-->
./
<!-- フラ&#65533;ュが見れな&#65533;のためにここに何か書&#65533; --> フラ&#65533;ュがインス&#65533;&#65533;ルされて&#65533;&#65533;たいで&#65533;&#65533;&#65533;

2009年12月07日

reStructuredText Markup Specification日本語訳

reStructuredText Markup Specification日本語訳 — KtJ Dragon
reStructuredTextは文書の構造を記述するための、シンプルかつ直感的な構成のプレーンテキストである。これらの構成は、加工前、加工後のいずれの形態でも等しく容易に読むことができる。この文書はそれ自身がreStructuredTextの一例である(あなたがテキストファイルを直接読んでいるならばそれはパーサによって処理されてないものである。また、例えばHTML文書を読んでいるならばそれは処理された後のものである)。reStructuredTextのパーサは、Docutilsの構成要素である。

特別な構成、例えばセクション見出し、バレットリスト、強調表現を示すためにシンプルかつ暗黙のマークアップが使用される。使用されるマークアップは、最小かつ可能な限り控えめなものとなっている。使用頻度の低い構成や、基本的なreStructionText文法の拡張においては、複雑であったり明示的であるようなマークアップが使用されうる。

reStructuredTextは、とても小さいもの(例えばPythonのdocstringsのような、インラインプログラムにおける文書の断片)からとても大きなもの(この文書)に至るまで、文書の大きさにかかわらず使用可能である。



 昨夜インストールしたdocutilsに含まれていたrst2latex.pyとrst2html.pyをつかってみました。いずれもテキストファイルをLATEXやHTMLに変換してくれますが、このマークアップを使うことで、スタイルの指定が出来るみたいです。kagiPDFは日本語を含めてコマンド一つでPDFファイルを作成してくれます。

 ただ、やはりTex固有の問題として改行の取り扱いには難があるというか、いまだになじめないところがあります。


Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

** WARNING ** Could not open config file "fontmapsx".

** WARNING ** Could not open config file "fontmapsx". - Rie Miura @ Tokyo - Yahoo!ブログ
を参考に、
% sudo ln -s /etc/texmf/dvipdfm /etc/texmf/dvipdfmx
だけで、消えました。
 kagiPDFを使ったときに出た問題です。



Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 18:29| Comment(0) | TrackBack(0) | LaTeX

カーネルのアップデート2.6.31-16-generic

Ubuntu9.10のカーネルのアップデートです。昨日通知が出ていました。

 問題はvmware-toolsですが、今回も、
vmware-tools-upgrader
でうまくいったみたいです。

Creating a new initrd boot image for the kernel.
update-initramfs: Generating /boot/initrd.img-2.6.31-16-generic
Starting VMware Tools services in the virtual machine:
   Switching to guest configuration:                                   done
   Paravirtual SCSI module:                                            done
   Guest filesystem driver:                                            done
   Mounting HGFS shares:                                               done
   Guest memory manager:                                               done
   VM communication interface:                                         done
   VM communication interface socket family:                           done
   Blocking file system:                                               done
   File system sync driver:                                            done
   Guest operating system daemon:                                      done
   Virtual Printing daemon:                                            done

The configuration of VMware Tools 8.1.3 build-203739 for Linux for this running
kernel completed successfully.

You must restart your X session before any mouse or graphics changes take
effect.

You can now run VMware Tools by invoking the following command:
"/usr/bin/vmware-toolbox" during an X server session.

To enable advanced X features (e.g., guest resolution fit, drag and drop, and
file and text copy/paste), you will need to do one (or more) of the following:
1. Manually start /usr/bin/vmware-user
2. Log out and log back into your desktop session; and,
3. Restart your X session.

To use the vmxnet driver, restart networking using the following commands:
/etc/init.d/networking stop
rmmod pcnet32
rmmod vmxnet
modprobe vmxnet
/etc/init.d/networking start

Enjoy,

--the VMware team

Done waiting for process: 2934 (success)
Writing the command was a success to fd 7
Child w/ fd 6 exited with status=1
Waiting on pid 2933 to de-zombify it
Cleaning up /tmp/21d050c3... done.
Rpci: Sending request='tools.capability.hgfs_server tools-upgrader 0'
Rpci: Sent request='tools.capability.hgfs_server tools-upgrader 0', reply='', len=0, status=1
Unregistering callback 'f'
u9@u9-vmx:~ %



Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 18:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

easy_installインストール(Ubuntu9.10)とSubversionの問題

environment2 - Memo - Trac
curlインストール

$sudo aptitude install curl

easy_installインストール

$sudo curl -O http://peak.telecommunity.com/dist/ez_setup.py

上記コマンドを叩くと下記が表示される。

% Total % Received % Xferd Average Speed Time Time Time Current
Dload Upload Total Spent Left Speed
100 8960 100 8960 0 0 11375 0 --:--:-- --:--:-- --:--:-- 22683

最後に下記コマンドを叩いてインストール完了

sudo python2.5 ez_setup.py

docutilsインストール

Pythonで書かれたテキスト処理ツール群。 reStructuredTextという簡単な構文で、 構造化されたテキストファイルを「HTML,XMLやLaTeX」 などのフォーマットに変換することができる。

$sudo easy_install-2.5 -U -Z docutils


 「libsvn_ra_dav-1.so ubuntu」という検索をしていて、たまたま訪問したページだったのですが、「easy_install」というのを見かけて、前にもどこかで見かけすごく便利だというようなことが書いてあったのを思い出しました。その時は他に目的もあったので内容にしっかり目を通さなかったのですが、今回、googleで調べたところ、Rubyのgemや、PerlのCPANに相当するpythonのモジュールインストールツールだということがわかりました。
 先ほど、Subversionの文字化けの問題で、Subversionがpythonと深い関わりがあるということを知り、改めてpythonを見直していたのですが、今度余裕のあるときにじっくり調べてみたいと考えつつ、とりあえず、インストールだけしておきました。
 Ubuntu9.10のpythonはバージョンが2.6になっているみたいなので、その部分だけ変更して実行してみたところ、短時間ですんなりうまくいったみたいです。PerlのCPANのインストール時の出力の量と時間には圧倒されましたが、本当に簡単に入ったみたいです。

u9@u9-vmx:~/Aptana Studio Workspace/apt% sudo python2.6 ez_setup.py
Downloading http://pypi.python.org/packages/2.6/s/setuptools/setuptools-0.6c11-py2.6.egg
Processing setuptools-0.6c11-py2.6.egg
Copying setuptools-0.6c11-py2.6.egg to /usr/local/lib/python2.6/dist-packages
Adding setuptools 0.6c11 to easy-install.pth file
Installing easy_install script to /usr/local/bin
Installing easy_install-2.6 script to /usr/local/bin

Installed /usr/local/lib/python2.6/dist-packages/setuptools-0.6c11-py2.6.egg
Processing dependencies for setuptools==0.6c11
Finished processing dependencies for setuptools==0.6c11
u9@u9-vmx:~/Aptana Studio Workspace/apt% python -c "import svn.repos"

Traceback (most recent call last):
  File "<string>", line 1, in <module>
ImportError: No module named svn.repos

u9@u9-vmx:~/Aptana Studio Workspace/apt% sudo easy_install-2.6 -U -Z docutils
Searching for docutils
Reading http://pypi.python.org/simple/docutils/
Reading http://docutils.sourceforge.net/
Best match: docutils 0.6
Downloading http://prdownloads.sourceforge.net/docutils/docutils-0.6.tar.gz?download
Processing docutils-0.6.tar.gz
Running docutils-0.6/setup.py -q bdist_egg --dist-dir /tmp/easy_install-dTAl7K/docutils-0.6/egg-dist-tmp-Y3E4si
zip_safe flag not set; analyzing archive contents...
docutils.writers.newlatex2e.__init__: module references __file__
docutils.writers.odf_odt.__init__: module references __file__
docutils.writers.html4css1.__init__: module references __file__
docutils.writers.pep_html.__init__: module references __file__
docutils.writers.latex2e.__init__: module references __file__
docutils.writers.s5_html.__init__: module references __file__
docutils.parsers.rst.directives.misc: module references __file__
Adding docutils 0.6 to easy-install.pth file
Installing rst2html.py script to /usr/local/bin
Installing rst2s5.py script to /usr/local/bin
Installing rst2latex.py script to /usr/local/bin
Installing rst2newlatex.py script to /usr/local/bin
Installing rstpep2html.py script to /usr/local/bin
Installing rst2xml.py script to /usr/local/bin
Installing rst2pseudoxml.py script to /usr/local/bin
Installing rst2man.py script to /usr/local/bin
Installing rst2odt.py script to /usr/local/bin
Installing rst2odt_prepstyles.py script to /usr/local/bin

Installed /usr/local/lib/python2.6/dist-packages/docutils-0.6-py2.6.egg
Processing dependencies for docutils
Finished processing dependencies for docutils

 赤い色がコマンドの実行です。紫にしてあるのは、前の問題の部分です。この問題のために調べ物をしていました。
 RailsをSubversionで管理したところ、Ubuntu同士だと問題は起きないのですが、さくらインターネットだと不具合が発生します。さくらインターネットのサーバにSubversionのリポジトリを作成し、Ubuntuでコミットする分には問題ないのですが、同じさくらインターネットのサーバの中から、チェックアウトとし、編集してコミットするとUTF-8の日本語を受け付けず、コミットが出来ないばかりかリポジトリが壊れました。少し前まで、同じような作業をしていても問題は起きなかったのですが、一度、Ubuntuからコミットするときに日本語を使ったためでしょうか、そのあたりからおかしな現象が起こるようになりました。
 もともとさくらインターネットのサーバでは、svnコマンドを使うと¥233¥278というような文字化けが起きていました。調べると、環境変数LANGの値を「ja_JP.UTF-8」ではなく、「UTF-8」にすれば直るということが書いてあり、確かに文字化けはしなくなっていました。
 それでかれこれ3ヶ月ほど問題もなく使っていたのですが、Aptana(たぶんEclipseも同じ)のプラグインでSubversionを使うようになってから、おかしいことになったみたいです。
 「ja_JP.UTF-8」で文字化けを起こすのは同じですが、「UTF-8」でコミットを試みると、pngやjpegの画像ファイルをバイナリではなく、テキストとして認識し、エラーで拒絶するようになりました。
 これをコミットから除外すると、こんどは日本語のテキストを、ASCIIではないと拒絶するようになったのです。
 どうもSubversionの日本語の取り扱いはpythonが行っているらしいというところまで、わかってきたところでした。

 そもそもさくらインターネットのサーバでの、Subversionのインストールは不完全なのです。svnadimコマンドでリポジトリを作成し、クライアントとしてチェックアウトとコミットがとりあえずはできるという、方針でインストールしている人が多いようで、完全にインストールしたという記事は見つけることが出来ず、かなり難儀みたいでした。

 まだまだ調べる必要がありそうですが、このeasy_installを使えば、何とかなりそうな気がしています。apt-cacheで調べても、ぴったりくるようなパッケージ名は見あたらず、変なものを入れてしまって依存関係が壊れるというのも怖いので、よく調べてから実行したいと考えています。

 日付が変わっていますが、昨日の6日に、古いパソコン(Ubuntu8.04)を起動させて、AptanaのSubversionで双方のコミットとチェックアウトを試してみましたが、問題なくスムーズにやりとりが出来ました。

 さくらインターネットのサーバの言語周りのサポートが不完全なSubversionが、やはり障害になっているみたいです。




Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 01:36| Comment(0) | TrackBack(0) | Ubuntu