-->
./
<!-- フラ&#65533;ュが見れな&#65533;のためにここに何か書&#65533; --> フラ&#65533;ュがインス&#65533;&#65533;ルされて&#65533;&#65533;たいで&#65533;&#65533;&#65533;

2009年12月02日

Ruby on Railsのインストール(Ubuntu9.10)2009/12/02

ruby ralis
 2週間ほど前にもインストールした覚えがあるのですが、なんか手順が違ったものの案外すんなりと起動できたみたいです。

% sudo aptitude install ruby ruby-dev libsqlite3-dev swig
% sudo apt-get install rdoc

gemのインストール
http://rubyforge.org/projects/rubygems/
から最新版
rubygems-1.3.5.tgz
をダウンロード。

ダウンロードしたファイルを解凍
% tar zxvf rubygems-1.3.5.tgz

解凍したディレクトリに入る。
% cd rubygems-1.3.5/

管理者権限でスクリプトを実行。
% sudo ruby setup.rb

のちのち面倒が起こることもあるのでシンボリックリンクを作成。
% sudo ln -s /usr/bin/gem1.8 /usr/bin/gem

Railsをインストール。
% gem install rails

WEBrickを起動するため以下2つも必要だった。
% sudo apt-get install sqlite3
% sudo apt-get install libopenssl-ruby

 とりあえず、WEBrickで起動確認まで。
u9-rails3000_20091202
u9-rails3000_20091202 posted by (C)hirono-hideki


別の仮想マシンからも確認
u9a-rails-44_20091202
u9a-rails-44_20091202 posted by (C)hirono-hideki


Powered by ScribeFire.



posted by hirono at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | Rails

Eclipse Galileo (3.5.1) 日本語化言語パック (サードパーティ版)(Ubuntu9.10)

nlpack.eclipse.galileo-SR1-I200911271200 - blanco Framework Wiki - blanco Framework - SourceForge.JP

 apt-getでEclipseをインストールしました。いつの間にかバージョンが上がっていて、インストールされたのは3.5.1でした。

インストールの方法は、これまでと同じですが、zipを解凍したディレクトリに入り、次のようにプラグインをコピー。
%sudo cp -r features/* /usr/lib/eclipse/features/
%sudo cp -r plugins/* /usr/lib/eclipse/plugins/

起動時の初期化 %eclipse --clean

Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 18:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフト

「FEBE」拡張でFirefoxの環境をまるごとバックアップ - SourceForge.JP Magazine

「FEBE」拡張でFirefoxの環境をまるごとバックアップ - SourceForge.JP Magazine
 そんなときに役立つのが、「 FEBE(Firefox Environment Backup Extension) 」というアドオンだ。FEBEを利用すると、アドオンやその設定、パスワード、ブックマーク、履歴などをバックアップして、リストアすることができるのだ。もちろん、バックアップデータを他のPCのFirefoxに移行することもできるし、定期的なバックアップを取ることも可能だ。

 高機能なだけに使い方がややこしい感じですが、ちょっとやってみたところ、確かに移行できました。それもLinuxからWindowsXPです。ブックマークの読み込みで文字化けしないことは経験していたのですが、環境の違いを感じさせずマルチプラットホームという感じでよく出来ています。

Powered by ScribeFire.

「発言は悪質で弁護士としての品位を害する」橋下弁護士の懲戒審査議決

橋下氏は「懲戒審査相当」、大阪弁護士会が議決 「発言は悪質」 - MSN産経ニュース
大阪府知事の橋下徹弁護士が山口県光市の母子殺害事件の被告弁護団を懲戒請求するようテレビ番組で呼びかけた問題で、大阪弁護士会綱紀委員会は「発言は悪質で弁護士としての品位を害する」として、同会懲戒委員会で審査することが相当と議決した。議決は11月10日付。  綱紀委は4月、審査を求める方向で意見をまとめ、5月に橋下氏の代理人から事情を聴いた。懲戒委は1年以内に橋下氏を懲戒処分とするかどうか判断するとみられる。

 一方的に悪質というのも、どうかと考えられますが、ほとぼりも冷めたので強気に形を残したのでしょうか。裏返せば、懲戒請求がどれだけ大きな負担を与えるのかということを物語っているようです。弱みをさらけ出しては、狡賢い人間につけこむ隙を与え、禍根を残しそうな気もします。もちろん、直接懲戒請求などしないでしょう。アルバイトでも雇って動かしそうです。
 傍聴券の確保にも公然と大量のアルバイトが動員されているそうですが、裁判員制度で刑事裁判が身近になっただけに、より現実的な問題のように思えます。

posted by hirono at 03:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 弁護士

指定したディレクトリ内のhtmlファイルにMETAタグを追加(latex2html用)

MATAタグのエンコード指定を付加しています。現在プライベートモードにしているHatena::Diaryのブログで、今年の4月14日付のエントリーに以前作成したスクリプトのコードがありました。

 変更したのはなぜか「euc-jp」だったのを「UTF-8」にしただけです。
#!/bin/bash                                                                                                   
workdir=""                                                                                                    
if [ $# -gt 1 -o $# -le 0 ] ; then                                                                            
        echo "引数はディレクトリの指定一つだけ。"                                                             
        exit 1                                                                                                
else                                                                                                          
        workdir=$1                                                                                            
        cd $workdir                                                                                           
        echo "`pwd $workdir`に入りました。"                                                                   
fi                                                                                                            

ans=""
        read -t 10 -n 1 -p "処理を続行しますか?[y/n]" ans
                case "$ans" in                            
                        n|"")                             
                                echo "中止しました。"     
                                exit 1                    
                                ;;                        
                        y)                                
                                echo "継続"               
                                ;;                        
                esac                                      

        f_check () {
                local s=""
                s=`sed -n '/text\/html; charset/p' $1`
                if [ "$s" != "" ]; then               
                        echo "既に存在します。---> $1"
                        echo "-------------------------------------------------------"
                        echo $s                                                       
                        echo "-------------------------------------------------------"
                        return 1                                                      
                else                                                                  
                        return 0                                                      
                fi                                                                    
        }                                                                             

declare -a add_list
no=0;              

for f in `find . -name '*.html' -print`;do
        f_check $f
        if [ 1 -eq "$?" ]; then
                :
        else
                cat $f | \
                awk '{print}/<\/TITLE>/{print "<meta http-equiv=\"Content-Type\" content=\"text/html; charset=utf-8\">"}' >  $.tmp
                mv $.tmp $f
        echo "set done $f"

        add_list[$no]=$f
        no=$(expr $no + 1)

        fi
done

echo "==========結果:=========="

for a in "${add_list[@]}"; do
        echo "$a"
done

echo "上記${no}個のファイルが処理されました。"


Powered by ScribeFire.



マインドマップvymからlatex2htmlでHTML文書を作成

以前にもこのブログでご紹介したvymですが、新たな発見がありました。LATEXでエクスポートしたTexファイルをlatex2htmlコマンドに掛けるとそのまま使えました。vymのエクスポートではプリアンブルがつかないので、別途付加しましたが、ほかに手を加えることなく簡単にできました。
 latex2htmlコマンドでは、Texのstyファイルを読み込めないようで、文書スタイルの指定も意味を持たないみたいです。ワーニングの警告が出ていましたが、Linuxで標準のutf8の文字コードのまま、文字化けせずにHTMLができました。
 ただ、面倒なことにHTMLのHEADに、文字コードの指定タグがついておらず、Windowsパソコンなどでは文字化けを起こしそうです。複数のHTMLファイルに分散されているので、スクリプトを作って処理する必要がありそうです。ずっと前にも同じことをやった覚えがあるのですが、ほとんど覚えておらず、スクリプトの在処もわかりません。

追記:以前作成したコードがHatena::Diaryのブログにあったので、すぐに使えました。
http://hirono-hideki.sblo.jp/article/33964967.html
にコードがあります。


vymのファイル
u9-vym_20091202
u9-vym_20091202 posted by (C)hirono-hideki




latex2htmlで作成されたHTMLのトップページ(Firefoxで全画面表示)
u9-latex2html_20091202
u9-latex2html_20091202 posted by (C)hirono-hideki





目次部分
u9-latex2html-mokuji_20091202
u9-latex2html-mokuji_20091202 posted by (C)hirono-hideki

Powered by ScribeFire.



posted by hirono at 02:12| Comment(0) | TrackBack(0) | LaTeX