-->
./
<!-- フラ&#65533;ュが見れな&#65533;のためにここに何か書&#65533; --> フラ&#65533;ュがインス&#65533;&#65533;ルされて&#65533;&#65533;たいで&#65533;&#65533;&#65533;

2009年11月13日

FreeMindFlashBrowswer

FreeMind で作成したファイル を Web で公開 - FreeMindFlashBrowser と Google Page Creator を使って Blogger に表示 | すぐに忘れる脳みそのためのメモ
 参考にさせていただきました。iframeタグさえ使えれば、とても簡単にFlashが表示されました。
 上の図は、Flashアプリになっているので、マウスを使うことでリンク移動など操作できます。マウスのスクロールボタンで拡大縮小したり、ドラッグで移動できるはずです。もちろん、Flashがインストールされ、使える状態である必要があります。

 トップページからだとFlashが表示されない場合があるようです。次の個別リンクだと大丈夫そうです。
http://hirono-hideki.sblo.jp/article/33618513.html

Powered by ScribeFire.



マインドマップ®的な図解法等での情報共有サイト-EasyStep

マインドマップ®的な図解法等での情報共有サイト-EasyStep   どうもURLリンクを付けたり、テキストの埋め込みというのはできないみたいです。コメントはマウスオーバーでポップアップされますが、実に良くできていて使いやすいだけに、物足りなさも少なくありません。  それに、Linuxでは使えませんでした。JAVAで動いているので、使えてもよさそうですが、ダメだとメッセージがでました。


市橋容疑者「医者になれなかった」、医師家族と犯罪について考える。

市橋容疑者 「医者になれなかった」 死体遺棄は黙秘(毎日新聞) - Yahoo!ニュース
 千葉県市川市で07年に英国人女性の他殺体が見つかった事件で、死体遺棄容疑で逮捕された市橋達也容疑者(30)が県警行徳署捜査本部の取り調べの際、職業について「(医者に)なれませんでした」と供述していることが捜査関係者への取材で分かった。市橋容疑者の両親は医師で、捜査員が「医者にならなかったのか」などと問いかけた際に答えたという。容疑については依然黙秘している。

 テレビで、逮捕当日の夜は、両親が素顔でマスコミのインタビューに応えていましたが、翌朝にはマスクが掛かっていました。初めは一般からの抗議があったのかと思っていたのですが、「両親の申し出で顔を隠し、音声を変えている。」という説明をしたテレビ番組もありました。

 しかし、両親が医師であったとは、個人的に近頃お医者さんのお世話になることも多いので、感慨深いものがあります。医師は多忙で不規則な生活と聞きますが、それだけ家庭に掛かる負担も大きく、問題を抱えやすいという事情もあるのかもしれません。

 お金持ちという実績や印象も強い職業であり、それだけ犯罪にも巻きこまれやすく、人との接触も職業柄多く、多忙もあり表沙汰にはしにくい、という傾向性もありそうです。

 しかし、この市橋容疑者をみていて感心したのは、逃亡に向けた努力と行動力です。「12日の夕食も手をつけず、10日夜の逮捕以来食事を取っていない。」というあたりも強固な意志の強さがうかがえます。
 これぐらいの精神力や行動力、物事に対する突き詰めた考察がなければ、医師になるのは難しいのかもしれません。単に頭が良いだけでは出来そうもない大変な職業ではないかと、つらつら考えていた折の、報道でした。

 ついでに書くと逮捕後の報道において、新幹線の車内におけるマスコミの取材の状況をテレビで見ましたが、実にすさまじいもので、殺気だったものが伝わりました。職業的にも何がそこまでマスコミ関係者を駆り立てるのか、これも考えさせられるところがありました。

Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 11:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会

ネット公開、「公開をうたいながら見込みが甘い」との批判も出ている。

事業仕分けのネット公開、パンクの危機免れる(読売新聞) - Yahoo!ニュース
 11日に始まった政府の「事業仕分け」。作業の過程をすべて公開するという原則を打ち出し、会場での傍聴を可能にしたほか、インターネットでの生中継も行っている。  ところが、この中継システムは同時に視聴できる人数の設定が計300人だったにもかかわらず数千人もの接続が集中。システムを委託された業者が独自判断で、接続可能人数を大幅に引き上げていたことから大きな混乱は免れたが、「公開をうたいながら見込みが甘い」との批判も出ている。  事業仕分けの会場となった国立印刷局体育館(東京・市ヶ谷)。作業は三つのグループに分かれ、午前9時半過ぎから始まった。この模様は、グループごとに設置された固定カメラがとらえ、インターネットを通じて生中継された。

 全国(全世界)で数千人単位の接続とは、ずいぶんと少ないものだと驚きましたが、見込みはさらに少なかったみたいです。

Powered by ScribeFire.

Google、オープンソースのプログラミング言語「Go」リリース - ITmedia News

Google、オープンソースのプログラミング言語「Go」リリース - ITmedia News
 米Googleは11月10日、プログラミング言語「Go」をBSDライセンスの下、オープンソースで公開した。マルチコアプロセッシングに対応し、公式ブログによると、“Pythonのようなダイナミック言語での開発スピードと、CやC++のようなコンパイル言語の持つ性能を併せ持つ”という。Linux版とMac版がGoのサイトにインストール方法などの説明がある。  GoはGoogleの7人の社員が「20%の自由時間」を利用して開発した。メンバーには、Google ChromeのV8エンジンを開発したロバート・グリースナー氏、分散オペレーティングシステム「Plan 9」の創案者であるロブ・パイク氏、UNIXの開発に携わったケン・トンプソン氏、などが名を連ねる。  Goチームは、コンピュータ科学はこの10年で大きく進歩したにもかかわらず、その間新たなシステム言語は登場しておらず、コンピュータの速度にソフトウェア開発がついていっていないと考えており、こうした状況の打開を試みるためにGoを開発したとしている。

 GoogleがBSDのライセンスというのは意外な気がしました。期待の持ちたくなる最新技術です。

Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 10:56| Comment(0) | TrackBack(0) | プログラミング

「市民感情が入れば、刑は重くなるに決まっている」と指摘

河北新報ニュース 佐々木被告「量刑妥当、文句ない」 宮城県初の裁判員裁判
 佐々木被告は「(指摘は)確かにそうだと思う」と納得した様子を見せた。裁判員全員のメッセージとして裁判長から語り掛けられた「あなたのように不遇な少年時代を過ごした人のために社会貢献していけば、被害者遺族に気持ちが届くかもしれない」との説諭も含め、「一般の人の視点だと感じた」という。  半面、裁判員裁判について「市民感情が入れば、刑は重くなるに決まっている」と指摘。「自分のずるい面から考えれば、プロ(裁判官)だけの方がいい」と、複雑な思いも口にした。  被告が弁護人の隣に座る例が多い裁判員裁判で、佐々木被告は法壇の正面に着席した。「無実なら弁護人の隣に座るが、自分は罪を認めていたからだ」と説明した。  控訴については「すっきりした形で刑を確定させたい。窃盗の裁判が終われば、殺人の控訴を取り下げようと考えている」と真意を明かした。併合罪関係にある両事件が分離審理されたことでは「よく分からないが、一緒に審理してもらえればよかった」と述べた。  佐々木被告は公判前、「正直に話したくても話せなくなる」として、取り調べの録画・録音に反対する手紙を河北新報社に送っていた。公判で裁判員に「いま一番会いたい人は」と問われると、取調官の名前を挙げた。  佐々木被告は「手紙に書いた思いは今も同じ」と語った上で、「腹を割って話すのは簡単ではない。取調官は自分を一人の人間として見てくれ、諭してくれた」と信頼感を強調した。

 このような考え方の人や、被告人は少なくないように思われます。むしろ一般的なのかもしれません。

Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 10:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 捜査・取り調べ

立件されるかどうか微妙なところで慎重な紙面

牧太郎の大きな声では言えないが… - 毎日jp(毎日新聞)
 最近、知人から「新聞は役に立たない」と言われた。例の結婚詐欺女の周辺で不審死が相次いでいる事件。「どんな面相の女性か知りたいのに」と言う。確かにほとんどの新聞、テレビは顔写真はもちろん「34歳の女」という仮名扱い。読者のニーズに応えていない。  立件されるかどうか微妙なところで慎重な紙面なのだと思うが、彼女はすでに詐欺罪で起訴されている。氏名、顔写真の公表で「新証拠(↓新展開)」が出てくるかもしれない。どうして新聞は及び腰なのか?

 かなりの数の人が不審死しているらしいですが、やはり立件は微妙みたいです。報道もほとんど見かけなくなった感じで、このまま立ち消えするのでしょうか。

Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 10:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会

検索を掛けると表示がおかしくなっています。(さくらのブログ)

先ほど気がついたのですが、気になります。



sakura-kennsaku_20091113
sakura-kennsaku_20091113 posted by (C)hirono-hideki


Powered by ScribeFire.



posted by hirono at 03:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

index.texの内容

マインドマップvymからTexファイルを生成の続きになります。ちょっと問題が起こったので別途投稿します。問題の起こるコードが含まれていたためかサーバからエラーが返って投稿できず、もしかすると以下のコードも完全にHTMLとして表示されていないかもしれません。

\documentclass[a4paper,10pt]{jarticle}
\usepackage{atbegshi}
\AtBeginShipoutFirst{\special{pdf:tounicode EUC-UCS2}}


\usepackage[left=40mm,right=25mm,top=35mm,bottom=30mm]{geometry}
\setcounter{secnumdepth}{4}
\makeatletter
\renewcommand{\paragraph}{\@startsection{paragraph}{4}{\z@}%
{1.5\Cvs \@plus.5\Cdp \@minus.2\Cdp}%
{.5\Cvs \@plus.3\Cdp}%
{\reset@font\normalsize\bfseries}}
\makeatother

%\newcommand{\記}{\begin{center} 記 \end{center}}
\newenvironment{sg}{\Huge}{}
%引数をとるマクロ
\newcommand{\fl}[1]{\framebox[1cm]{\textgt{\small #1}}}
%defの書式 文字を重ねる。
\def\hh{廣\llap\}
%文字を小さくする。
%\newcommand{\sss}[1]{{\tiny #1}}
\usepackage{enumerate}
\usepackage{url}
%\usepackage{html}
\usepackage{eclbkbox}
\usepackage{eclclass}

\newenvironment{qt}{
\vspace{1zh}
\begin{breakbox}
\begin{quote}\footnotesize
}{
\end{quote}
\end{breakbox}
\vspace{2zh}}

\title{刑事事件に対する再捜査の要望申立書}
\author{廣野秀樹\thanks{石川県鳳珠郡能登町宇出津山分1-60}}
\date{}
\renewcommand{\postpartname}{}
\renewcommand{\prepartname}{}
% \\[2ex]% 2行分の空行を入れる。
\usepackage[dvipdfm,
% colorlinks=true,
bookmarks=true,
bookmarksnumbered=false,
bookmarkstype=toc]{hyperref}
% 日本語しおりが字化けしないために
%\AtBeginDvi{\special{pdf:tounicode EUC-UCS2}}

\parindent = 0pt

\begin{document}

\maketitle
\begin{flushright}
\today
\end{flushright}

\begin{flushleft}
〒920-8553 石川県金沢市鞍月1丁目1番地\\
\large{石川県警察本部長殿}\\
\end{flushleft}

\vspace{2.0cm}

\begin{flushright}
〒927-0431 石川県鳳珠郡能登町字宇出津山分10-3\\
申立人 廣野秀樹\\
\end{flushright}
\vspace{1.0cm}

申立人を被疑者として、平成4年4月、金沢西警察署が行った傷害・準強姦の被疑
事件の取り調べ及び捜査には、左記の通り、極めて重大かつ深刻な欠陥及び不備
があり、不当な人権侵害とともに、不正な侵害行為を行った関係者らに不当な利
益を与えているので、事実に即した公正妥当な法的救済、法的解決の大前提とし
て、真相の解明に向けた事件の再捜査を求めます。

\vspace{1.0cm}

\begin{center} 記 \end{center}

\newpage

\setcounter{tocdepth}{4}

\tableofcontents

\newpage

\include{work/work}

\end{document}

Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 03:01| Comment(0) | TrackBack(0) | LaTeX

マインドマップvymからTexファイルを生成

あらかじめプリアンブルの出来たindex.texというファイルがあることが前提です。includeコマンドで、vymからエクスポートされ、スクリプトで変換処理を施したTexファイルを読み込んでいます。


vymファイル
vym-kennkei_20091113
vym-kennkei_20091113 posted by (C)hirono-hideki

スクリプトファイルの内容
#!/bin/sh

WORKFILE=$1
FILE=${1%.*}
DIR=`pwd`
WORKDIR=$DIR/work
if [ !  -d $WORKDIR ]; then
    mkdir ./work
fi

if [ ! -f $DIR/index.tex ]; then
    echo "index.texが存在しません。"
    exit 1
fi

cat $WORKFILE | perl -ne 'unless (/^\.+\{.+\}$/) { s/(.+)/$1\\/;
        s/#/\#/g;
        s/%/\%/g;
        s/_/\_/g;
        s/\{/\\{/g;
        s/>/\>/g;
        s/\^/\verb\|\^\|/g;
        s/~/\verb\|~\|/g;
        s/\|/\verb\+\|\+/g;
        s/\verb\|<\|/g;
        s/\}/\\}/g;
        s/&/\&/g;}

        print;' > $DIR/work/work.tex


     cat $DIR/work/work.tex |
     awk '{if(/^\.+\{.+\}$/){sub(/>/,")"); sub(/
     {if(/^\chapter/){sub(/\chapter/, "\section")}
            else if(/^\section/){sub(/\section/, "\subsection")}
            else if(/^\subsection/){sub(/\subsection/, "\subsubsection")}
            else if(/^\subsubsection/){sub(/\subsubsection/, "\paragraph")}}
            {print;}' > ./work/tmp.file

            mv $DIR/work/tmp.file  $DIR/work/work.tex

nkf -e --overwrite $DIR/work/work.tex
perl -i -pe  's/##########/work\/work/' "$DIR/index.tex"




生成されたPDFファイル
pdf-kennkei_20091113
pdf-kennkei_20091113 posted by (C)hirono-hideki

Powered by ScribeFire.

LaTeXの特殊文字

LaTeXの特殊文字
LaTeXの特殊文字

 参考にさせていただきました。

 ケースごとに試していないので、十分かどうかわからないのですが、Perlで次のような変換処理を作りました。

cat $WORKFILE | perl -ne 'unless (/^\\.+\{.+\}$/) { s/(.+)/$1\\\\/;
        s/#/\\#/g;
        s/%/\\%/g;
        s/_/\\_/g;
        s/\{/\\\{/g;
        s/>/\\>/g;
        s/\^/\\verb\|\^\|/g;
        s/~/\\verb\|~\|/g;
        s/\|/\\verb\+\|\+/g;
        s/</\\verb\|<\|/g;
        s/\}/\\\}/g;
        s/&/\\&/g;}

        print;' > $DIR/work/work.tex


 awkのなかでは、|のエスケープは必要ないみたいでした。Perlとawkの正規表現は違っているはずだと思いますが、その都度、適当にやっているので、正確にわかっていません。ただ、sedでは(や)にエスケープが必要なのに、Perlは不要なのは最近になってはっきり覚えました。

     awk '{if(/^\\.+\{.+\}$/){sub(/>/,")"); sub(/</,"(");}}
     {if(/^\\chapter/){sub(/\\chapter/, "\\section")}
            else if(/^\\section/){sub(/\\section/, "\\subsection")}
            else if(/^\\subsection/){sub(/\\subsection/, "\\subsubsection")}
            else if(/^\\subsubsection/){sub(/\\subsubsection/, "\\paragraph")}}
            {print;}' > ./work/tmp.file




Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 01:43| Comment(0) | TrackBack(0) | プログラミング