-->
./
<!-- フラ&#65533;ュが見れな&#65533;のためにここに何か書&#65533; --> フラ&#65533;ュがインス&#65533;&#65533;ルされて&#65533;&#65533;たいで&#65533;&#65533;&#65533;

2009年12月20日

Google サイト

home (toyamakokubai)
富山冤罪国賠を支える会



 昨夜知った「富山冤罪国賠を支える会」のホームページですが、よく見ると「Google サイト」を利用されていることに気がつきました。
 私自身、「Google サイト」でホームページを立ち上げ、メールでマスコミ関係者にもご紹介したのですが、反応があまりにも乏しかったので、やる気もなくしそのまま放置していました。そして、9月になって、「一般公開」をしないように設定変更しました。
 ずいぶんと便利な無料のサービスなのですが、ささいなところにこだわると設定の変更が出来ない部分もあり、少々不満にも感じていたのですが、やはり効率よく短時間でサイトの運営をすることが出来、いずれに違った形で、再開し、活用したいとも考えています。
 余り知られてはいないようで、利用者も多くないサービスみたいですが、グループでの管理も出来、閲覧の範囲も限定しやすく、ある面ではこれ以上ないぐらい充実したサービスだと思いますので、どんな感じかご紹介します。

 トップページです。ガジェットを埋め込む感じで編集できたと思います。HTMLのソースを直接編集することがほとんどなかったと記憶していますが、個人的には編集できない点が不満でした。最後に編集してから9ヶ月ほど経っているので、現在では編集できる項目もあるいは増えているのかもしれません。
google-sites_1
google-sites_1 posted by (C)hirono-hideki


 トップページの下の方です。
google-sites_2
google-sites_2 posted by (C)hirono-hideki


 別のホームページを埋め込んだ画面だと思います。
google-sites_3
google-sites_3 posted by (C)hirono-hideki

 添付ファイルの公開が容易です。
google-sites_4
google-sites_4 posted by (C)hirono-hideki

 サイトをツリー上に管理します。
google-sites_5
google-sites_5 posted by (C)hirono-hideki


 お知らせの管理もしやすいです。 
google-sites_6
google-sites_6 posted by (C)hirono-hideki


 サイトの更新履歴の確認です。
google-sites_7
google-sites_7 posted by (C)hirono-hideki


 ここで一般非公開の設定をしました。
google-sites_8
google-sites_8 posted by (C)hirono-hideki

 編集履歴が一目でわかります。
google-sites_9
google-sites_9 posted by (C)hirono-hideki



 普通にアクセスすると次のようにログインを求められます。
google-sites_10
google-sites_10 posted by (C)hirono-hideki


 エクセルなどの表計算のファイルも埋め込めたと思います。
google-sites_11
google-sites_11 posted by (C)hirono-hideki

Powered by ScribeFire.



posted by hirono at 18:11| Comment(0) | TrackBack(1) | ソフト

国家権力は抑制されなければならない。近代刑法の原則は、すべてここから始まっている。

望ましい形での社会的秩序の形成。 - 右近の日々是好日。
 A先生によれば、近代刑法の背景には、国家刑罰権に対する不信がある。近代刑法は、国家刑罰権力を不信すなわち信用しないところから始まった。権力は、放っておけば、人間としての基本的権利を侵害してしまう。これは、歴史的に証明されてきたことである。だからこそ、国家権力は抑制されなければならない。近代刑法の原則は、すべてここから始まっている。  権力による恣意的な犯罪の創造と処罰を防止するためには、犯罪は、国民の代表者で構成される議会によって制定された法律で定められていなければならない。その法律は、国民の前に公布され、誰でもが、「何が犯罪であるか」を知ることができる。そこに、刑法の行為規範性が生まれ、処罰の根拠が発生する。このことは、どのような行為が犯罪であるか定めるのは、法律のみであることを示している。これにより、社会的に、また道徳的に、非常に非難される行為であっても、法律によって犯罪とされてない限りは、その行為が行われたことを理由として処罰されてはならない。

 正鵠を射ている部分もあると思いますが、後ろ向きすぎるという気もします。

posted by hirono at 15:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 刑事裁判

「類「型」に当てはまれば結果との「因果関係」があるとされ、さらに「故意」と「目的」もほとんど「推認」されてしまうというパターン

中山研一の刑法学ブログ : 業務上過失致死傷罪と危険運転致傷罪
 もしこれが、「業務上過失致死傷罪」ならば、過失行為の存在と業務上過失の存否が、より具体的な状況証拠によって慎重に立証されるべきことは当然であり、判例の蓄積も多いのですが、これがいったん「危険運転致死傷罪」で起訴されると、法が定めた危険行為の「類型」に当てはまれば結果との「因果関係」があるとされ、さらに「故意」と「目的」もほとんど「推認」されてしまうというパターンに至るおそれが現に出てきているのです。


posted by hirono at 15:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 刑事裁判

「法廷は劇場」

「【裁く時・第5部】(1)法廷の劇場化 説得力で変わる量刑」:イザ!
「法廷は劇場」。陪審制度の歴史が長い米国のNITA(全米法廷弁護技術研究所)の指導者はこう位置づけ、視覚資料の活用や陪審員の感情を被告に移入させることを奨励している。日弁連も数年前から、裁判員制度の開始に向けて全国でNITA方式の研修を繰り返してきた。  弁護側にとってこの方式が成功したといえるのが大阪地裁初の裁判員裁判だ。弁護人は、覚醒(かくせい)剤密輸事件の男性被告(57)を、スナックのマスターとして普通の暮らしを送ってきた「普通のおじさん」と表現し、84歳の母親を出廷させた。母親が涙ながらに「犯した罪は償って、私が元気なうちに元気な姿を見せてほしい」と話すと、被告は涙を流し「ごめんね…」と謝った。  結局、被告には懲役10年の求刑に対して半分の懲役5年が言い渡された。裁判員の1人は会見で「お母さんにすごい衝撃を受けた」と振り返り、別の裁判員も被告への共感を口にした。    × × ×  検察の衝撃は大きかった。大阪地検は控訴を検討したが、上級庁の意向もあり断念した。検察幹部は苦々しく振り返る。「『お涙ちょうだい』がこれほど裁判員に影響を与えるとは思わなかった」。


posted by hirono at 14:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 裁判員制度

富山冤罪国賠を支える会のホームページ

home (toyamakokubai)
私たちは、柳原さんの国賠裁判を支え、ともに冤罪の根絶をめざして努力したいと思います。そのために、「富山冤罪国賠を支える会」を発足し、これまで様々な国賠裁判を通じて蓄えてきた経験や知恵を活かし、冤罪の真相を明らかにしていきたいと考えます。
 昨日観たザ・スクープの配信ビデオで、車に文言を張り付けるぐらいなら、インターネットで情報発信をしないのだろうか、と考えていたのですが、このようなホームページが存在することをしりました。

posted by hirono at 06:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

権力犯罪を生む富山の心的風土(美谷克己)

スミヤキスト通信ブログ版 : 氷見冤罪事件国賠訴訟
 詳しくは(首尾よくことが運べば、だが)国賠訴訟においてその経緯が明かされることになるだろうが、警察・検察の立場に立ってみれば、氷見冤罪事件は避けようと思えば避けられた事件であったように思われる。しかし、捜査当局はなぜか踏みとどまることはせずに突っ走ってしまった。  ひとり暮らしであった柳原さん宅の電話の通話記録によって、氏が犯行時刻に自宅で電話をしていたという蓋然性が極めて高いという有力なアリバイがある。物証であるパスケットシューズのサイズが柳原さんの足と極端に違う。また、柳原さんが氷見署に逮捕拘留されていた最中にも管内および近隣で同一犯と思われる全く同じ犯行様態の事件が発生している。  あるいは、この種の事件では当然行っているはずのDNA鑑定によっても柳原さんが犯人でないことは分かったはずだ。(もっとも、警察はDNA鑑定については、なぜか行なったことを今に至るも明らかにしてはいない)。そのような、柳原さんの犯行とするには大きな疑問があるにもかかわらず、警察は暴走した。  マスコミは今も「誤認逮捕」という表現を使い続けている。当初はともかく、途中からは、警察は多分「シロ」としりつつ、あるいは、少なくとも、「シロ」なのではないかと疑いながらも、押し切った。取り調べ官が筋書きを作りそれに合うように自白を創作し柳原さんに強制した。従って「誤認逮捕」ではなく「確信犯的証拠の捏造」であり「でっち上げ捜査」というべきである。すなわち、警察権力が犯した犯罪である。しかも、普通では考えられないような「大胆不敵な犯行」である。  こういうことがどうして起きるのか? 自白に至る心理プロセスの検証は私の任ではないが、当地の県民性とでもいうようなことで、常々感じていることがあるのでそれを書いてみる。  私の観察によれば、富山県人の行動原理には3つの際だった特徴が見出される。すなわち、 1.事大主義(寄らば大樹の陰・長いものには巻かれろ) 2.功利主義(損か得かを最優先) 3.形式主義・権威主義(見かけ見せかけが大事)  富山県における社会や政治にまつわる事象のほとんどはこの観点から分析することができると私は考えている。  上のようなメンタリティーからは、庶民(被統治者)には過剰な体制順応意識が生み出されるだろうと推測することはたやすい。  親や祖父母が子どもに言い聞かせる言葉に、「カタイもんになっとろ!」というのがある。 「カタイもん」とは「いい子」という意味であるが、単純にものごとの良し悪しをいうのでなく、目上のもののいうことに従順であれ、ということである。この教訓はいまも現役である。子どもだけでなく、むしろ大人たちに対してこそ、潜在意識も含めてしっかりと機能している。目上のものの言うことに従順に従っていれば利益にもなるし、世間体もいい。  そのことは反射的に、役人(権力者)がわにおいて愚民視とパターナリズム(父権主義)を生むであろうことも見やすい。上の三原理が貫徹している社会は支配する側にとっては非常に都合がいい、支配しやすい社会である。(この原理の淵源をどこに求めるかについては、加賀藩の統治政策や近世の浄土真宗の影響力など、手がかりは多くあると思うが、これも私の手に余ることなので深入りすることは避ける。)  強権的な統治者ときわめて従順な被統治者。目上の人間から、白いものを黒いと言われれば、さほど抵抗なく「はい、黒うございます」という回路に嵌っていく素地は既にあるのである。  一般的に(特に外部と遮断された異常な肉体的心理的状況に追い込まれた時などには)「自白の心理学」ともいうべき心的機制はもちろん存在するだろうが、特殊富山県的に、上のような機微もまた存在するだろうというのが私の考えである。  そういう心的風土に加えて、警察情報は絶対外部に漏れることはないという、情報コントロールに対する絶大な自信があるから、「大胆な犯行」はだんだんエスカレートすることになる。  そういう点から言えば、富山県にはもっと多くの自白強要による冤罪事件が存在するのではないかと疑う必要がある。 Tags:柳原浩 氷見冤罪事件 国賠訴訟

 なかなか参考になる点があるのでご紹介しました。同じ北陸でも石川県とは比較するのに難しい点もあるような気がしますが、「かたいもん」という言葉は、石川県にもあるし、昔はよく耳にしていたような記憶もあります。

posted by hirono at 05:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 司法

147名という大弁護団が結成されて訴訟に臨むことになった国家賠償請求

スミヤキスト通信ブログ版:柳原浩
 柳原浩氏は、明らかに警察・検察が無理やりでっち上げた「権力の犯罪」の被害者であるから、それによって蒙った有形無形の損害を国家賠償請求することになったのであるが、日弁連も全面的にバックアップすることになって147名という大弁護団が結成されて訴訟に臨むことになったのである。  8月19日が第一回弁論期日なので、それまでに何とか本を出版しようということになり、地元富山の桂書房が発行を引き受けるといいうことから、私も少しお手伝いすることになったのである。(といっても、最近は原稿のやり取りは全てネットでやるので、たいしたことをしたわけではない。)  また、原稿は、柳原氏の書いたもの、ジャーナリストの鎌田慧氏によるロングインタビューの他、同志社大学教授(メディア論)の浅野健一氏、奥村主任弁護人や国賠ネットの支援者などに加えて、地元支援者も何人か書いている。事件の経過年表や訴状の全文などの資料も巻末に載せた。

 最近、ほとんどテレビで話題をみかけませんが、どういうわけでしょう。

posted by hirono at 05:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 司法

富山の強姦・強姦未遂冤罪、柳原浩さんの本

富山の強姦・強姦未遂冤罪、柳原浩さんの本が出版されました | ワンランク上の知的健康生活をご提案 山田書店
「ごめん」で済むなら警察はいらない     〜 冤罪の「真犯人」は誰なのか? 〜 柳原 浩 / 編  桂書房 1,300円  ニュースで少し観ただけの氷見事件、冤罪の内容が、この本を読んでよくわかりました。 警察が突然職場にやってきて、警察署に連れて行かれ、有罪になるまでの行きさつや警官の横暴な態度、人権を無視した取調べ・・  刑務所内での自らの恐ろしい体験や過酷なルールなどなどが対談形式で書かれています。 国家賠償請求訴訟の意義、メディアの過ち。支援者たちの意見などを交え、警察、メディアの在り方を改めて考えさせられる山田書店おススメの1冊です。 「警察が明日あなたを犯人にするためにやってくるかもしれないことを知ってほしい」 ・・・柳原さんの言葉に鳥肌が立ちました。 こちらの本は初版発行部数が1500部と少ないため、ただいま富山県と石川県内の書店店頭のみでの取り扱いになっております。e-honでのご注文はできません。ご了承下さい。 山田書店の店頭には在庫がございますので、ご利用下さい。

 本が出ていたのも知りませんでしたが、ずいぶんと発行部数が少ないようです。近年、事情もあり本屋さんで本を見る機会も少なくなったのですが、石川県内でも書店で見かけることはありませんでした。

posted by hirono at 05:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 刑事裁判

刑事事件で要求される予見可能性

2009-12-20 - 弁護士 落合洋司 (東京弁護士会) の 「日々是好日」
事実関係が解明されないと法律上の責任についても論じにくいものがありますが、テントが吹き飛ばされ、その後、悪天候の中で凍死するという、そこに目を向ければ不可抗力というしかなく、問題は、そういった状況に身を置いてしまったことに過失があるかどうか、ということになるでしょうね。天候が悪化する中で、下山して危険を回避するべきではなかったか、そもそも、そういった危険性を予見できたのか、といったことが、まず、問題になりそうです。

刑事事件で要求される予見可能性はかなり高いレベルのものなので、登山者が100名いたら、90名から95名くらいは危険を予見し下山する程度のものでないと「過失」は認定されないでしょう。民事事件では、これが下がってきて、ざっくり言って、登山者が100名いたら50名から60名くらいは危険を予見し下山する程度のものがあれば過失が認定されてくる可能性も出てきそうです。

そういった判断ミスが肯定されたとして、そういった判断をすべき立場にあった者は誰か、片山氏であった場合に、他の2名を引率、保護すべき立場にあったかどうか、ということも問題になってくる可能性はあります。

人が2名死亡したという重大な事故であり、今後、警察捜査を含め、慎重に手続が進められる必要性を感じます。



 「別れさせ屋」について考察していたところですが、けっこう具体的な基準でわかりやすく、参考になりそうです。

Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 04:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 刑事裁判

裁判員を終えた人たちからは「長かった」「1回で十分」との感想が多く漏れ、

県内初の裁判員裁判 負担軽減に課題 審理尽くせるか疑問(琉球新報) - Yahoo!ニュース
12月18日10時10分配信 琉球新報 《解説》  殺人未遂事件をめぐる県内初の裁判員裁判は3日連日で開かれた。3日とも予定された時間を約30分〜1時間延長するなどし、裁判員を終えた人たちからは「長かった」「1回で十分」との感想が多く漏れ、心理的な負担感の大きさを印象付け、どのように裁判員の負担を減らすか、課題が残った。  最高裁は裁判員裁判の審理日程について、事件の7割が3日間で終えるとしている。ほとんどの事件で被告人が起訴事実を認めているからだ。実質審理するのは量刑判断になるため、最終日の評議は情状面の評議に多くの時間を割くことになる。  起訴事実を認めた今回の事件の裁判は迅速に進むと思われたが、2日間の審理を経て裁判員が臨んだ評議は予定を約1時間延長した。今後、否認事件や被告人の責任能力が争点となる事件、死刑求刑がある重大事件など、より複雑な裁判が行われることが予想される中、十分に裁判員が審理を尽くせるかは疑問が残る。  また市民参加をうたう裁判員制度で、敷地内での取材を規制したほか、裁判員を終えた人たちの記者会見で録音を禁じるなど裁判所の運営には識者から疑問の声も上がっており、裁判の公開の在り方が問われる形となった。(謝花史哲)
 まるで運転免許センターの講習の感想みたいです。

Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 04:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 裁判員制度

佐賀・長男殺害 裁判員裁判 殺人罪に懲役5年判決 「被害者側の暴力も一因」 求刑の半分以下に(西日本新聞) - Yahoo!ニュース

佐賀・長男殺害 裁判員裁判 殺人罪に懲役5年判決 「被害者側の暴力も一因」 求刑の半分以下に(西日本新聞) - Yahoo!ニュース
12月18日7時7分配信 西日本新聞
 佐賀県基山町の自宅で長男=当時(30)=を殺害したとして、殺人罪に問われた元会社員鶴田秀幸被告(60)の裁判員裁判で、佐賀地裁(若宮利信裁判長)は17日、懲役5年(求刑懲役13年)を言い渡した。評議が長引き、言い渡し直前に2度も開廷時間が変更された末の判決は「長くても懲役5年が相当」とした弁護側の意見に沿い、求刑の半分以下となった。

 判決理由で、若宮裁判長は「重さ約3キロの掛け矢(大型ハンマー)で顔を少なくとも4回殴打し即死させており、殺すつもりがあった」と確定的殺意を認定し「遺体を埋め、5年間隠し続けたのは悪質」と指摘した。一方、事件の背景に長男による配偶者暴力があることや、刑の減軽を求める約1万4千人分の嘆願署名を集めた地域住民が更生への手助けを買って出ていることなど、酌むべき事情を述べた。

 最後に、若宮裁判長は被告が育ててきた孫の存在に触れ「お孫さんを通じて、あなたは被害者とつながっています。そのことを忘れないように刑に服してください」と説諭した。裁判員を務めた公務員武田徹さん(58)=同県神埼市=は記者会見で「裁判員が伝えたいことを裁判長が受け止めて話された」と語った。

 判決によると、鶴田被告は2004年8月3日深夜、睡眠導入剤で居間に眠らせた長男の顔を掛け矢で数回殴打し、死亡させた。

=2009/12/18付 西日本新聞朝刊=



 約1万4千人分の嘆願署名、というのもあるのかと思いますが、検察の求刑を大幅に下回っています。普通に考えて手口がかなり残虐であること、被害者側の落ち度が考慮されたことなど全体的に考え合わせても、限られた情報の中ですが、こういうこともあるのかという裁判です。
 睡眠導入剤で居間に眠らせた、というあたりにも不利に考慮されることの多い周到な計画性が伺えますし、確定的な殺意もうかがえます。暴力も一因、という認定で程度や状況の具体性は示されていませんが、5年間隠し続けたのも悪質と指摘しながら、懲役5年というのは、他の裁判と比較して腑に落ちないところがあり、バランスがつかみにくいというか、気に掛かる裁判です。


Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 03:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 裁判員制度

[テレビ]“別れさせ屋”殺人事件ーTBS「情報7days ニュースキャスター」

TBS「情報7days ニュースキャスター」
“別れさせ屋”殺人事件。
当初“不倫の末の殺人”と報じられるが、その後の調べで
被告が「別れさせ屋」の“工作員"だったことが判明する・・・



別れさせ屋殺人事件
別れさせ屋殺人事件 posted by (C)hirono-hideki

 個人的にかなり衝撃的だったこともあり、いろいろ調べていたのですが、端緒はこの番組を観たことでした。嘘のような話ですが、自分がこの番組を観たのは今回が初めてみたいです。土曜日の夜に[報道]番組をやっていること自体、意識にありませんでした。ドラマは滅多に観ることがないので、一番多く観る番組のジャンルが報道関係なのですが、日曜日の22時頃からやっている[報道]番組も割と最近になってから存在を知ったぐらいです。それまでは、土日の夜は[報道]番組をやっていないものと勝手に思いこんでいたぐらいです。
 ちなみに平日は、報道ステーションとZEROをよく観ています。

 ともあれ、印象的だったのは被害者と加害者の二人が被害者の生前に交際する場面や、ホテルでの密会の出入りが撮影され、それが報道されていたこともあります。通常はありえないような記録映像ですが、探偵社の業務として隠し撮りされていたので、ビデオが存在するものもっともだとうなずけました。
 さらに、被害者の両親の姿もそのまま放映されていました。人の良さそうなご両親で、「死刑にしてほしい」というような言葉にも迫力が欠けましたが、自らをさらけ出す姿に、事件への憤り、愛娘への愛情の強さのようなものが伝わり感銘を受けました。

 ネットで調べると、殺人事件に関する情報は少なく、わずかでしたが、一つだけ詳細なものがあり、詳しく丁寧に解説してありました。

今TV見たんですが別れさせ屋がなんで殺人事件をおこしたんですか?


ベストアンサーに選ばれた回答

e_zukkaさん Add Star

東京都江東区亀戸7、無職、桑原武被告(31)は、
『別れさせ屋』と呼ばれる探偵事務所(株)スタイルの元調査員でした。

探偵事務所(株)スタイル(本社・東京都豊島区池袋、畑田昌彰社長)
http://www.lifestyle-web.jp/


平成19年の春頃、五十畑里恵さん(当時32歳)と調査員の桑原被告が出会います。
栃木県のスーパーで桑原被告が五十畑里恵さんを待ち伏せし、
「チーズケーキのおいしい店を教えて」と話し掛けたことから、交際へと発展。
桑原被告は里恵さんに「ハジメ」と名乗り、未婚でIT関係会社勤務だと偽りました。

別れさせ屋は、依頼者と相談してシナリオを作り、対象者にあうような男性調査員を
妻と接触させ、恋愛関係の構築と発展に努めます。
警戒心や不自然さを感じさせないために、複数の工作員を利用したり、
異性の工作員も交えながら接点を作っていきます。
そして、恋愛の駆け引きを行いながら、恋人関係となった後、
2人がラブホテルに入る証拠写真やビデオを夫に突きつけ、離婚へと話を進めます。

今回の別れさせ屋の依頼者は、里恵さんの元夫です。
夫との関係に悩んでいた里恵さんに桑原被告が接近し、
「離婚して俺のところ来いよ」と離婚を促します。
桑原被告の別れさせ工作は成功し、里恵さんは元夫と離婚しました

ところが、余程相性が良かったのか、桑原被告は里恵さんが本当に好きになります。
妻子もいた桑原被告は、別れさせ屋を続けながらも里恵さんの元を時々訪れ、
里恵さんの離婚成立後も身分を偽ったまま交際を続けていました。

平成21年3月、桑原被告は別の金銭トラブルで、探偵会社を解雇されます。
その際、別の調査員から理恵さんに事の真相が明かされました。
桑原被告との結婚を迫っていた里恵さんはと相当なショックを受けます。
里恵さんの母親は、とりあえず実家に帰るよう説得しましたそうですが、
4月12日に、交際破綻の口論の末、里恵さんは中野区弥生町の
自宅マンションで絞殺されました。
同日午後11時55分頃に、桑原被告が警視庁中野署に自首。
翌13日に桑原被告は殺人容疑で逮捕されます。
当初は「里恵さんに妻子の悪口を言われ、カッとなり首を絞めた」という、
不倫中の男女関係の縺れがもたらした事件と見られていました。

別れさせ工作が明かされたのは、逮捕から3ヶ月程経過した7月半ばのことです。
桑原被告が、夫との別れさせ工作のため理恵さんに接近たことが明らかにされ、
二人の出会いも殺人事件への発展も全て、別れさせ屋の関与がわかりました。

  • アバター

 ニュースとしての報道は次のようなものでした。背景が全く見えてこない、簡略な記事です。

「妻子の悪口言われた」 交際女性殺害容疑で男逮捕 警視庁Add Star

2009.4.13 09:45
このニュースのトピックス殺人事件

 交際する女性を殺害したとして、警視庁中野署は13日、殺人の疑いで、東京都江東区亀戸、無職、桑原武容疑者(30)を逮捕した。同署によると、桑原容疑者には妻子があり、「女性に妻子の悪口を言われ、カッとなった」と容疑を認めているという。

 同署の調べでは、桑原容疑者は12日ごろ、中野区弥生町のマンション室内で、交際していた職業不詳、五十畑里恵さん(32)の首を絞めて殺害した疑いがもたれている。首にはひものようなもので絞められた跡があり、同署で詳しい経緯を調べている。

 同署によると、12日深夜に桑原容疑者が「人を殺した」と同署に連絡。駆けつけた署員が布団で仰向けに倒れている五十畑さんを発見した。



 本当にたまたまの偶然で知った事件ですが、個人的な問題にも引き合わせ、考えさせられることが多々あるとともに、視野が広がり、とても参考になりました。この番組をみなければ、「別れさせ屋」という言葉や存在自体、永遠に知ることはなかったかもしれません。社会に向き合ったご両親の姿や、生前の被害者の姿があまりに活き活きして映ったということもありますが、これも一つの巡り合わせなのかもしれません。

 このブログも徐々に存在感を示せるように取り組みたいと考えています。


Powered by ScribeFire.




posted by hirono at 03:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

テレビドラマ・別れさせ屋 - Wikipedia

別れさせ屋 - Wikipedia
提供: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 『別れさせ屋』(わかれさせや)は、2001年1月8日から2001年3月5日まで日本テレビ放送網系列で毎週月曜22:00 - 22:54(JST)に放送された、讀賣テレビ放送制作のテレビドラマ。 依頼によりあらゆる男女を別れさせる「別れさせ屋」の活躍を描いたドラマであるが、視聴率の不振により当初全10話の放送予定が全9話に短縮された。
 テレビの影響力の大きさというものを改めて感じましたが、同時に、視聴率の低迷で放送予定が短縮されることがあると知り、変わり身の早さと目的のための徹底さ、のようなものも感じました。

Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 02:09| Comment(0) | TrackBack(1) | 社会

二〇〇一年に放映された同名のテレビドラマで知られるようになったが、人間関係を操作することには批判が多い。

東京新聞:人の仲カネで請け負う『別れさせ屋』 行き過ぎ逮捕者も:社会(TOKYO Web)
2009年12月13日 朝刊  報酬を得て男女の仲を清算する「別れさせ屋」。二〇〇一年に放映された同名のテレビドラマで知られるようになったが、人間関係を操作することには批判が多い。行き過ぎた工作で逮捕者が出ることもある。  ■成功1割以下  「不倫や不仲。ドロドロした面倒くさい関係を、金で解決しようとする人が増えている」。こう話すのは、数年前から別れさせ屋をしている東京の探偵会社の男性。不倫中の独身女性の「彼と妻を別れさせて」という依頼が多いという。  男性によると、一般的な工作はこうだ。依頼者と相談してシナリオを作り、男性調査員が妻に近づいて夢中にさせる。二人がホテルに入る写真を撮って彼に突きつけ、離婚を決断させる−。  調査員は、IT関係など「何をやっているのか分かりにくい肩書」を使う。着手金は数十万〜百万円、期間は二、三カ月。「金が払えずに途中でやめる依頼者が多い。成功率は一割を切る」  依頼者からは、工作の進み具合を尋ねる電話がよくかかってくる。「難しい人間関係を抱えたつらさを聞いてほしいだけなのかも」。自ら疑問を感じて依頼を取り消す人も中にはいるが、「大抵は別れのドラマにのめり込み、相手への罪悪感が薄れていく」という。  ■中傷ビラ  今年七月、名古屋市立小学校の五十代の教頭ら四人が、名誉棄損の疑いで逮捕された。愛知県警によると、教頭は元交際相手の女性との復縁を望み、大阪の探偵会社に依頼して女性の中傷ビラをまいた。  依頼内容は(1)女性と交際中の男性を割り出して別れさせる(2)女性が失職して困窮すれば復縁できるかもしれないので、女性の職場周辺にビラをまく−だった。  この事件では、依頼者の教頭に必要書類を交付しなかったとして、探偵会社も探偵業法違反容疑で書類送検された。  国民生活センターには「別れさせ屋に着手金を払ったのに何もしてくれない」といった相談が寄せられている。警察庁は「苦情が多い業者には報告を求め、立ち入り検査や指導をする。業法違反があれば厳正に対処する」と説明。探偵会社などでつくる日本調査業協会も「別れさせ行為は公序良俗に反する」と、自主規制を促している。

 2001年ということは平成13年ということになりそうですが、ずいぶん前にテレビ放映されていたようです。自分はちょうど金沢刑務所に服役中だったので知るはずもないドラマですが、気になったのはちょうどその頃に起こった福岡高裁判事の妻のストーカー事件です。直接の関係はないものの、当時の検察や司法当局が、この社会現象を注目し注視していたという可能性はありそうな気がしました。

Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 02:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 検察

別れさせ屋アクア(株式会社 アクアグローバルサポート)

別れさせ屋 アクア
別れさせ屋アクアでは依頼をお受けする上で、依頼者様との信頼関係を何よりも大切にしています。依頼者様と担当者が直接顔を合わせることの少ないこの業界において、弊社ではご依頼着手前には必ず専属の担当者とも直接会って打ち合わせして頂いております。
プロとして、精神面を含めた様々な面でサポートさせて頂く為にも担当者の人となりを知って頂きしっかりと信頼関係を築きながら一件一件のご依頼を最後まで責任もって担当することをお約束します。◎別れさせ屋 経験5年以上のスタッフの中から担当者をお選び頂けます。
私たちが24H 365日ご相談に乗ります!



 代表者のメッセージビデオを拝聴していると、「工作業務」という言葉が出ていました。ホームページもすがすがしくさわやかなイメージで、「工作」という言葉の従来のイメージとはかけはなれたものがあり、不思議な気分になりました。まるで、遙か未来にタイムスリップしたような感覚です。また、代表者も社員の方々も実に誠実そうなお顔しています。
 「◎別れさせ屋 経験5年以上のスタッフの中から担当者をお選び頂けます。」とあるので、5年以上も前から存在するビジネスみたいです。自分の見識の狭さ、知識不足を改めて痛感しました。

別れさせ屋アクア
別れさせ屋アクア posted by (C)hirono-hideki

別れさせ屋アクア2
別れさせ屋アクア2 posted by (C)hirono-hideki

Powered by ScribeFire.



posted by hirono at 01:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会

別れさせ屋の社長ブログ

別れさせ屋の社長ブログ
株式会社SRA 大阪本社
〒550-0014
大阪市西区北堀江1丁目22番3号
(四ツ橋駅から徒歩スグ)
TEL 06-6578-1177
FAX 06-6578-1176
FREE 0120-0120-49
定休日【日曜日】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⇒ 別れさせ屋 SRA
⇒ 大阪本社の求人情報
⇒ 東京支社の求人情報
⇒ 福岡支社の求人情報
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【恋愛に役立つベスト11】
別れさせ屋の選び方
別れさせ屋の選び方2
別れさせ屋の料金
別れさせ屋のプライド
恋愛と距離の関係
復縁を考える1
復縁を考える2
事実を知る勇気
昨年の相談件数
探偵の尾行
二股の恋愛を考える
・・・・・・・・・・・・・・・・



 別れさせ屋の存在自体、つい2,3時間ほど前に北野武と安住アナウンサーが司会をする番組で知ったばかりなのですが、これほど公然としたビジネスになっているとは改めて驚きました。顔写真からメールアドレスまで公開されて実に堂々とした公明正大なビジネススタイルですが、そうでなければうまくいかないビジネスなのかもしれません。ただ、様々なリスクも大きいような気もします。需要もあって成り立つビジネスなので、一部に社会的認知や必要性も認められているのかもしれませんが、異論もあることでしょう。
 考えさせられることも多々ありますが、社会の鏡の一面であり、時代というものを直視し、受け止める必要もありそうです。

別れさせ屋の社長ブログ
別れさせ屋の社長ブログ posted by (C)hirono-hideki


Powered by ScribeFire.



posted by hirono at 01:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会

別れさせ屋工作の料金表 - 別れさせ屋スタイル

別れさせ屋工作の料金表 - 別れさせ屋スタイル
* 別れさせ屋工作の難易度はご依頼者様より状況を確認させて頂き、ご相談のうえで決定させて頂きます
* 着手金(経費)には事前調査費は含まれております。
* 相手が特定出来ている場合は上記料金表のとおりです。
* 相手が特定出来ていない場合は特定調査を行います。※特定調査費が必要と判断した場合は難易度を1ランク上げて頂きます。
* 契約料金以外の費用は一切かかりません。※地方での別れさせ屋工作は別途で宿泊費・交通費等の経費のご負担をお願いする場合がございますので相談時にご確認下さい。
* 分割払いのご相談も可能ですので気軽にお申し付け下さい。
* ご契約頂きましたら、直ちに事前調査・別れさせ屋工作に着手致します。
* 対象者の状況、工作内容によっては別れさせ屋工作自体がゆっくり進行して4〜5ヶ月掛かることもございますが、その場合には着手金を調整しながら別れさせ屋工作を行ないますので、そのままの費用で4〜5ヶ月間対応させて頂いております。

※上記期間・状況に当てはまらない工作もお受けしております。
・電話工作
・メール工作
・手紙工作

また、一度や二度の単発での接触工作もお受けしておりますので、まずはお電話・メールにてご相談下さい。



 2時間ほど前にテレビを見ていてたまたま知ったのですが、ネットで調べるとすぐにこのホームページが目に止まりました。もはや株式会社の公然としたビジネスとして、工作活動が行われる時代になっていたようです。驚きました。

別れさせ屋工作料金表
別れさせ屋工作料金表 posted by (C)hirono-hideki

posted by hirono at 00:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会