-->
./
<!-- フラ&#65533;ュが見れな&#65533;のためにここに何か書&#65533; --> フラ&#65533;ュがインス&#65533;&#65533;ルされて&#65533;&#65533;たいで&#65533;&#65533;&#65533;

2009年11月06日

検察審査会 助言する弁護士の役割は重い(読売新聞) - goo ニュース

検察審査会 助言する弁護士の役割は重い(読売新聞) - goo ニュース
 殺人事件で不起訴になった元保母が、不起訴不当の議決を受けて再捜査した検察に、再び逮捕、起訴され、20年以上の審理の末に無罪が確定した例もある。「両刃の剣」を使いこなすには、補佐役の弁護士の役割が重要になろう。  このため、日本弁護士連合会などは弁護士の研修を始めている。審査員の判断を尊重しつつ、証拠の見方や法律の解釈を的確に伝えられるよう研さんしてほしい。  審査会は、告訴・告発人や犯罪被害者への対応など、検察の組織運営について改善を求める建議・勧告も地検検事正に出せるが、全国で数年に1件だ。  その充実のため、改正法では建議・勧告を受けた検事正は、改善措置の内容などを審査会に通知する義務が盛り込まれた。  国民の司法参加が進む時代に、社会の耳目を集めた事件の捜査結果について、検察の説明責任はどうあるべきか。そうした点なども積極的に提言してもらいたい。

 名高い冤罪事件で検察の捜査についても批判の強かった、あの事件のことだと思いますが、不起訴不当の議決を経ていたとは、自分自身、気がついていなかったようです。この事件の裁判については、以前かなり詳細な内容の経過を何度か読んだことがあったからです。  確か、被告人に有利な証言をした証人を検察が偽証罪で強引に立件したような問題もあったような気がします。

Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 15:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 検察

検察OBが「組織の論理」に閉じこもり、社会・経済の構造変化から立ち後れる「検察の正義」を問い直す

特捜の看板には無理がある——『検察の正義』を書いた郷原信郎氏(弁護士、名城大学教授)に聞く(1) | 書評 | 投資・経済・ビジネスの東洋経済オンライン
 理学部出身、独学で司法試験に合格し、「引きずり込まれた」検察の世界で23年。その検察OBが「組織の論理」に閉じこもり、社会・経済の構造変化から立ち後れる「検察の正義」を問い直す。

 私のブログで取り上げる問題は特捜部が手掛けるような事件とは、関連性も乏しそうですが、特捜部が検察の看板だとすると、やはり通じるところ、繋がるところはあるように思えます。

Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 15:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 検察