-->
./
<!-- フラ&#65533;ュが見れな&#65533;のためにここに何か書&#65533; --> フラ&#65533;ュがインス&#65533;&#65533;ルされて&#65533;&#65533;たいで&#65533;&#65533;&#65533;

2009年12月13日

mysql-gui-tools-5.0-r17-win32.msiのダウンロード

MySQL :: Select a Mirror

 mysql-gui-tools-5.0-r17-win32.msiのダウンロード

 いちいち、
net start mysql
net stop mysql
とコマンドを打って、起動・停止するのもやりきれないのでダウンロードしました。ずいぶん懐かしい気持ちになりましたが、タスクトレイのアイコンとかちょっと変わったみたいです。


posted by hirono at 02:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフト

CygwinのMySQLクライアントとRailsのMySQLドライバのインストール

cygwinのperl設定方法 - comput_ventureのジオログ - Yahoo!ジオシティーズ
./configure --prefix=/usr/local/mysql --without-server --without-libedit


 昨日(12日)は長い時間、このコンパイルにてこずっていましたが、この記事のおかげで、夕方にようやくうまくいきました。WindowsXPにMySQLをインストールしたのは、その前の晩でしたが、WindowsXPにMySQLをインストールしたのは、2,3年ぶりのことで、CygwinからMySQLにログイン出来ず、とまどっていました。

 普通に、
mysql -u root -p
で、コンソールからログインを試みると、そのままプロンプトが返らず、待機状態のようになっていました。また、 あとでわかったのですが、Cygwinへのインストールがうまくいき、MySQLからパスワード要求の表示が出ても、ログインできませんでした。それはlocalhostだとMySQLがUNIXソケットとしての接続を試み、それで失敗していたみたいです。
 いずれにせよCygwin内部からMySQLに接続できないことには、RailsのMySQLドライバがインストールできず、WindowsXPにインストールしたMySQLのサーバとは別に、CygwinにMySQLのクライアントをインストールする必要があるとわかりました。
 しかしながら、ソースコードのコンパイルがうまくいかず、「--without-libedit」というオプションを付加したことでうまくいったみたいです。configureは事前の環境設定のようなもので、必要なライブラリの存在などをチェックする作業のはずですが、これまでに経験のないぐらい長い時間が掛かっていました。
 configureでエラーが出なければ、makeでコンパイルを行いますが、これはそれほど長くなく、30分もかかっていないかもしれません。Emacsのコンパイルでも1時間は掛かっていたので、比較的短く感じましたが、通常はmakeでエラーが出なければ、短時間ですむはずのmake installも結構時間が掛かっていました。
 もっともCygwinなので、Linuxのコンパイルと比較するのが相当ではないのかもしれません。

 2,3年ほど前はjavaのMySQLドライバを使うことが多く、Cygwinからも普通にMySQLにログインしていたはずですが、何が変わったのか、コンソールからの接続でも、
mysql -h 127.0.0.1 -u root -p
のように、localhost以外のホスト指定が必要で、さくらインターネットのサーバ以外で、こんなオプションを使ったのも、初めてのはずです。
 Railsではありませんが、RubyのMySQLドライバもインストールして使ったことがありましたが、やはりこのようなホスト指定のオプションを使った覚えはありません。

 とにかく最近のWindowsXP版のMySQLでは、TCPソケットというものを使っているようです。
 とにかく、これで、MySQLのドライバが次のようにオプションをつけることもなくgemからインストールできました。
gem install mysql

 効果があったのかわからないのですが、ユーザの登録の方も、localhostとは別に次のように127.0.0.1をホスト名として作成しておきました。
grant all on データベス名.* to ユーザ名@127.0.0.1 identified by'パスワード';

 あとは、Railsのdatabase.ymlですが、これも自動生成された雛形自体、Linuxとは少々違ったものになっていて、次のようにすると、うまくいきました。
development:
  adapter: mysql
  encoding: utf8
  reconnect: false
  database: データベース名
  pool: 5
  username: ユーザ名
  password: パスワード
  host: LOCALHOST


 LOCALHOSTという大文字は、こちらを参考にしたのですが、127.0.0.1でも接続できました。
 Scaffoldで作成したテーブルで、テストをしましたが、日本語の扱いも大丈夫でした。もっとも本稼働のサーバにあわせて文字コードをUTF-8のままにしてあるので、コンソールからログインしたMySQLでは、????になっています。
 デフォルトで文字コードは次のようになっています。MySQLではdatabaseごとに文字コードの指定も出来るはずですが、当面Rails以外でMySQLを使うことはないので、このままでも不都合はなさそうです。
 しかし、よく考えてみると、database.ymlで「encoding: utf8」という指定があるので、MySQLをsjisにしておいても、大丈夫なのかもしれません。いずれにせよ、Railsで作成したデータをコンソールで見ると、文字化けしていそうですし、へたなことをすると、文字コードが壊れる場合もあるみたいです。

mysql> show variables like 'character_set%';
+--------------------------+---------------------------------------------------------+
| Variable_name            | Value                                                   |
+--------------------------+---------------------------------------------------------+
| character_set_client     | latin1                                                  |
| character_set_connection | latin1                                                  |
| character_set_database   | utf8                                                    |
| character_set_filesystem | binary                                                  |
| character_set_results    | latin1                                                  |
| character_set_server     | utf8                                                    |
| character_set_system     | utf8                                                    |
| character_sets_dir       | C:\Program Files\MySQL\MySQL Server 5.1\share\charsets\ |
+--------------------------+---------------------------------------------------------+
8 rows in set (0.00 sec)

posted by hirono at 02:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフト

最高裁は「家族に病状の適切な情報が伝えられていなかった」と判断した。

東京新聞:筋弛緩剤事件上告棄却 患者らに動揺広がる 須田被告『有罪』決定に遺族『勝った』:神奈川(TOKYO Web)
この間の裁判では家族の要請の有無が繰り返し論じられた。最高裁は「家族に病状の適切な情報が伝えられていなかった」と判断した。


posted by hirono at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 刑事裁判