-->
./
<!-- フラ&#65533;ュが見れな&#65533;のためにここに何か書&#65533; --> フラ&#65533;ュがインス&#65533;&#65533;ルされて&#65533;&#65533;たいで&#65533;&#65533;&#65533;

2009年11月14日

死亡記者、知事にも借金

「始まりは夜のスナックだった 鳥取・連続不審死」:イザ!
 女の知人らによると、女は約10年前に親族から引き継ぎ、別の場所でスナックを経営。古田さんとは約8年前にここで知り合った。16年5月に特急列車にひかれ死亡した読売新聞鳥取支局の男性記者=当時(42)=も常連客だった。  女が古田さんの自宅近くに引っ越した16年ごろ、経営が苦しくなり閉店。知人の1人は閉店の理由を「とにかく金遣いが荒かったから」と振り返る。  この知人によると、昨年2月に鳥取市郊外の山中で自殺した鳥取県警の40代の男性警察官も当時からなじみの客で、閉店した後も女の勤務先のスナックによく出入りしていたという。  ■死亡記者、知事にも借金  女は身長約150センチ、少し太めの体形だが、店ではひときわ若いホステスだった。「店の隅っこで2人きりになって、女の身の上話を聞かされて、その気になった人も多い」。女と同じスナックに勤めた別のホステスはこう証言する。  「子供ががんになった。一緒に暮らすのなら援助してほしい」。常連客の1人だった鳥取市内の男性(66)は約4年前、女からこう言われ、金を無心されたことがある。  女とはスナックで知り合い、しばらくして交際が始まった。店では5人の子供を抱え、生活に困窮していることなどを何度も聞かされており、男性は生活費や入院費として約500万円を渡した。  実際に女の子供が病気になったかどうか定かではないが、女はその後も「狭心症の手術が必要」などと言っては金銭的な援助を求めてきたという。  死亡した男性記者も交際中に女にせがまれ、1千万円近くを援助したとの話もある。知人らによると、この記者は同僚から借金を重ねただけでなく、取材対象だった当時の副知事の平井伸治知事からも金を借りたことがあった。  平井知事によると平成16年ごろ、この記者が自宅を突然訪れ、女と交際してトラブルになっていることなどを聞かされた。最初は「どうやって解決したらいいか」と助言を求められたが、話し込んでいるうちに「貸せるだけでいいから」と金を要求してきた。  「次の給料日には必ず返す」。そんな口約束で、手元にあった3万円を渡したが、その後も「20万円貸してほしい」と自宅を訪れたことがあったという。「女に相当入れ込んでいるようだった」。この記者はそれから半年後、鳥取市内で列車にひかれ死亡した。  ■捜査は長期化の様相
 こういうことが現実にあるのかと驚きました。新聞記者が副知事に借金をしてスナックの女に貢いでいたとは、警察官も含まれていますが、いずれも真実を見極め、追求するプロなのではないかと。

 鳥取と言えば、以前長距離トラックの仕事をしているとき、九州方面への運行でよく通過していましたが、ずいぶんと寂しいところです。雰囲気的に能登半島の富来あたりと似ていますが、確か近頃話題にもなっている「ゼロの焦点」という有名な小説は富来の厳門(能登金剛)が舞台であったような。

 まるでミステリー小説のようです。

Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 捜査・取り調べ

Ubuntuを9.04から9.10にアップグレード

予想通り、アップグレード後はいろいろ問題が起きましたが、ようやく落ち着いて普通に使えるようになった感じです。しばらくの間様子見で、他に問題も起きそうですが、今のところ深刻なことはなさそうです。

 マイナーのバージョンアップだと思っていたのですが、デザインがずいぶんと様変わりして斬新となっていました。
u910-upgrade_20091114
u910-upgrade_20091114 posted by (C)hirono-hideki

Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 18:20| Comment(0) | TrackBack(0) | UNIX/Linux

大阪家裁書記官 事務処理を放置 28事件、戒告処分:産経関西(産経新聞大阪本社公式ニュースサイト)

大阪家裁書記官 事務処理を放置 28事件、戒告処分:産経関西(産経新聞大阪本社公式ニュースサイト)
 大阪家裁は13日、担当していた少年事件28件の事務処理を行わずに放置したとして、堺支部の30代の男性書記官を戒告の懲戒処分としたと発表した。今後、監督責任を怠ったとして主任書記官や裁判官も処分する方針。書記官は「忙しくて後回しにしてしまった」と話している。  家裁によると、書記官は平成18年9月〜21年4月、少年審判22件について、裁判官に提出する審判結果の書類を作成せず、さらに今年1月の定期点検でもこの事実を隠していた。  また、20年5月〜21年4月、別の少年事件6件で家裁調査官からの調査結果を処理せず放置した。この結果、事件の処理が6カ月〜11カ月間遅れたという。

 似たような問題は割と高い頻度で見かけますが、それだけ裁判所は忙しく、人手も足りていないということのようです。

Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 10:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 司法

依頼人の交渉相手からも200万円…弁護士! : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

依頼人の交渉相手からも200万円…弁護士! : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
 名古屋地検特捜部は12日、名古屋市瑞穂区の弁護士、鈴木順二(みちじ)容疑者(62)を弁護士法違反(汚職行為禁止)容疑で逮捕した。  発表によると、鈴木容疑者は、愛知県刈谷市内の建物の借地権譲渡契約を巡る交渉で、建物の借り主側の代理人を務めていた。契約締結直後の2007年5月25日、交渉相手だった所有者や不動産会社「オフィス・ベルコ」(名古屋市千種区)の実質的経営者・千石基(いしき)被告(60)=法人税法違反で起訴=から、交渉をまとめた謝礼として現金200万円を受け取った疑い。鈴木容疑者は容疑を否認しているという。弁護士法では、受任している事件に関し、相手方から利益を受けることを禁止している。

 弁護士が弁護士法違反で逮捕されるのは、極めて珍しいんじゃないかと思われます。

Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 10:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 弁護士