-->
./
<!-- フラ&#65533;ュが見れな&#65533;のためにここに何か書&#65533; --> フラ&#65533;ュがインス&#65533;&#65533;ルされて&#65533;&#65533;たいで&#65533;&#65533;&#65533;

2009年11月23日

裁判員裁判:準強姦傷害、求刑通り被告に懲役8年 検察メモ「生々しい」 /東京 - 毎日jp(毎日新聞)

裁判員裁判:準強姦傷害、求刑通り被告に懲役8年 検察メモ「生々しい」 /東京 - 毎日jp(毎日新聞)
 芸能事務所のスカウトを装って女子中学生をホテルに誘い、睡眠薬を飲ませて暴行したとして、準強姦(ごうかん)傷害罪に問われた無職、潮忍(うしおしのぶ)被告(36)に対する裁判員裁判で、東京地裁(秋吉淳一郎裁判長)は20日、求刑通り懲役8年の判決を言い渡した。裁判員からは、検察側が被告の行為の詳細をメモで配って示したことについて、「そこまで見せる必要があったのか」と批判的な声も出た。  判決は「低年齢の女性をだまし、睡眠薬を準備しており計画的。手足をロープで縛り、そのまま放置して逃げるなど行為も卑劣」と指摘。「再犯の恐れはない」などと刑を軽くするよう求めた弁護側の主張を「断定できない」と退けた。秋吉裁判長は言い渡し後、「被害者や家族が平穏に生活できるようプライバシーに配慮するように」と説諭した。  判決後、裁判員3人が会見に臨んだ。検察側のメモについて、無職男性(26)は「生々しすぎる。今後も記憶に残り、きつい」と指摘した。30代の会社員男性も「目を覆うところがあった」と話した。女性パート従業員は「抵抗はあったが、事実を知ることが一番で、特に負担は感じなかった」と語った。裁判員裁判による性犯罪の審理に関しては、無職男性は「被害者と同性の人がやったほうがいい」と提案した。  検察側は「かなり工夫したが、正確な事実認定をしてもらわないといけないので、やむを得なかった」と説明した。【安高晋】 〔都内版〕


posted by hirono at 18:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 裁判員制度

yumで関連パッケージをまとめて追加/削除

@IT:yumで関連パッケージをまとめて追加/削除するには

 昨日あたりに初めて知ったオプション指定ですが、2004年とはずいぶん前からあったみたいです。

yum grouplist
で、一覧をみて、
yum groupinstall "パッケージ名"
という使い方みたいです。日本語のパッケージ名がそのまま使えているのに、最初は驚きました。




posted by hirono at 04:54| Comment(0) | TrackBack(0) | Fedora

日本語入力メソッドibus

linux-notepad: Fedora11-KDEの日本語化(日本語入力環境の構築)


 設定メニューで確かにこんなのがありましたが、その分「iiimx」で動く、ATOK X3 for Linuxのインストールの妨げになっていたのかもしれません。名前からして、高性能な気がしますが、初めて知りました。Anthyで使えるみたいです。AnthyもATOK X3 for Linuxを買ってからもう一年近く使っていませんが、前よりはよくなっているのかもしれません。先ほどインストールのしたてに、少しだけ使いました。



posted by hirono at 04:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

LinuxでのAdobe Readerのインストール

http://get.adobe.com/jp/reader/
から、
AdbeRdr9.2-1_i486linux_jpn.bin
をダウンロード。
 ファイルに実行権限をつけて、管理者権限で実行するだけ。

 こちらに詳しいことが書いてありました。
http://physics.s.chiba-u.ac.jp/~kurasawa/ubuntu.html


posted by hirono at 04:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

poppler-dataとevinceでのエラー表示

# yum -y install poppler-data

 evinceで日本語がまったく表示されなかったので、poppler-dataというのを調べてインストールしました。確かに日本語も表示されるようになったのですが、端末からevinceを起動するとエラーメッセージが出ています。poppler-dataというのを使ったこと自体初めてですが、そのうち直したいと思います。

 先に、
ln -s /usr/share/ghostscript/8.70/Resource/CMap /usr/local/teTeX/share/texmf/dvipdfmx/
というリンクも張ったのですが、効果なし。あるいは存在しないdvipdfmというディレクトリを作って、そのなかにシンボリックリンクを置かなければならないのかもしれません。これまではそうしてきたような気もしますが、試していません。←(ダメでした)


[root@vmf ptetex3-20090610]# ln -s /usr/share/ghostscript/8.70/Resource/CMap/Adobe-Japan1-UCS2  /usr/share/poppler/cMap/Adobe-Japan1/
を実行することで、
Error: Couldn't find ToUnicode CMap file for 'Adobe-Japan1-UCS2'
というエラーメッセージは消えたのですが、
まだ、
(evince:27081): GLib-GObject-CRITICAL **: g_object_ref: assertion `object->ref_count > 0' failed

(evince:27081): GLib-GObject-CRITICAL **: g_object_ref: assertion `object->ref_count > 0' failed

(evince:27081): GLib-GObject-CRITICAL **: g_object_ref: assertion `object->ref_count > 0' failed

というのが残っています。

 acroread(Adobe Reader)だとエラーは出ませんでした。



posted by hirono at 03:52| Comment(0) | TrackBack(0) | LaTeX