-->
./
<!-- フラ&#65533;ュが見れな&#65533;のためにここに何か書&#65533; --> フラ&#65533;ュがインス&#65533;&#65533;ルされて&#65533;&#65533;たいで&#65533;&#65533;&#65533;

2009年12月17日

高裁は「存在しないというのはおかしい」と検察側に合理的説明を求めた。

「狭山事件再審請求 高裁が検察に証拠開示勧告」:イザ!
 昭和38年に埼玉県狭山市で女子高校生が殺害された「狭山事件」で、強盗殺人などの罪で無期懲役が確定し無実を訴える石川一雄さん(70)の第3次再審請求審の三者協議が16日、東京高裁であった。門野博裁判長は検察側に対し、警察の捜査メモや犯行時間帯の目撃証拠などの開示を勧告した。狭山事件の再審請求で証拠開示が勧告されたのは初めて。


posted by hirono at 03:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 刑事裁判

2009年12月15日

[テレビ]たったひとりの反乱「犯罪被害者の叫びを聞け」

たったひとりの反乱 - Yahoo!テレビ.Gガイド [テレビ番組表]
# たったひとりの反乱「犯罪被害者の叫びを聞け」 # 犯罪に巻き込まれ妻を失い、犯罪被害者となった弁護士 岡村勲。立ちはだかる司法や行政の壁に立ち向かい、犯罪被害者の権利保護を求めて闘った軌跡を描く。 # 日本では最近まで、犯罪を裁く裁判などで、加害者の権利保護に力点が置かれてきた。そのため被害者は「裁判に参加できない」など、権利を認められなかった。弁護士・岡村勲は、犯罪に巻き込まれ妻を失ったことをきっかけに、裁判制度の不備に気づき、犯罪被害者の権利を勝ち取る闘いを始めた。岡村の妻が殺害されたのは、結婚して35年目。新婚当初、貧しさゆえに渡すことができなかった結婚指輪を買い求めたその日のことだった。
 結婚35周年で指輪を渡す日に事件が起こったそうです。これも運命という巡り合わせのような気がしました。番組を見終えたところです。

Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 刑事裁判

自白に偏重した捜査が改めて問われる事態となった。

「「布川事件」で再審開始を決定 最高裁 」:イザ!
同支部で裁判のやり直しが行われることになる。今年10月に再審がスタートした足利事件と同様、自白に偏重した捜査が改めて問われる事態となった。決定は、同小法廷の裁判官4人の全員一致の意見。
 はじめ今日の午後、珠洲総合病院のロビーのテレビで知りました。テレビを観ていても、たいして関心を集める問題になっていないという感じです。

Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 刑事裁判

「殺されても仕方がない落ち度とは何なのか分からない」

裁判員裁判で初の控訴審 弁護側、一審破棄求める - 47NEWS(よんななニュース)
弁護側は「被告を挑発するなどした女性側の落ち度を認定しなかった一審の判断は誤り。不当に重い量刑は、市民感覚だとしても裁判官が是正する必要がある」と控訴理由を説明。被告も出廷し、被告人質問があった。

 一審に続き、被害者参加制度に基づいて裁判に参加した女性の長男(38)は「殺されても仕方がない落ち度とは何なのか分からない」と意見を述べた。


posted by hirono at 11:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 刑事裁判

2009年12月13日

mysql-gui-tools-5.0-r17-win32.msiのダウンロード

MySQL :: Select a Mirror

 mysql-gui-tools-5.0-r17-win32.msiのダウンロード

 いちいち、
net start mysql
net stop mysql
とコマンドを打って、起動・停止するのもやりきれないのでダウンロードしました。ずいぶん懐かしい気持ちになりましたが、タスクトレイのアイコンとかちょっと変わったみたいです。


posted by hirono at 02:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフト

CygwinのMySQLクライアントとRailsのMySQLドライバのインストール

cygwinのperl設定方法 - comput_ventureのジオログ - Yahoo!ジオシティーズ
./configure --prefix=/usr/local/mysql --without-server --without-libedit


 昨日(12日)は長い時間、このコンパイルにてこずっていましたが、この記事のおかげで、夕方にようやくうまくいきました。WindowsXPにMySQLをインストールしたのは、その前の晩でしたが、WindowsXPにMySQLをインストールしたのは、2,3年ぶりのことで、CygwinからMySQLにログイン出来ず、とまどっていました。

 普通に、
mysql -u root -p
で、コンソールからログインを試みると、そのままプロンプトが返らず、待機状態のようになっていました。また、 あとでわかったのですが、Cygwinへのインストールがうまくいき、MySQLからパスワード要求の表示が出ても、ログインできませんでした。それはlocalhostだとMySQLがUNIXソケットとしての接続を試み、それで失敗していたみたいです。
 いずれにせよCygwin内部からMySQLに接続できないことには、RailsのMySQLドライバがインストールできず、WindowsXPにインストールしたMySQLのサーバとは別に、CygwinにMySQLのクライアントをインストールする必要があるとわかりました。
 しかしながら、ソースコードのコンパイルがうまくいかず、「--without-libedit」というオプションを付加したことでうまくいったみたいです。configureは事前の環境設定のようなもので、必要なライブラリの存在などをチェックする作業のはずですが、これまでに経験のないぐらい長い時間が掛かっていました。
 configureでエラーが出なければ、makeでコンパイルを行いますが、これはそれほど長くなく、30分もかかっていないかもしれません。Emacsのコンパイルでも1時間は掛かっていたので、比較的短く感じましたが、通常はmakeでエラーが出なければ、短時間ですむはずのmake installも結構時間が掛かっていました。
 もっともCygwinなので、Linuxのコンパイルと比較するのが相当ではないのかもしれません。

 2,3年ほど前はjavaのMySQLドライバを使うことが多く、Cygwinからも普通にMySQLにログインしていたはずですが、何が変わったのか、コンソールからの接続でも、
mysql -h 127.0.0.1 -u root -p
のように、localhost以外のホスト指定が必要で、さくらインターネットのサーバ以外で、こんなオプションを使ったのも、初めてのはずです。
 Railsではありませんが、RubyのMySQLドライバもインストールして使ったことがありましたが、やはりこのようなホスト指定のオプションを使った覚えはありません。

 とにかく最近のWindowsXP版のMySQLでは、TCPソケットというものを使っているようです。
 とにかく、これで、MySQLのドライバが次のようにオプションをつけることもなくgemからインストールできました。
gem install mysql

 効果があったのかわからないのですが、ユーザの登録の方も、localhostとは別に次のように127.0.0.1をホスト名として作成しておきました。
grant all on データベス名.* to ユーザ名@127.0.0.1 identified by'パスワード';

 あとは、Railsのdatabase.ymlですが、これも自動生成された雛形自体、Linuxとは少々違ったものになっていて、次のようにすると、うまくいきました。
development:
  adapter: mysql
  encoding: utf8
  reconnect: false
  database: データベース名
  pool: 5
  username: ユーザ名
  password: パスワード
  host: LOCALHOST


 LOCALHOSTという大文字は、こちらを参考にしたのですが、127.0.0.1でも接続できました。
 Scaffoldで作成したテーブルで、テストをしましたが、日本語の扱いも大丈夫でした。もっとも本稼働のサーバにあわせて文字コードをUTF-8のままにしてあるので、コンソールからログインしたMySQLでは、????になっています。
 デフォルトで文字コードは次のようになっています。MySQLではdatabaseごとに文字コードの指定も出来るはずですが、当面Rails以外でMySQLを使うことはないので、このままでも不都合はなさそうです。
 しかし、よく考えてみると、database.ymlで「encoding: utf8」という指定があるので、MySQLをsjisにしておいても、大丈夫なのかもしれません。いずれにせよ、Railsで作成したデータをコンソールで見ると、文字化けしていそうですし、へたなことをすると、文字コードが壊れる場合もあるみたいです。

mysql> show variables like 'character_set%';
+--------------------------+---------------------------------------------------------+
| Variable_name            | Value                                                   |
+--------------------------+---------------------------------------------------------+
| character_set_client     | latin1                                                  |
| character_set_connection | latin1                                                  |
| character_set_database   | utf8                                                    |
| character_set_filesystem | binary                                                  |
| character_set_results    | latin1                                                  |
| character_set_server     | utf8                                                    |
| character_set_system     | utf8                                                    |
| character_sets_dir       | C:\Program Files\MySQL\MySQL Server 5.1\share\charsets\ |
+--------------------------+---------------------------------------------------------+
8 rows in set (0.00 sec)

posted by hirono at 02:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフト

最高裁は「家族に病状の適切な情報が伝えられていなかった」と判断した。

東京新聞:筋弛緩剤事件上告棄却 患者らに動揺広がる 須田被告『有罪』決定に遺族『勝った』:神奈川(TOKYO Web)
この間の裁判では家族の要請の有無が繰り返し論じられた。最高裁は「家族に病状の適切な情報が伝えられていなかった」と判断した。


posted by hirono at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 刑事裁判

2009年12月12日

HTMLのWYSIWYG編集が可能なEclipseプラグイン「richhtml4eclipse」:CodeZine

HTMLのWYSIWYG編集が可能なEclipseプラグイン「richhtml4eclipse」:CodeZine

 ちょっと使ってみましたが、直接ファイルを編集するものではなく、コピペでコードを貼り付けて使うみたいです。普通アイコンにマウスポインタを乗せるとポップアップで短い説明がでるものですが、それもなく、何をするのかわからないボタンもありました。

 KompoZerのように、HTMLのヘッダを作成しない分、共通レイアウトが使えるerbファイルを編集する上では好都合なのですが、残念ながら使い勝手はよいとはいえず、2007年から開発も止まっている感じです。Googleで検索をしても情報がわずかしかありませんでした。

xp-richhtml4eclipse
xp-richhtml4eclipse posted by (C)hirono-hideki

Aptana Studio(WindowsXP)

http://d.hatena.ne.jp/dodoya/20080331/1206958255
http://mosquito7.blogspot.com/2009/01/cygwin-rails.html

 主に上記二つのサイトを参考にさせていただきました。WindowsXP版では、AptanaとRadRailsが一緒になっているみたいでした。
ダウンロードサイト

 Rails本体のインストールは、Cygwinが入っているので、結構楽でしたが、gccのコンパイラも必要みたいなので、Cygwinがないと難しいか、あるいは無理なのかもしれません。
 注意点は、WindowsXPの環境変数で、/usr/binにコマンドサーチパスを通しておくことぐらいでしょうか。あとはLinuxとあまり変わりがなかったと思いますが、環境やバージョンによって、いくつか問題の起きうることも同じだと思います。ある程度の開発環境が整っていないとうまくいかないので、調べてそろえる必要がありますが、ネットで調べれば情報は見つかりやすいはずです。

 LinuxのAptanaとは、見た目にも少し違いがありますが、使ってみた感じ、Linuxより動作も速く安定しているような気がしました。もっともUbuntu9.10固有の問題もあるのかもしれません。
 たとえば、Ubuntu9.04のときには、起きなかった問題ですが、ダイアログボックスのOKボタンが反応しないという現象があり、オプションをつけて起動する必要がありました。それでも、チェックボックスのON、OFFの状態が見た目にわかりにくく、レ点にはなっていません。

 ありがたいのは、WindowsXP版でも言語環境の標準がUTF-8になっていることです。3,4年前、WindowsXPのEclipseでUTF-8を使うと、様々な場面で問題が起きた記憶があるのですが、改行も含め、いまのところ、問題なく使えているようです。

 KompoZerでファイルを編集したためか、Xボタンが出ていますが、問題なく動作はしているみたいです。
xp-RadRails
xp-RadRails posted by (C)hirono-hideki

posted by hirono at 00:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフト

2009年12月11日

AptanaとKompoZerの連携(WindowsXP)

昨日の夜、WindowsXPにAptanaをインストールしました。適当なWISWIGのプラグインが見つからなかったこともあり、KompoZerをインストールし、ワープロ感覚でホームページを作ってみました。
 Linuxの環境を含め、他にもいくつか試したのですが、ほとんどのHTMLエディタでは、Railsのhtml.erbファイルを認識してくれないようです。
 KompoZerの設定で、ファイルをUTF-8で保存するようにしてから、erbファイルを作成し、それをAptanaの方で読む込むようにしました。先にAptanaでファイルを作成すると、文字化けが起きたり、KompoZerで保存の度に文字コードの指定が必要になったりと面倒なことになりました。
 以下の画像は、同じファイルと編集しています。

Aptanaの画面
xp-aptana_20091211
xp-aptana_20091211 posted by (C)hirono-hideki

KompoZerの画面
kompozer-20091211
kompozer-20091211 posted by (C)hirono-hideki

WYSIWYG HTMLエディタKompoZer

KompoZer - downloads

 Ubuntu9.10にインストールしました。初めapt-getでインストールしたのですが、メニューが英語のまま。以前にも日本語化するプラグインをインストールしたことがあったので、少し調べると今年の1月30日付の記事で方法が書いてあるサイトがみつかりました。
 しかし、プラグインのインストールに失敗する。さらに調べると、どうやら新しいバージョンには対応していないようでした。
 KompoZer - downloadsには、日本語のインストーラーがあったのでダウンロードしました。
 ダウンロードしたkompozer-0.8b1.ja.gcc4.2-i686.tar.gz を解凍すると、実行ファイルがあり、そのまま使えました。


Powered by ScribeFire.



posted by hirono at 10:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフト

2009年12月08日

フリー〈無料〉からお金を生みだす新戦略

フリー〈無料〉からお金を生みだす新戦略 - 情報考学 Passion For The Future
そしてフリーはネットビジネスの必然の帰結である。 「競争市場では、価格は限界費用まで落ちる。インターネットは史上もっとも競争の激しい市場であり、それを動かしているテクノロジー(情報処理能力、記憶容量、通信帯域幅)の限界費用は年々ゼロに近づいている。フリーは選択肢のひとつではなく必然であり、ビットは無料になることを望んでいる。」 だが相互補助である以上は誰かがコストを支払う必要があるはずだ。 「まず経済面での答えはイエスだ。最終的に、すべてのコストは支払われる必要がある。。ただそこには変化が起きている。それらのコストが「隠されたもの」(ランチのときに、ビールを頼まなければならないといった小さなこと)から、「分散されたもの」(誰かが払うが、たぶん皆さんではない。コストはとてもこまかく分散されているので、個人は、まったく気づかない。)に変わりつつあるのだ。」 少数の有料会員がたくさんの無料会員のコストを負担していたり、無数のユーザーのアクセスが広告運営を可能にしていたり、今は無料で会員を増やし将来の有料化で回収したり、さまざまなフリーのモデルは巧妙に、無料の理由をわかりにくくする。 ネットビジネスではしばしば「ビジネスモデル」が議論されるが、多くの場合、このフリーのバリエーションが、ビジネスを複雑化しているからなのだと思う。フリーを深く理解しておくことが、ネットビジネスの深い理解につながるはずである。 この本には無料のルールが10個紹介されている。9個目は、 「9 フリーは別のものの価値を高める 潤沢さは新たな稀少さを生みだす。100年前には娯楽は稀少で、時間が潤沢だったが、今はその逆だ。あるモノやサービスが無料になると、価値はひとつ高次のレイヤーに移動する。そこに行こう。」 というわけで、とりあえず、これを読んでそこへ行こう。

 こういう問題に関心があります。

Powered by ScribeFire.

EvolutionとGoogleカレンダー

2ch-Linux-Beginners - EvolutionFAQs
Novell Evolution

 最近、電子メールクライアントソフトとしてEvolutionを使い始めたのですが、意外に便利で機能も豊富だと思う反面、情報が驚くほど少ないです。
 数年前から現在においてもLinuxの標準メールソフトになっていますが、どうしてこんなに情報が少ないのでしょう。数年前は、日本語の取り扱いに難があるという情報が散見されていたこともあり、ちょっと触っただけで、日常的に使うことはありませんでした。
 メールの操作については、どれも似たり寄ったりで特に説明の必要も感じないのですが、カレンダとタスク管理の操作方法が、わかりづらく情報を探していました。
 Googleカレンダーを読み書きすることは出来たのですが、このカレンダー機能は、どうもタスク管理とは別物になっているみたいです。いくつか情報があり、caldav://というプロトコルを使う方法をやってみたのですが、どうにもうまくいかず、「サマリー」の作成が出来ません。文字の入力を受け付けてくれないのです。このタスク管理ができれば、カテゴリー分類やメモ管理、ファイルの添付などが出来るはずなので、使えるようにしたいと情報を探したのです。
 中には、使えたようなことを書いてある記事もあり、紹介されている外国のYouTubeの動画も見て、その通りにやってみたのですが、うまくいきません。若干、一部のメニューで選択候補の数に違いがあるようなところもありました。それはタスクリストの種類ですが、自分の環境では選択しが3つしかなく、動画の方は4つありました。その中で、「On The Web」というのを選択していました。日本語メニューで「ウェブ」というのがそれらしいので、選択しましたが、設定時にエラーは出ないものの、その後は無反応です。
 初め別のサイトを参考にしながら、caldavを選択していたのですが、その際、何度もエラーが起こったので、登録情報がおかしくなっているのかもしれません。最近似たようなことをちょくちょく経験しています。
 もっともタスク管理とカレンダー管理はやはり別物で、もともとGoogleカレンダーをタスク管理することは出来ない可能性が高い、のではないかと思われます。

 なお、Evolutionでは、メールのルール定義による自動処理が出来、仮想フォルダに振り分けることができますが、自動転送は出来ないみたいです。ルールには日本語も扱え、他にもこれまでのところ、日本語の扱いで不自由することはありません。結構な数のプラグインもあるみたいです。

Evolutionのカレンダー画面はこんな感じです。
u9-evolution_20091208
u9-evolution_20091208 posted by (C)hirono-hideki


Googleカレンダーで見るとこんな感じです。
u9-google-cal_20091208
u9-google-cal_20091208 posted by (C)hirono-hideki


 このところ詰め込む情報の量も多いのですが、忘れることも多いので、カレンダーでも活用しようかと考えています。Googleカレンダーは、だいぶん前に作成しましたが、初めに少し触っただけで、放置していました。調べれば他にも便利な使い方がいろいろありそうです。


Powered by ScribeFire.

2009年12月07日

reStructuredText Markup Specification日本語訳

reStructuredText Markup Specification日本語訳 — KtJ Dragon
reStructuredTextは文書の構造を記述するための、シンプルかつ直感的な構成のプレーンテキストである。これらの構成は、加工前、加工後のいずれの形態でも等しく容易に読むことができる。この文書はそれ自身がreStructuredTextの一例である(あなたがテキストファイルを直接読んでいるならばそれはパーサによって処理されてないものである。また、例えばHTML文書を読んでいるならばそれは処理された後のものである)。reStructuredTextのパーサは、Docutilsの構成要素である。

特別な構成、例えばセクション見出し、バレットリスト、強調表現を示すためにシンプルかつ暗黙のマークアップが使用される。使用されるマークアップは、最小かつ可能な限り控えめなものとなっている。使用頻度の低い構成や、基本的なreStructionText文法の拡張においては、複雑であったり明示的であるようなマークアップが使用されうる。

reStructuredTextは、とても小さいもの(例えばPythonのdocstringsのような、インラインプログラムにおける文書の断片)からとても大きなもの(この文書)に至るまで、文書の大きさにかかわらず使用可能である。



 昨夜インストールしたdocutilsに含まれていたrst2latex.pyとrst2html.pyをつかってみました。いずれもテキストファイルをLATEXやHTMLに変換してくれますが、このマークアップを使うことで、スタイルの指定が出来るみたいです。kagiPDFは日本語を含めてコマンド一つでPDFファイルを作成してくれます。

 ただ、やはりTex固有の問題として改行の取り扱いには難があるというか、いまだになじめないところがあります。


Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

** WARNING ** Could not open config file "fontmapsx".

** WARNING ** Could not open config file "fontmapsx". - Rie Miura @ Tokyo - Yahoo!ブログ
を参考に、
% sudo ln -s /etc/texmf/dvipdfm /etc/texmf/dvipdfmx
だけで、消えました。
 kagiPDFを使ったときに出た問題です。



Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 18:29| Comment(0) | TrackBack(0) | LaTeX

カーネルのアップデート2.6.31-16-generic

Ubuntu9.10のカーネルのアップデートです。昨日通知が出ていました。

 問題はvmware-toolsですが、今回も、
vmware-tools-upgrader
でうまくいったみたいです。

Creating a new initrd boot image for the kernel.
update-initramfs: Generating /boot/initrd.img-2.6.31-16-generic
Starting VMware Tools services in the virtual machine:
   Switching to guest configuration:                                   done
   Paravirtual SCSI module:                                            done
   Guest filesystem driver:                                            done
   Mounting HGFS shares:                                               done
   Guest memory manager:                                               done
   VM communication interface:                                         done
   VM communication interface socket family:                           done
   Blocking file system:                                               done
   File system sync driver:                                            done
   Guest operating system daemon:                                      done
   Virtual Printing daemon:                                            done

The configuration of VMware Tools 8.1.3 build-203739 for Linux for this running
kernel completed successfully.

You must restart your X session before any mouse or graphics changes take
effect.

You can now run VMware Tools by invoking the following command:
"/usr/bin/vmware-toolbox" during an X server session.

To enable advanced X features (e.g., guest resolution fit, drag and drop, and
file and text copy/paste), you will need to do one (or more) of the following:
1. Manually start /usr/bin/vmware-user
2. Log out and log back into your desktop session; and,
3. Restart your X session.

To use the vmxnet driver, restart networking using the following commands:
/etc/init.d/networking stop
rmmod pcnet32
rmmod vmxnet
modprobe vmxnet
/etc/init.d/networking start

Enjoy,

--the VMware team

Done waiting for process: 2934 (success)
Writing the command was a success to fd 7
Child w/ fd 6 exited with status=1
Waiting on pid 2933 to de-zombify it
Cleaning up /tmp/21d050c3... done.
Rpci: Sending request='tools.capability.hgfs_server tools-upgrader 0'
Rpci: Sent request='tools.capability.hgfs_server tools-upgrader 0', reply='', len=0, status=1
Unregistering callback 'f'
u9@u9-vmx:~ %



Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 18:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

easy_installインストール(Ubuntu9.10)とSubversionの問題

environment2 - Memo - Trac
curlインストール

$sudo aptitude install curl

easy_installインストール

$sudo curl -O http://peak.telecommunity.com/dist/ez_setup.py

上記コマンドを叩くと下記が表示される。

% Total % Received % Xferd Average Speed Time Time Time Current
Dload Upload Total Spent Left Speed
100 8960 100 8960 0 0 11375 0 --:--:-- --:--:-- --:--:-- 22683

最後に下記コマンドを叩いてインストール完了

sudo python2.5 ez_setup.py

docutilsインストール

Pythonで書かれたテキスト処理ツール群。 reStructuredTextという簡単な構文で、 構造化されたテキストファイルを「HTML,XMLやLaTeX」 などのフォーマットに変換することができる。

$sudo easy_install-2.5 -U -Z docutils


 「libsvn_ra_dav-1.so ubuntu」という検索をしていて、たまたま訪問したページだったのですが、「easy_install」というのを見かけて、前にもどこかで見かけすごく便利だというようなことが書いてあったのを思い出しました。その時は他に目的もあったので内容にしっかり目を通さなかったのですが、今回、googleで調べたところ、Rubyのgemや、PerlのCPANに相当するpythonのモジュールインストールツールだということがわかりました。
 先ほど、Subversionの文字化けの問題で、Subversionがpythonと深い関わりがあるということを知り、改めてpythonを見直していたのですが、今度余裕のあるときにじっくり調べてみたいと考えつつ、とりあえず、インストールだけしておきました。
 Ubuntu9.10のpythonはバージョンが2.6になっているみたいなので、その部分だけ変更して実行してみたところ、短時間ですんなりうまくいったみたいです。PerlのCPANのインストール時の出力の量と時間には圧倒されましたが、本当に簡単に入ったみたいです。

u9@u9-vmx:~/Aptana Studio Workspace/apt% sudo python2.6 ez_setup.py
Downloading http://pypi.python.org/packages/2.6/s/setuptools/setuptools-0.6c11-py2.6.egg
Processing setuptools-0.6c11-py2.6.egg
Copying setuptools-0.6c11-py2.6.egg to /usr/local/lib/python2.6/dist-packages
Adding setuptools 0.6c11 to easy-install.pth file
Installing easy_install script to /usr/local/bin
Installing easy_install-2.6 script to /usr/local/bin

Installed /usr/local/lib/python2.6/dist-packages/setuptools-0.6c11-py2.6.egg
Processing dependencies for setuptools==0.6c11
Finished processing dependencies for setuptools==0.6c11
u9@u9-vmx:~/Aptana Studio Workspace/apt% python -c "import svn.repos"

Traceback (most recent call last):
  File "<string>", line 1, in <module>
ImportError: No module named svn.repos

u9@u9-vmx:~/Aptana Studio Workspace/apt% sudo easy_install-2.6 -U -Z docutils
Searching for docutils
Reading http://pypi.python.org/simple/docutils/
Reading http://docutils.sourceforge.net/
Best match: docutils 0.6
Downloading http://prdownloads.sourceforge.net/docutils/docutils-0.6.tar.gz?download
Processing docutils-0.6.tar.gz
Running docutils-0.6/setup.py -q bdist_egg --dist-dir /tmp/easy_install-dTAl7K/docutils-0.6/egg-dist-tmp-Y3E4si
zip_safe flag not set; analyzing archive contents...
docutils.writers.newlatex2e.__init__: module references __file__
docutils.writers.odf_odt.__init__: module references __file__
docutils.writers.html4css1.__init__: module references __file__
docutils.writers.pep_html.__init__: module references __file__
docutils.writers.latex2e.__init__: module references __file__
docutils.writers.s5_html.__init__: module references __file__
docutils.parsers.rst.directives.misc: module references __file__
Adding docutils 0.6 to easy-install.pth file
Installing rst2html.py script to /usr/local/bin
Installing rst2s5.py script to /usr/local/bin
Installing rst2latex.py script to /usr/local/bin
Installing rst2newlatex.py script to /usr/local/bin
Installing rstpep2html.py script to /usr/local/bin
Installing rst2xml.py script to /usr/local/bin
Installing rst2pseudoxml.py script to /usr/local/bin
Installing rst2man.py script to /usr/local/bin
Installing rst2odt.py script to /usr/local/bin
Installing rst2odt_prepstyles.py script to /usr/local/bin

Installed /usr/local/lib/python2.6/dist-packages/docutils-0.6-py2.6.egg
Processing dependencies for docutils
Finished processing dependencies for docutils

 赤い色がコマンドの実行です。紫にしてあるのは、前の問題の部分です。この問題のために調べ物をしていました。
 RailsをSubversionで管理したところ、Ubuntu同士だと問題は起きないのですが、さくらインターネットだと不具合が発生します。さくらインターネットのサーバにSubversionのリポジトリを作成し、Ubuntuでコミットする分には問題ないのですが、同じさくらインターネットのサーバの中から、チェックアウトとし、編集してコミットするとUTF-8の日本語を受け付けず、コミットが出来ないばかりかリポジトリが壊れました。少し前まで、同じような作業をしていても問題は起きなかったのですが、一度、Ubuntuからコミットするときに日本語を使ったためでしょうか、そのあたりからおかしな現象が起こるようになりました。
 もともとさくらインターネットのサーバでは、svnコマンドを使うと¥233¥278というような文字化けが起きていました。調べると、環境変数LANGの値を「ja_JP.UTF-8」ではなく、「UTF-8」にすれば直るということが書いてあり、確かに文字化けはしなくなっていました。
 それでかれこれ3ヶ月ほど問題もなく使っていたのですが、Aptana(たぶんEclipseも同じ)のプラグインでSubversionを使うようになってから、おかしいことになったみたいです。
 「ja_JP.UTF-8」で文字化けを起こすのは同じですが、「UTF-8」でコミットを試みると、pngやjpegの画像ファイルをバイナリではなく、テキストとして認識し、エラーで拒絶するようになりました。
 これをコミットから除外すると、こんどは日本語のテキストを、ASCIIではないと拒絶するようになったのです。
 どうもSubversionの日本語の取り扱いはpythonが行っているらしいというところまで、わかってきたところでした。

 そもそもさくらインターネットのサーバでの、Subversionのインストールは不完全なのです。svnadimコマンドでリポジトリを作成し、クライアントとしてチェックアウトとコミットがとりあえずはできるという、方針でインストールしている人が多いようで、完全にインストールしたという記事は見つけることが出来ず、かなり難儀みたいでした。

 まだまだ調べる必要がありそうですが、このeasy_installを使えば、何とかなりそうな気がしています。apt-cacheで調べても、ぴったりくるようなパッケージ名は見あたらず、変なものを入れてしまって依存関係が壊れるというのも怖いので、よく調べてから実行したいと考えています。

 日付が変わっていますが、昨日の6日に、古いパソコン(Ubuntu8.04)を起動させて、AptanaのSubversionで双方のコミットとチェックアウトを試してみましたが、問題なくスムーズにやりとりが出来ました。

 さくらインターネットのサーバの言語周りのサポートが不完全なSubversionが、やはり障害になっているみたいです。




Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 01:36| Comment(0) | TrackBack(0) | Ubuntu