合会選挙の投票日。サラ金を相手に戦ってきた宇都宮弁護士が、いわゆる主流派の山本弁護士との一騎打ちをすることとなった。宇都宮陣営は、公聴会を市民に開放するよう迫ったが、現執行部はこれを拒否した模様。

 かなり強引な論法という気がします。問題すり替え、という印象もありますし、信任と需要という本来的なところからもズレている気がします。金の卵を国費でまかない育ててきた制度が破綻したとしても、巣立った人々への不信任が招いた結果という一因もありそうな気がします。

posted by hirono at 20:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 弁護士

Komm, susser Tod 甘き死よ来たれ (英語/日本語詞つき)

 数年前からある店の閉店時に決まって流れていた曲ですが、初めて曲名と日本語の歌詞を知りました。

Powered by ScribeFire.



posted by hirono at 01:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

gitのリモートブランチを使った作業

gitのリモートブランチを使って作業を行う流れのメモ - 那由多屋 開発日誌
Git/リモートブランチの変更

 参考にしました。cvsやsvnでは、コミットもチェックアウトもリモートを対象に行う操作ですが、gitではローカルで管理情報を持っていて、リモートにはあくまでpushで変更点を反映させるみたいです。


Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 01:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフト

2010年01月18日

[テレビ]月曜ゴールデン「弁護士 一之瀬凛子2」

月曜ゴールデン - Yahoo!テレビ.Gガイド [テレビ番組表]
# 月曜ゴールデン「弁護士 一之瀬凛子2」
# 「逆転の法廷〜セレブ 医師夫婦のウラの顔!妻が殺され夫が犯人!?完璧すぎる証拠トリックに凸凹弁護士コンビが挑む!」喜怒哀楽な痛快弁護士ドラマ
# 有名なセレブ医師・池内頼子(星ようこ)が殺害され、夫である医師の秀明(神保悟志) が逮捕された。弁護を担当することになった。一之瀬凛子(高島礼子)梅木公平(えなりかずき)。しかし、接見した秀明は「やっていない。知らない」を繰り返すばかり。だが事件現場に残された証拠は、秀明が犯人であるということを裏付けるものばかりだった。速やかに罪を認めた方が裁判員たちの心証がよいと主張する公平に対し、改めて事件を調べ直す凛子。徐々に事件の核心に迫る凛子と公平たちは、第2の殺人に遭遇する。


Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会

asahi.com(朝日新聞社):石川議員の弁護士、取り調べの可視化申し入れ - 社会

asahi.com(朝日新聞社):石川議員の弁護士、取り調べの可視化申し入れ - 社会
2010年1月17日21時5分
小沢一郎・民主党幹事長の資金管理団体の土地取引をめぐる事件で、逮捕された衆院議員石川知裕(ともひろ)容疑者(36)の弁護人となった安田好弘弁護士らが17日、取り調べの全過程の録音・録画(可視化)などを求める申入書を、千葉景子法相や樋渡利秋検事総長らに提出した。

 取り調べは1日4時間以内▽少なくとも週2日休む▽黙秘権の尊重▽調書作成に際して弁護人と事前相談する機会を与える——なども求めた。


Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 捜査・取り調べ

心細いな



posted by hirono at 17:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年01月16日

土曜プレミアム・特別企画 阪神・淡路大震災から15年

土曜プレミアム・特別企画 阪神・淡路大震災から15年 - Yahoo!テレビ.Gガイド [テレビ番組表]
1995年1月17日、午前5時46分、阪神・淡路大震災発生。道路・鉄道・電気・水道・ガス・電話などのライフラインは寸断され、被災地の人々は闇の中で、ぼうぜんと立ち尽くしていた。そして、街は情報から遮断された。  その中心部で被災した新聞社があった。  神戸新聞社。創業110年、当時の発行部数は約50万部。代表的な地方紙として、兵庫の人々にとっては欠かせない新聞だった。しかも、社員にとっては創刊以来、戦時中でさえ休刊したことがないことが誇りだった。  しかし、震災で新聞社としての機能は完全にまひした。新聞作成のコンピューターも壊滅し、写真の現像も困難だった。彼らに残されたのはたった2本の電話回線と輪転機のみ。だが、当時の編集局長は全記者に指令を出した。「何としても新聞は出す!」と。彼らは新聞を作ることをあきらめなかった。  フジテレビは、2010年の阪神・淡路大震災から15年という節目に、神戸新聞の新聞記者たちが、それぞれの立場でもがき苦しみながらも、新聞を作り続けた闘いの模様を描くドキュメンタリードラマをお届けする。番組では「地元新聞紙としての役割」を守るため、そして、「被災した人々に何ができるのか」の答えを見つけるため苦闘した彼らの姿、そして、15年後の彼らの現在の姿を追う。


Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会

2010年01月15日

真珠貝の歌




 先ほどテレビを観ていると、CDのテレフォンショッピングのような番組で、聴いた覚えのある曲が流れ、曲名がわかったので調べてみました。懐かしい感じのする曲です。



Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 03:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

has_many :throughで多対多のリレーション

3つのテーブルを作成。 % ./script/generate model entry title:string content:text % ./script/generate model category name:string % ./script/generate model category_entry category_id:integer entry_id:integer % rake db:migrate 3つのファイルを編集 *********************************************** [FILENAME] app/models/category.rb *********************************************** class Category < ActiveRecord::Base has_many :category_entries, :dependent => :destroy has_many :entries, :through => :category_entries end *********************************************** [FILENAME] app/models/category_entry.rb *********************************************** class CategoryEntry < ActiveRecord::Base belongs_to :entry belongs_to :category end *********************************************** [FILENAME] app/models/entry.rb *********************************************** class Entry < ActiveRecord::Base has_many :category_entries, :dependent => :destroy has_many :categories, :through => :category_entries end  単数形と複数形の使い分けに注意。 実行例:( ./script/console) >> e = Entry.new => # >> e.title="AAAAAA" => "AAAAAA" >> c=Category.new => # >> c.name="Rails" => "Rails" >> c.save => true >> e.categories << c => [#] >> c2=Category.new => # >> c2.name="Ruby" => "Ruby" >> c2.save => true >> Category.find(:all) => [#, #, #, #] >> e.categories << Category.find(4) => [#, #] >> e.categories => [#, #] >> e.categories.each do |d| ?> puts d.name >> end Rails Ruby => [#, #] >>

Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 01:13| Comment(0) | TrackBack(0) | Rails

2010年01月14日

Capistranoのタスクで複数のサーバに同じコマンドを実行

FFTT : Capistranoを参考にしました。

設定ファイル:h-ssh.rb(適当なファイル名です。)
 テストなのでコマンドも適当ですが、dateは現在の日付と時刻の表示、calは今月のカレンダーを表示するコマンドで、いずれも出力をリダイレクトしてファイルを作っています。

u9@u9-vmx:~/2010/rails/kokuhatu % cat h-ssh.rb ←catはファイルの内容を表示するUNIXのコマンドです。
role :hhosts, "hirono-hideki-01@hirono-hideki-01.sakura.ne.jp", "u9@localhost"

task :sakura_hhosts do
   run "cd ~; date > ./sakura.date"
end

set :testname, "hirono"
task :sakura_cal, :roles => :hhosts do
   run "cd ~; cal > ./#{testname}.date;
                echo `which ruby`; echo `pwd`"
end


タスクの実行:
u9@u9-vmx:~/2010/rails/kokuhatu % cap -f h-ssh.rb sakura_cal
  * executing `sakura_cal'
  * executing "cd ~; cal > ./hirono.date;\\\n\t\techo `which ruby`; echo `pwd`"
    servers: ["hirono-hideki-01.sakura.ne.jp", "localhost"]
    [hirono-hideki-01@hirono-hideki-01.sakura.ne.jp] executing command
 ** [out :: hirono-hideki-01@hirono-hideki-01.sakura.ne.jp] /usr/local/bin/ruby
 ** [out :: hirono-hideki-01@hirono-hideki-01.sakura.ne.jp] /home/hirono-hideki-01
    [u9@localhost] executing command
 ** [out :: u9@localhost] /usr/bin/ruby
 ** [out :: u9@localhost] /home/u9
    command finished
u9@u9-vmx:~/2010/rails/kokuhatu %

 サーバにこんな感じでファイルが出来ています。
[sakura ~] % ls hirono.date sakura.date
hirono.date sakura.date
[sakura ~] % cat hirono.date sakura.date catコマンドは複数のファイルをしていすると、連結して表示します。
    January 2010
Su Mo Tu We Th Fr Sa
                1  2
 3  4  5  6  7  8  9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
Thu Jan 14 19:23:19 JST 2010
[sakura ~] %



Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 19:48| Comment(0) | TrackBack(0) | Rails

capistranoを使ったRailsアプリのデプロイ

実行環境はUbuntu9.10。デプロイ先は、さくらインターネットのサーバ(FreeBSD 7.1-RELEASE-p8 (SAKURA11S))。

 以前にも挑戦したことがあったのですが、うまくいかず。1月11日にようやくうまく出来ました。gitを使っています。理解がややこしかったのですが、gitを実行するのはリモート環境になるみたいです。

インストール:
sudo gem install capistrano --include-dependencies

管理除外ファイルの指定:.gitignoreの作成と編集
RAILS_ROOT/.gitignoreの内容
log/*.log
tmp/**/*



対象アプリのトップディレクトリ(RAILS_ROOT)で、
capify .
を実行。

生成された、./config/deploy.rbを編集。(別途sshの設定が必要)
set :application, "アプリ名"
set :user, 'hirono-hideki-01'
set :domain, 'hirono-hideki-01.sakura.ne.jp'
set :repository,  "#{user}@#{domain}:git/#{application}.git"
set :deploy_to, "/home/#{user}/rails-deploy/#{application}"

# distribute your applications across servers (the instructions below put them
# all on the same server, defined above as 'domain', adjust as necessary)    
role :app, domain                                                            
role :web, domain                                                            
role :db, domain, :primary => true                                           

# you might need to set this if you aren't seeing password prompts
# default_run_options[:pty] = true                               

# As Capistrano executes in a non-interactive mode and therefore doesn't cause
# any of your shell profile scripts to be run, the following might be needed 
# if (for example) you have locally installed gems or applications.  Note:
# this needs to contain the full values for the variables set, not simply
# the deltas.
#default_environment['PATH']='/usr/local/bin:/usr/bin:/bin'
#default_environment['GEM_PATH']='/usr/lib/ruby/gems/1.8'

# miscellaneous options
set :deploy_via, :remote_cache
set :scm, 'git'
set :branch, 'master'
set :scm_verbose, true
set :use_sudo, false

# task which causes Passenger to initiate a restart
namespace :deploy do
  task :restart do
    run "touch #{current_path}/tmp/restart.txt"
  end
end

セットアップ:
cap deploy:setup

初回デプロイ:
cap deploy:cold

二回目以降のデプロイ:
cap deploy

 うまくいけば、デプロイ先はこんな感じになります。
rails-deploy                 
`-- kokuhatu                 
    |-- current -> /home/hirono-hideki-01/rails-deploy/kokuhatu/releases/20100114081510
    |-- releases                                                                      
    |   |-- 20100111064007                                                            
    |   |   |-- Capfile                                                               
    |   |   |-- README                                                                
    |   |   |-- REVISION                                                              
    |   |   |-- Rakefile                                                              
    |   |   |-- app                                                                   
    |   |   |   |-- controllers                                                       
    |   |   |   |   |-- application.rb                                                
    |   |   |   |   |-- application_controller.rb                                     
    |   |   |   |   |-- db1s_controller.rb                                            
    |   |   |   |   `-- ex1_controller.rb                                             
    |   |   |   |-- helpers                                                           
    |   |   |   |   |-- application_helper.rb                                         
    |   |   |   |   |-- db1s_helper.rb                                                
    |   |   |   |   `-- ex1_helper.rb                                                 
    |   |   |   |-- models                                                            
    |   |   |   |   `-- db1.rb                                                        
    |   |   |   `-- views                                                             
    |   |   |       |-- db1s                                                          
    |   |   |       |   |-- edit.html.erb                                             
    |   |   |       |   |-- index.html.erb                                            
    |   |   |       |   |-- new.html.erb                                              
    |   |   |       |   `-- show.html.erb                                             
    |   |   |       |-- ex1                                                           
    |   |   |       |   |-- index.html.erb                                            
    |   |   |       |   `-- view.html.erb                                             
    |   |   |       `-- layouts                                                       
    |   |   |           `-- db1s.html.erb                                             
    |   |   |-- config                                                                
    |   |   |   |-- boot.rb                                                           
    |   |   |   |-- database.yml                                                      
    |   |   |   |-- deploy.rb                                                         
    |   |   |   |-- environment.rb                                                    
    |   |   |   |-- environments                                                      
    |   |   |   |   |-- development.rb                                                
    |   |   |   |   |-- production.rb                                                 
    |   |   |   |   `-- test.rb                                                       
    |   |   |   |-- initializers                                                      
    |   |   |   |   |-- backtrace_silencers.rb                                        
    |   |   |   |   |-- inflections.rb                                                
    |   |   |   |   |-- mime_types.rb                                                 
    |   |   |   |   |-- new_rails_defaults.rb                                         
    |   |   |   |   `-- session_store.rb                                              
    |   |   |   |-- locales                                                           
    |   |   |   |   `-- en.yml                                                        
    |   |   |   `-- routes.rb                                                         
    |   |   |-- db                                                                    
    |   |   |   |-- development.sqlite3                                               
    |   |   |   |-- migrate                                                           
    |   |   |   |   `-- 20100111015409_create_db1s.rb                                 
    |   |   |   |-- schema.rb                                                         
    |   |   |   `-- seeds.rb                                                          
    |   |   |-- deploy.rb.back                                                        
    |   |   |-- doc                                                                   
    |   |   |   `-- README_FOR_APP                                                    
    |   |   |-- log -> /home/hirono-hideki-01/rails-deploy/kokuhatu/shared/log        
    |   |   |-- public                                                                
    |   |   |   |-- 404.html                                                          
    |   |   |   |-- 422.html                                                          
    |   |   |   |-- 500.html                                                          
    |   |   |   |-- dispatch.cgi                                                      
    |   |   |   |-- dispatch.fcgi                                                     
    |   |   |   |-- dispatch.rb                                                       
    |   |   |   |-- favicon.ico                                                       
    |   |   |   |-- images                                                            
    |   |   |   |   `-- rails.png                                                     
    |   |   |   |-- index.html                                                        
    |   |   |   |-- javascripts                                                       
    |   |   |   |   |-- application.js                                                
    |   |   |   |   |-- controls.js                                                   
    |   |   |   |   |-- dragdrop.js                                                   
    |   |   |   |   |-- effects.js                                                    
    |   |   |   |   `-- prototype.js                                                  
    |   |   |   |-- robots.txt                                                        
    |   |   |   |-- stylesheets                                                       
    |   |   |   |   `-- scaffold.css                                                  
    |   |   |   `-- system -> /home/hirono-hideki-01/rails-deploy/kokuhatu/shared/system
(以下省略)

[sakura ~] % ls rails-deploy/kokuhatu/releases/
20100111064007 20100111064904 20100111065638 20100111081150 20100114080819
20100111064627 20100111065248 20100111071405 20100114080439 20100114081510

 currentが最新版へのシンボリックリンクになっているみたいです。なお、リビジョンが日付と時刻で名前付けされていますが、世界標準時間になっているみたいです。日本時間は+9時間だと思います。




Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 18:02| Comment(0) | TrackBack(0) | Rails

2010年01月12日

民事法律扶助制度で生活保護受給者は原則償還猶予・免除

民事法律扶助制度で生活保護受給者は原則償還猶予・免除されることになりました|新見の弁護士☆ブログ
本年1月より,民事法律扶助制度において,生活保護受給者は,立替金が原則償還猶予・免除されることになりました。 但し,援助の結果経済的利益が得られた場合(損害賠償が判決等で認められた場合など。)には,免除されませんので,ご注意を。 新規案件については,援助申請時に,生活保護を受給していれば,事件終結時まで償還が猶予され,事件終結時に生活保護を受給しており,かつ経済的利益が得られなければ,立替金の償還が免除されることになります。

 全然知りませんでした。知らないところで制度というのは変わっていくものです。テレビでも新聞でも見かけませんでした。

posted by hirono at 19:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 司法