-->
./
<!-- フラ&#65533;ュが見れな&#65533;のためにここに何か書&#65533; --> フラ&#65533;ュがインス&#65533;&#65533;ルされて&#65533;&#65533;たいで&#65533;&#65533;&#65533;

2009年12月15日

[テレビ]たったひとりの反乱「犯罪被害者の叫びを聞け」

たったひとりの反乱 - Yahoo!テレビ.Gガイド [テレビ番組表]
# たったひとりの反乱「犯罪被害者の叫びを聞け」 # 犯罪に巻き込まれ妻を失い、犯罪被害者となった弁護士 岡村勲。立ちはだかる司法や行政の壁に立ち向かい、犯罪被害者の権利保護を求めて闘った軌跡を描く。 # 日本では最近まで、犯罪を裁く裁判などで、加害者の権利保護に力点が置かれてきた。そのため被害者は「裁判に参加できない」など、権利を認められなかった。弁護士・岡村勲は、犯罪に巻き込まれ妻を失ったことをきっかけに、裁判制度の不備に気づき、犯罪被害者の権利を勝ち取る闘いを始めた。岡村の妻が殺害されたのは、結婚して35年目。新婚当初、貧しさゆえに渡すことができなかった結婚指輪を買い求めたその日のことだった。
 結婚35周年で指輪を渡す日に事件が起こったそうです。これも運命という巡り合わせのような気がしました。番組を見終えたところです。

Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 刑事裁判

自白に偏重した捜査が改めて問われる事態となった。

「「布川事件」で再審開始を決定 最高裁 」:イザ!
同支部で裁判のやり直しが行われることになる。今年10月に再審がスタートした足利事件と同様、自白に偏重した捜査が改めて問われる事態となった。決定は、同小法廷の裁判官4人の全員一致の意見。
 はじめ今日の午後、珠洲総合病院のロビーのテレビで知りました。テレビを観ていても、たいして関心を集める問題になっていないという感じです。

Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 刑事裁判

「殺されても仕方がない落ち度とは何なのか分からない」

裁判員裁判で初の控訴審 弁護側、一審破棄求める - 47NEWS(よんななニュース)
弁護側は「被告を挑発するなどした女性側の落ち度を認定しなかった一審の判断は誤り。不当に重い量刑は、市民感覚だとしても裁判官が是正する必要がある」と控訴理由を説明。被告も出廷し、被告人質問があった。

 一審に続き、被害者参加制度に基づいて裁判に参加した女性の長男(38)は「殺されても仕方がない落ち度とは何なのか分からない」と意見を述べた。


posted by hirono at 11:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 刑事裁判