-->
./
<!-- フラ&#65533;ュが見れな&#65533;のためにここに何か書&#65533; --> フラ&#65533;ュがインス&#65533;&#65533;ルされて&#65533;&#65533;たいで&#65533;&#65533;&#65533;

2009年10月30日

「過労死 遺族の長い闘い」:イザ!<労災>

「過労死 遺族の長い闘い」:イザ!
 厚生労働省の統計では、過労が原因で鬱病などの精神疾患にかかり労災認定された自殺者(未遂を含む)は、平成20年度で66人と過去2番目に多かった。脳・心臓疾患で死亡し、認定された人は158人。いずれも高止まりが続く。  しかもこの数字は氷山の一角だ。認定者以外にどれだけ過労死しているか、正確には分からない。一説には1万人以上という推計もある。  労働基準監督署で認められないと、労災審査官への審査請求、労働保険審査会に対する再審査請求と進み、なおも覆らなければ行政訴訟になる。最高裁まで行けば10年以上かかるケースも珍しくない。  遺族にとってもよほどの決意がなければ高いハードルとなり、手続きが複雑な労災認定をあきらめる遺族は多い。       ◇  今月19日夜、大阪市阿倍野区の弁護士事務所で開かれた「大阪過労死を考える家族の会」の例会で、出席したある遺族が悩みを漏らした。  「過重労働があったのは間違いないけど、上司のパワハラはもっとひどかった。ただ、正直に証言してくれる同僚がいない」  会社の業務で死に至ったという当然の「真実」を事実と証明するには、同僚や上司の証言、出退勤を記録するタイムカードなどの客観的な証拠を、遺族自身が集めねばならない。  それは実に辛い作業だ。懸命に働いた家族を助けられなかった悔恨の念にさらされ、一方で周囲の人間の冷たさを知る。  労災認定までに、家族を失った悲しみと同じだけ、あるいはそれ以上の苦しみを味わうことにもなる。  大阪家族の会には遺族ら70人、弁護士、労働組合のメンバーなどの支援者30人の計100人が登録し、月に1度の例会では遺族の近況報告に時間が割かれ、それぞれの体験をもとにした助言が交わされている。  この日の例会で、悩みを漏らした遺族に対し、8年に夫を過労自殺で亡くした全国家族の会代表の寺西笑子(60)がこう応じた。  「当時の本人の様子をよく思い出すこと。過労自殺の場合は、必ず会社の裏切り行為があるから」  辛いことを求めているようにも聞こえるだろう。寺西自身も、その苦しみを知っているはずだ。それでもなお、寺西はアドバイスをしなければならない理由があると思っている。  「仕事のせい、会社のせいと主張しながら、遺族は必ず自分を責めて一生を過ごす。私たちは二度と犠牲者を出したくないんです」        (敬称略)

 いろいろと参考なる問題です。

Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 11:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会

[zip]UNIXのコマンドを使ってzipアーカイブを作成

zipコマンドオプションの参考
http://it.kndb.jp/entry/show/id/868


 -Aオプションで自己解凍の圧縮アーカイブの作成を指定。-@でファイル名を標準入力から受け取るので、パイプで引き渡し。
FU:[zip-test]% locate '*ruby*.elc'|zip -A -@ test.zip
  adding: apps/emacs/share/emacs/23.1.50/lisp/progmodes/ruby-mode.elc (deflated 65%)
  adding: apps/emacs/share/emacs/site-lisp/w3m/sb-ruby.elc (deflated 58%)
  adding: home/fedu/src/emacs/lisp/progmodes/ruby-mode.elc (deflated 65%)
  adding: usr/local/emacs/share/emacs/site-lisp/w3m/sb-ruby.elc (deflated 58%)
  adding: usr/share/emacs/site-lisp/ruby-mode/inf-ruby.elc (deflated 62%)
  adding: usr/share/emacs/site-lisp/ruby-mode/rdebug.elc (deflated 58%)
  adding: usr/share/emacs/site-lisp/ruby-mode/ruby-electric.elc (deflated 62%)
  adding: usr/share/emacs/site-lisp/ruby-mode/ruby-mode.elc (deflated 65%)
  adding: usr/share/emacs/site-lisp/ruby-mode/rubydb2x.elc (deflated 58%)
  adding: usr/share/emacs/site-lisp/ruby-mode/rubydb3x.elc (deflated 58%)
  adding: usr/share/emacs/site-lisp/w3m/sb-ruby.elc (deflated 58%)
  adding: usr/share/xemacs/xemacs-packages/lisp/riece/riece-eval-ruby.elc (deflated 53%)
  adding: usr/share/xemacs/xemacs-packages/lisp/riece/riece-ruby.elc (deflated 64%)
  adding: usr/share/xemacs/xemacs-packages/lisp/ruby-modes/auto-autoloads.elc (deflated 48%)
  adding: usr/share/xemacs/xemacs-packages/lisp/ruby-modes/custom-defines.elc (deflated 61%)
  adding: usr/share/xemacs/xemacs-packages/lisp/ruby-modes/custom-load.elc (deflated 42%)
  adding: usr/share/xemacs/xemacs-packages/lisp/ruby-modes/inf-ruby.elc (deflated 60%)
  adding: usr/share/xemacs/xemacs-packages/lisp/ruby-modes/ruby-mode.elc (deflated 55%)
  adding: usr/share/xemacs/xemacs-packages/lisp/ruby-modes/rubydb3x.elc (deflated 51%)


 圧縮アーカイブの内容を確認
FU:[zip-test]% unzip -l test.zip
Archive:  test.zip
  Length     Date   Time    Name
 --------    ----   ----    ----
    35400  10-16-09 12:02   apps/emacs/share/emacs/23.1.50/lisp/progmodes/ruby-mode.elc
     5520  10-16-09 12:27   apps/emacs/share/emacs/site-lisp/w3m/sb-ruby.elc
    35400  10-16-09 12:02   home/fedu/src/emacs/lisp/progmodes/ruby-mode.elc
     5520  12-19-06 17:48   usr/local/emacs/share/emacs/site-lisp/w3m/sb-ruby.elc
    10073  10-08-08 23:04   usr/share/emacs/site-lisp/ruby-mode/inf-ruby.elc
     4003  10-08-08 23:05   usr/share/emacs/site-lisp/ruby-mode/rdebug.elc
     6281  10-08-08 23:05   usr/share/emacs/site-lisp/ruby-mode/ruby-electric.elc
    29332  10-08-08 23:05   usr/share/emacs/site-lisp/ruby-mode/ruby-mode.elc
     3857  10-08-08 23:05   usr/share/emacs/site-lisp/ruby-mode/rubydb2x.elc
     4082  10-08-08 23:05   usr/share/emacs/site-lisp/ruby-mode/rubydb3x.elc
     5520  12-19-06 17:48   usr/share/emacs/site-lisp/w3m/sb-ruby.elc
     2206  06-20-08 00:32   usr/share/xemacs/xemacs-packages/lisp/riece/riece-eval-ruby.elc
     9763  06-20-08 00:32   usr/share/xemacs/xemacs-packages/lisp/riece/riece-ruby.elc
     2159  06-20-08 00:32   usr/share/xemacs/xemacs-packages/lisp/ruby-modes/auto-autoloads.elc
     2532  06-20-08 00:32   usr/share/xemacs/xemacs-packages/lisp/ruby-modes/custom-defines.elc
      819  06-20-08 00:32   usr/share/xemacs/xemacs-packages/lisp/ruby-modes/custom-load.elc
     9526  06-20-08 00:32   usr/share/xemacs/xemacs-packages/lisp/ruby-modes/inf-ruby.elc
    14836  06-20-08 00:32   usr/share/xemacs/xemacs-packages/lisp/ruby-modes/ruby-mode.elc
     3438  06-20-08 00:32   usr/share/xemacs/xemacs-packages/lisp/ruby-modes/rubydb3x.elc
 --------                   -------
   190267                   19 files

 作業ディレクトリの状態を確認
FU:[zip-test]% ls
test.zip


 findコマンドでパイプに送り、xargsコマンドで取り出したファイルをアーカイブに追加
FU:[zip-test]%  find ~/web-page -name '*.html' -print0 | xargs -0 -i zip -A test.zip {}
  adding: home/fedu/web-page/motokenn-yabelab-blog/teacher-yabe.html (deflated 71%)
  adding: home/fedu/web-page/motokenn-yabelab-blog/福岡3児死亡事故地裁判決.html (deflated 70%)
  adding: home/fedu/web-page/otiai-hatena-blog/須賀川の柔道事故、9カ月ぶり捜査再開.html (deflated 74%)
  adding: home/fedu/web-page/otiai-hatena-blog/今年初めての警察署長会議.html (deflated 76%)
  adding: home/fedu/web-page/otiai-hatena-blog/20080117犯罪の実態がわかっていない「有識」なるものが考え出す.html (deflated 75%)
  adding: home/fedu/web-page/otiai-hatena-blog/南日本新聞の記事を盗用、回収へ 辻前衆院議員の著作 志布志・県議選事件.html (deflated 75%)
  adding: home/fedu/web-page/Help/network/netconfig.html (deflated 76%)
  adding: home/fedu/web-page/imaeda-yahoo-blog/メタボ弁護士 せっぱ詰まる.html (deflated 66%)
  adding: home/fedu/web-page/imaeda-yahoo-blog/昨年の死刑判決46件 1980年以降最多.html (deflated 65%)
  adding: home/fedu/web-page/imaeda-yahoo-blog/佐賀の女性殺しえん罪事件 警察が鑑定書をねつ造?.html (deflated 65%)
  adding: home/fedu/web-page/imaeda-yahoo-blog/危険運転致死罪の適用せず.html (deflated 65%)
  adding: home/fedu/web-page/imaeda-yahoo-blog/風見しんごさん 娘の死につき執筆・出版へ.html (deflated 64%)


 アーカイブの内容を確認
FU:[zip-test]% unzip -l test.zip
Archive:  test.zip
  Length     Date   Time    Name
 --------    ----   ----    ----
    35400  10-16-09 12:02   apps/emacs/share/emacs/23.1.50/lisp/progmodes/ruby-mode.elc
     5520  10-16-09 12:27   apps/emacs/share/emacs/site-lisp/w3m/sb-ruby.elc
    35400  10-16-09 12:02   home/fedu/src/emacs/lisp/progmodes/ruby-mode.elc
     5520  12-19-06 17:48   usr/local/emacs/share/emacs/site-lisp/w3m/sb-ruby.elc
    10073  10-08-08 23:04   usr/share/emacs/site-lisp/ruby-mode/inf-ruby.elc
     4003  10-08-08 23:05   usr/share/emacs/site-lisp/ruby-mode/rdebug.elc
     6281  10-08-08 23:05   usr/share/emacs/site-lisp/ruby-mode/ruby-electric.elc
    29332  10-08-08 23:05   usr/share/emacs/site-lisp/ruby-mode/ruby-mode.elc
     3857  10-08-08 23:05   usr/share/emacs/site-lisp/ruby-mode/rubydb2x.elc
     4082  10-08-08 23:05   usr/share/emacs/site-lisp/ruby-mode/rubydb3x.elc
     5520  12-19-06 17:48   usr/share/emacs/site-lisp/w3m/sb-ruby.elc
     2206  06-20-08 00:32   usr/share/xemacs/xemacs-packages/lisp/riece/riece-eval-ruby.elc
     9763  06-20-08 00:32   usr/share/xemacs/xemacs-packages/lisp/riece/riece-ruby.elc
     2159  06-20-08 00:32   usr/share/xemacs/xemacs-packages/lisp/ruby-modes/auto-autoloads.elc
     2532  06-20-08 00:32   usr/share/xemacs/xemacs-packages/lisp/ruby-modes/custom-defines.elc
      819  06-20-08 00:32   usr/share/xemacs/xemacs-packages/lisp/ruby-modes/custom-load.elc
     9526  06-20-08 00:32   usr/share/xemacs/xemacs-packages/lisp/ruby-modes/inf-ruby.elc
    14836  06-20-08 00:32   usr/share/xemacs/xemacs-packages/lisp/ruby-modes/ruby-mode.elc
     3438  06-20-08 00:32   usr/share/xemacs/xemacs-packages/lisp/ruby-modes/rubydb3x.elc
     9755  07-10-08 23:33   home/fedu/web-page/motokenn-yabelab-blog/teacher-yabe.html
   234841  01-12-08 23:36   home/fedu/web-page/motokenn-yabelab-blog/福岡3児死亡事故地裁判決.html
    39588  01-12-08 23:24   home/fedu/web-page/otiai-hatena-blog/須賀川の柔道事故、9カ月ぶり捜査再開.html
    46469  01-14-08 19:22   home/fedu/web-page/otiai-hatena-blog/今年初めての警察署長会議.html
    48809  01-17-08 23:53   home/fedu/web-page/otiai-hatena-blog/20080117犯罪の実態がわかっていない「有識」なるものが考え出す.html
    63109  01-12-08 23:25   home/fedu/web-page/otiai-hatena-blog/南日本新聞の記事を盗用、回収へ 辻前衆院議員の著作 志布志・県議選事件.html
    13146  07-27-08 10:26   home/fedu/web-page/Help/network/netconfig.html
    15308  01-12-08 23:18   home/fedu/web-page/imaeda-yahoo-blog/メタボ弁護士 せっぱ詰まる.html
    16148  01-14-08 19:27   home/fedu/web-page/imaeda-yahoo-blog/昨年の死刑判決46件 1980年以降最多.html
    16763  01-12-08 23:21   home/fedu/web-page/imaeda-yahoo-blog/佐賀の女性殺しえん罪事件 警察が鑑定書をねつ造?.html
    15922  01-12-08 23:19   home/fedu/web-page/imaeda-yahoo-blog/危険運転致死罪の適用せず.html
    16241  01-12-08 23:20   home/fedu/web-page/imaeda-yahoo-blog/風見しんごさん 娘の死につき執筆・出版へ.html
 --------                   -------
   726366                   31 files


 作業ディレクトリの状態を確認
FU:[zip-test]% ls
test.zip


 アーカイブ展開(解凍)用のディレクトリを作成
FU:[zip-test]% mkdir work



 アーカイブファイルを展開用作業ディレクトリに移動
FU:[zip-test]% mv test.zip work/


 展開作業用のディレクトリに移動
FU:[zip-test]% cd work/


 zipアーカイブを展開(解凍)
FU:[work]% unzip test.zip
Archive:  test.zip
  inflating: apps/emacs/share/emacs/23.1.50/lisp/progmodes/ruby-mode.elc 
  inflating: apps/emacs/share/emacs/site-lisp/w3m/sb-ruby.elc 
  inflating: home/fedu/src/emacs/lisp/progmodes/ruby-mode.elc 
  inflating: usr/local/emacs/share/emacs/site-lisp/w3m/sb-ruby.elc 
  inflating: usr/share/emacs/site-lisp/ruby-mode/inf-ruby.elc 
  inflating: usr/share/emacs/site-lisp/ruby-mode/rdebug.elc 
  inflating: usr/share/emacs/site-lisp/ruby-mode/ruby-electric.elc 
  inflating: usr/share/emacs/site-lisp/ruby-mode/ruby-mode.elc 
  inflating: usr/share/emacs/site-lisp/ruby-mode/rubydb2x.elc 
  inflating: usr/share/emacs/site-lisp/ruby-mode/rubydb3x.elc 
  inflating: usr/share/emacs/site-lisp/w3m/sb-ruby.elc 
  inflating: usr/share/xemacs/xemacs-packages/lisp/riece/riece-eval-ruby.elc 
  inflating: usr/share/xemacs/xemacs-packages/lisp/riece/riece-ruby.elc 
  inflating: usr/share/xemacs/xemacs-packages/lisp/ruby-modes/auto-autoloads.elc 
  inflating: usr/share/xemacs/xemacs-packages/lisp/ruby-modes/custom-defines.elc 
  inflating: usr/share/xemacs/xemacs-packages/lisp/ruby-modes/custom-load.elc 
  inflating: usr/share/xemacs/xemacs-packages/lisp/ruby-modes/inf-ruby.elc 
  inflating: usr/share/xemacs/xemacs-packages/lisp/ruby-modes/ruby-mode.elc 
  inflating: usr/share/xemacs/xemacs-packages/lisp/ruby-modes/rubydb3x.elc 
  inflating: home/fedu/web-page/motokenn-yabelab-blog/teacher-yabe.html 
  inflating: home/fedu/web-page/motokenn-yabelab-blog/福岡3児死亡事故地裁判決.html 
  inflating: home/fedu/web-page/otiai-hatena-blog/須賀川の柔道事故、9カ月ぶり捜査再開.html 
  inflating: home/fedu/web-page/otiai-hatena-blog/今年初めての警察署長会議.html 
  inflating: home/fedu/web-page/otiai-hatena-blog/20080117犯罪の実態がわかっていない「有識」なるものが考え出す.html 
  inflating: home/fedu/web-page/otiai-hatena-blog/南日本新聞の記事を盗用、回収へ 辻前衆院議員の著作 志布志・県議選事件.html 
  inflating: home/fedu/web-page/Help/network/netconfig.html 
  inflating: home/fedu/web-page/imaeda-yahoo-blog/メタボ弁護士 せっぱ詰まる.html 
  inflating: home/fedu/web-page/imaeda-yahoo-blog/昨年の死刑判決46件 1980年以降最多.html 
  inflating: home/fedu/web-page/imaeda-yahoo-blog/佐賀の女性殺しえん罪事件 警察が鑑定書をねつ造?.html 
  inflating: home/fedu/web-page/imaeda-yahoo-blog/危険運転致死罪の適用せず.html 
  inflating: home/fedu/web-page/imaeda-yahoo-blog/風見しんごさん 娘の死につき執筆・出版へ.html

 展開ディレクトリの状態を確認
FU:[work]% ls
apps  home  test.zip  usr


 treeコマンドでディレクトリの階層状況を確認
FU:[work]% tree
.
|-- apps
|   `-- emacs
|       `-- share
|           `-- emacs
|               |-- 23.1.50
|               |   `-- lisp
|               |       `-- progmodes
|               |           `-- ruby-mode.elc
|               `-- site-lisp
|                   `-- w3m
|                       `-- sb-ruby.elc
|-- home
|   `-- fedu
|       |-- src
|       |   `-- emacs
|       |       `-- lisp
|       |           `-- progmodes
|       |               `-- ruby-mode.elc
|       `-- web-page
|           |-- Help
|           |   `-- network
|           |       `-- netconfig.html
|           |-- imaeda-yahoo-blog
|           |   |-- メタボ弁護士 せっぱ詰まる.html
|           |   |-- 佐賀の女性殺しえん罪事件 警察が鑑定書をねつ造?.html
|           |   |-- 危険運転致死罪の適用せず.html
|           |   |-- 昨年の死刑判決46件 1980年以降最多.html
|           |   `-- 風見しんごさん 娘の死につき執筆・出版へ.html
|           |-- motokenn-yabelab-blog
|           |   |-- teacher-yabe.html
|           |   `-- 福岡3児死亡事故地裁判決.html
|           `-- otiai-hatena-blog
|               |-- 20080117犯罪の実態がわかっていない「有識」なるものが考え出す.html
|               |-- 今年初めての警察署長会議.html
|               |-- 南日本新聞の記事を盗用、回収へ 辻前衆院議員の著作 志布志・県議選事件.html
|               `-- 須賀川の柔道事故、9カ月ぶり捜査再開.html
|-- test.zip
`-- usr
    |-- local
    |   `-- emacs
    |       `-- share
    |           `-- emacs
    |               `-- site-lisp
    |                   `-- w3m
    |                       `-- sb-ruby.elc
    `-- share
        |-- emacs
        |   `-- site-lisp
        |       |-- ruby-mode
        |       |   |-- inf-ruby.elc
        |       |   |-- rdebug.elc
        |       |   |-- ruby-electric.elc
        |       |   |-- ruby-mode.elc
        |       |   |-- rubydb2x.elc
        |       |   `-- rubydb3x.elc
        |       `-- w3m
        |           `-- sb-ruby.elc
        `-- xemacs
            `-- xemacs-packages
                `-- lisp
                    |-- riece
                    |   |-- riece-eval-ruby.elc
                    |   `-- riece-ruby.elc
                    `-- ruby-modes
                        |-- auto-autoloads.elc
                        |-- custom-defines.elc
                        |-- custom-load.elc
                        |-- inf-ruby.elc
                        |-- ruby-mode.elc
                        `-- rubydb3x.elc

38 directories, 32 files


 通常の使い方
zip -A (作成するアーカイブファイル名) (追加するファイルやディレクトリ)

 ディレクトリを指定して、再帰的に取り込むには「-r」オプションを付けます。「-rA」でもいけます。unzipコマンドで解凍する分には、-Aオプションで自己解凍形式にしなくても違いはないみたいです。自己解凍というとWindowsのexeファイルを思い浮かべるのですが、unzipコマンドがなくてもアイコンのダブりクリックで解凍出来るのでしょうか。
 もっともWindowsXPでもzipであれば、ファイルを右クリックして出るメニューの中から標準で解凍できたと思います。
 Windowsパソコンでもフリーの解凍ソフトをインストールしてあれば、tarやbzip2も扱えるはずですが、どこでも誰でも扱えそうと言うことで、今までソフトの解凍作業意外に余り使ってこなかったzipを扱うようにしました。
 調べてみると、便利なオプションもずいぶん揃っているようです。

Powered by ScribeFire.



posted by hirono at 01:02| Comment(0) | TrackBack(0) | UNIX/Linux

2009年10月29日

飯塚事件で再審請求=DNA鑑定「判定誤り」−足利と同じ手法・福岡地裁

飯塚事件で再審請求=DNA鑑定「判定誤り」−足利と同じ手法・福岡地裁(時事通信) - Yahoo!ニュース
0月28日16時45分配信 時事通信  福岡県飯塚市で1992年、小学1年の女児2人が殺害された飯塚事件で、死刑が執行された久間三千年元死刑囚=当時(70)=の妻(62)が28日、福岡地裁に再審請求した。同事件では、再審が開始された足利事件と同じ手法で行われたDNA型鑑定が証拠として採用されており、鑑定結果に対する判断が注目される。  弁護団は、「捜査段階の鑑定は血液型やDNA型の判定を誤っている」などとする専門家の鑑定書を提出。「久間元死刑囚と犯人とは一致せず、無実は明らか」として再審開始を求めた。


Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 刑事裁判

業務上横領:財団の預金着服、容疑で元弁護士を逮捕−−金沢地検 /石川

業務上横領:財団の預金着服、容疑で元弁護士を逮捕−−金沢地検 /石川(毎日新聞) - Yahoo!ニュース
10月28日16時0分配信 毎日新聞  破産者の金銭を管理する口座から現金を着服したとして、金沢地検は27日、福井県勝山市、元金沢弁護士会弁護士、山口民雄容疑者(39)を業務上横領の疑いで逮捕した。容疑を認めている。  容疑は、小松市内で弁護士業を営んでいた昨年10月29日と11月21日、破産管財人として管理していた破産者の男性の破産財団の預金から計72万円を引き出し着服したというもの。金沢地裁が今年3月に告発した。  金沢弁護士会の北川忠夫会長は「事実なら、弁護士全体に対する信頼をゆるがせにするもので、許し難い事態」とコメント。同弁護士会も今年3月、山口容疑者が依頼者にうそをついて手続き費用約80万円をだまし取ったとして詐欺と有印公文書偽造・同行使の疑いで告発している。山口容疑者は日本弁護士連合会に登録の取り消しを求め、今年6月末、弁護士資格を失った。【宮嶋梓帆】 10月28日朝刊
 見覚えのある名前ですが、前にも受任した事件を放置したとかで、懲戒処分を受けていたと思います。

Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 弁護士

検事採用情報ホームページ

検事を志す皆さんへ
検察官は,刑事事件について,捜査及び起訴・不起訴の処分を行い,裁判所に法の正当な適用を請求し,裁判の執行を指揮監督するなどの権限を持っているほか,公益の代表者として民法等各種の法律により数多くの権限を与えられています。

検察は,国家社会の治安維持に任ずることを目的とするものであり,検察権の行使に当たって,常に不偏不党,厳正公平を旨とし,また,事件処理の過程では人権を尊重すべきことを基本としています。


このページでは,法科大学院在学中の方などを対象に,検事の職務内容などの紹介や,採用に関する情報の提供をしています。


Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 20:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 検察

〜検事を志す皆さんへ〜検事総長からのメッセージ

検事総長からのメッセージ
検事の職務の中心は,皆さんがよくご存知のように,検察官検事として,刑事事件の捜査・公判を遂行することにあります。

そして,その職務を遂行していくためには,強い正義感とともに健全な社会常識,責任感,倫理観を有していることが求められ,さらに,積極性,向上心,知的好奇心,素直さ,忍耐力,柔軟性,コミュニケーション能力,組織適応力,バランス感覚などが必要となります。

このことをもう少し具体的にお話しますと,検察官は,警察等の第一次捜査機関と協力しながら犯罪捜査を行い,集めた証拠に基づいて事実認定を行い,その事実に法を適用し,起訴・不起訴の決定をします。これは起訴便宜主義によるもので,検察官の重要な職務です。検事は,犯罪を立証して処罰することのみを職務にしている,と思っている方も多いのではないかと思います。もちろん,事件の真相を解明し,適正な量刑を得て処罰をすることは,安全で安心な社会,秩序の維持に大切なことであり,凶悪犯罪には厳しい態度で立ち向かっていく必要があります。しかし,犯罪は多種多様であり,刑事罰を科すことがもっとも望ましいといえる場合だけではありません。犯罪の軽重,被害者の処罰感情,被害回復や慰謝の状況,再犯の可能性などさまざまな要素を勘案して起訴しない処分をすることも決して少なくありません。

ちなみに,平成20年における検察官処理にかかる交通違反・交通事故事件を除いた事件のうち,不起訴となったものは,約51.4パーセント,起訴されたもののうち,略式請求になったものは,約17.6パーセントで,公判請求になったものは,約31パーセントとなっています。

このように,検事は,捜査を行い,真相を明らかにするとともに,それぞれの事件に即して,適切妥当な処分を行うという大変重要かつ重い任務を行っています。さらに,公判請求した事件については,適正妥当な判決を確保するための公判活動を行い,判決確定後は,裁判が正当に執行されるように指揮監督を行なうなど,刑事司法の中心的役割を担っています。

したがって,検事には,積極的に,自ら真相を解明したいという情熱はもちろん,被疑者をはじめとする事件関係者と胸襟を開いて話をすることのできるコミュニケーション能力,適切な判断を行なうための知識・判断力等が求められます。また,限られた時間の中で,複雑,重大な事件の捜査・公判を行うこともありますが,そのような場合は,一人の力では限界があり,大きな成果を挙げるためには,共同捜査・公判の共同立会を行うことが不可欠であり,そのような場合には,チームワークが必要となってきます。

また,検事は,検察官としての職域にとどまらず,幅広い職域で求められ,現に活躍しています。

その一例を挙げれば,「政府の法律家」として刑事司法等の分野での法令等の立案などに関与したり,アジア諸国等への法整備支援を行ったり,外務省・国連の機関など多くの他の組織への出向があります。

このように,検事は,検察官検事として,刑事司法における中心的役割を担っているとともに,国の内外で多方面おいて,その知識経験を生かして活躍しており,その活躍の場はますます広がっていくものと思われます。

検察を志す皆さんが,仲間として加わり,そのフレッシュで柔軟な感性によって,検察に新たの息吹を注入してくれることを大いに期待しています。


Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 検察

[Perl]指定したディレクトリを辿って条件に合ったファイルのリストを作成

シェルのfindコマンドやコマンドをパイプで繋いだ方が、簡単そうですが、Perlの勉強をかねてやってみました。ずいぶん時間が掛かりましたが漏れなくうまくいったみたいです。スクリプトを作った方が、すっきり簡単なはずですが、あえてコマンドラインでやってみました。
 1行が長くなりすぎるので強制改行を行っており、2行目の頭にある>は、第二プロンプトの表示です。
 絞り込みの条件は「2009xxxx」という日付を表す書式が拡張子の直前にあるjpeg画像ファイルです。
 なぜ、こんなスクリプトを作ろうかと思ったかというと、zipコマンドで所定の条件に当て嵌まるファイルのアーカイブを作りのが目的でした。

u8w@u8w-desktop:~$ perl -MFile::Find -e \
> 'find(sub {print "$File::Find::name\n"  if $File::Find::name  =~ /([0-9a-zA-Z\/_-])*\/([0-9a-zA-Z_-])*2009\d{4}\.jp[e]?g$/}, ".");'
./xfyBlogEditor/thumbu9-xfy_20091018.jpeg                                                                                           
./kokuso/google-site/analytics_sites-google_20090220-20090322.jpg                                                                   
./kokuso/jpegs/trends-google-20090402.jpeg                                                                                          
./kokuso/jpegs/Analyics-sites_google-20090401.jpeg                                                                                  
./kokuso/jpegs/Analyics-cocolog-20090401.jpeg                                                                                       
./kokuso/jpegs/20090331/nakayama-blog-20090313.jpeg                                                                                 
./kokuso/jpegs/20090331/digikam-20090321.jpeg                                                                                       
./kokuso/jpegs/20090331/mapae_20090327.jpeg                                                                                         
./画像/suzuka-20090427.jpg                                                                                                          
./画像/hatena-photo/google-sites_20090510.jpeg
(以下省略)

Powered by ScribeFire.

[Perl]コマンドラインでの実行をスクリプト化で確認

一行野郎(one-liner)はperlにおまかせ
-MO=Deparseでスクリプト化

ここで、-MO=Deparseも覚えておきましょう。perlにはさまざまなコマンドラインスイッチがあるので、複雑なものを利用した場合、実際に実行されるコードがどうなっているのかわかりにくくなったりしますが、これを使えば「もしコマンドラインではなく、スクリプトだったらどうなるか」を確認することできます。



 これはPerlをコマンドラインで使う上で、大きな発見を頂きました。
 次のようにコマンドラインから実行するとうまくいかず、変数展開がおかしいと疑っていたのですが、おかげで確認が出来ました。
u8w@u8w-desktop:~$ perl  -MO=Deparse -MFile::Find  -le  "find(\&xxx, './'); sub xxx{print qq($File::Find::name\n);}"
BEGIN { $/ = "\n"; $\ = "\n"; }
use File::Find;
find(\&xxx, './');
sub xxx {
    print "::Find::name\n";
}
-e syntax OK

 「\$File::Find::name」と変数名の頭をエスケープするとうまく行きました。
perl -e '$a="XXX"; print qq($a\n);'
のような通常の使い方の場合問題は出ないのですが、モジュールの変数を参照するときに「::」が含まれているのでおかしなことになるみたいです。時間を掛けて探し回ったのですが、解決方法は見つからず困っていました。



Powered by ScribeFire.

Windows LiveをLinuxで使う

ホーム - Windows Live

 WindowsXPはLinuxのVMware Playerから起動して使っていることもあり、これまで余り利用していなかったのですが、LinuxのFirefoxからもほとんど遜色なく使えることに気がつきました。違いといえばファイルをアップロードする際、マウスでのドラッグアンドドロップを使えない点ですが、これはWindowsXP環境でもブラウザがInternet Explorer以外であれば同じみたいです。メールソフトも使えるのでより便利になりました。
 ディスクスペースにファイルをアップロードするときファイルを一つずつしか指定できませんが、これはWindowsパソコンでも同じみたいです。

25Gのディスクスペース
windows-live_20091029
windows-live_20091029 posted by (C)hirono-hideki

Powered by ScribeFire.

警察の組織ぐるみの「過失」は明白、「組織を守る側」特有の視点

■法、刑事裁判、言語を考える
■副署長の過失は十分に構成できる/警察の組織ぐるみの「過失」は明白  検察庁の説明は納得できない。副署長は警備計画策定段階から歩道橋対策の不十分さを認識し計画の見直しを指示すべき責任があったし、事故直前にも警察署内で自らモニターで現場の状況を確認し、通信などの報告の検討を通じて事故の危険を容易に予測できた。だが、これをしていない。この点こそ重大な過失である。しかも、事故の危険を察知した上で署長や現場の地域官に的確な助言をし、場合によりみずから現場の部隊に命令を出すなど事故を防止するためにとることのできた手段はいくらでもあった。雑踏事故を警察組織として防ぐべき立場にある責任者の姿勢としてなにもしなかった副署長の態度はずさん極まりない。これを過失に問えないとする検察庁の判断は不当である。 ■二度目の検察審査会、「起訴議決」への期待/市民良識が活きるとき。  今後、二度目の検察審査会が開かれて再度不起訴処分を市民が検討することとなる。11名の市民の多数が再度「起訴相当」と判断すれば、今度は「起訴議決」を行なう。この市民の判断がそのまま公訴提起と同じ効力を持つ。  検察官が長年独占してきた「公訴」の壁を市民の判断で破るときが近づいている。裁判員裁判と並ぶ市民の新しい重責を果たすことが期待される。「市民主義」時代の第2の幕開けといってよい。 ■「組織犯罪」で市民が犠牲になることは許してはならない。  2度目の検察審査会では、プロの法律家と異なる視点で過失の成否を検討してほしい。  その場合、市民が警察組織に期待するものがなにかという視点も是非加えてほしい。検察官も官僚機構の側にいる法律のプロである。このため、警察内部の権限配分や署長と副署長の間の上下関係、地域官に現場指揮を委ねたことへの配慮等など「組織を守る側」特有の視点で組織犯罪ー組織の「過失」を見る癖がついている。  しかし、市民社会が期待するのは、「組織としての警察が一丸となって雑踏警備を防ぐこと」である。これをしなかった事実がある以上、副署長の責任は重い。  当日の歩道橋の状況を写したビデオが紛失した事実も重く見るべきだ。警察官を犯人とする犯罪捜査で迅速で適切な捜査がなされたのかも考慮した上で検察庁が嫌疑不十分とした判断が妥当か検討すべきだ。
 これも参考になるお話しです。

Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 00:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 警察

2009年10月28日

懲役11年。これが裁判員と裁判官の選んだ刑であった。

■法、刑事裁判、言語を考える
■5:懲役11年。これが裁判員と裁判官の選んだ刑であった。
 読売新聞(朝刊、徳島版)09年10月10日は、「裁判員裁判で県内初の判決/『更生』願い温かい言葉=徳島」とする記事中で、判決要旨を次のように紹介している。
************* 
【量刑の理由】母親の言動などに不満を募らせ、衝動的に犯行に及んだ。背景に母親の愛情の欠如や家族の無関心があり、すべてを被告の責任にできないが、被告に甘えや弱さがあったことも否定できない。家を燃やし殺害するという犯行を冷静かつ確実に実行しており、悪質で危険。母親の苦痛や無念さを忘れてはいけない。近隣住民に与えた不安や恐怖も大きい。被告の更生には相当の時間と努力が必要だが、可能性は十分ある。
 刑罰のあり方では、検察官の求刑や弁護人の意見には根拠の十分な説明がない。最善の方法として、殺人事件一般や親を被害者とする殺人事件、現住建造物放火事件の量刑分布を参照して結論を得た。この量刑は、被告の犯罪行為の重大さを明らかにし、罪の重さを自覚させて再犯を防ぐのに最小限必要で、更生機会を与えるには十分だ。
*************
 ただ、明らかに軽い、という感想は避けられない。親殺しだけでも13年〜15年の量刑が妥当ではなかったか。
 これに手段として現住建造物放火が加わる。これも殺人罪と同じ法定刑で処罰される思い量刑理由の概要にもいささか違和感を覚えた。 
 新聞が紹介する量刑理由の大部分を、量刑相場の比較が占めているのも気になる。
 量刑相場は、ひとつの目安であるが、裁判員が拘束されるべきものではない。市民良識のひとつの現れとして尊重はするが、検察官の量刑事情に関する立証のありかたを含めて、吟味すべき点が残るのではないか。


 一般的に刑法の量刑相場が重くなっていると感じていましたが、裁判員裁判になるとこのような結果になることもあるようです。
 昭和の時代は、尊属殺人という条文があり、許される2度の減刑をしても懲役3年にすることが出来ず、従って執行猶予にすることが出来なかったそうです。被告人に汲むべき事情の大きな裁判があって、確か最高裁で、尊属殺人は違憲という判断が下されました。現住建造物放火も下限が殺人罪より重い時代でもありましたが、その両方の罪にあたる事件の裁判で、懲役11年とは格段に軽い刑罰のはずです。

 この裁判のニュースも今回初めて知りました。ただ気になるのは徳島県で行われた初の裁判員裁判ということで、四国たしか徳島だったと思いますが、四国での裁判員裁判はこれまでで最も抽選者の出席率が悪かったという報道はネットで見かけた覚えがあります。出席率が悪かった割に、親身な審理がなされたのかもしれません。


追記:
 思い違いがあったようです。四国初の裁判員裁判で、出席が悪かったのは香川県の裁判だったと思います。たぶん、次の裁判です。
http://blogs.dion.ne.jp/justice_justice/archives/2009-10-1.html
■2:09年09月18日ー読売新聞(朝刊)
□1:「放火罪判決/『みんなで悩んだ』/6人が会見/四国初の裁判員裁判=香川」と題する記事は、高松地裁で行われた四国初の裁判員裁判の結果を紹介する。「納得の3日間」という見出しが、裁判員の充実した評議と自信に満ちた評決であったことを示す。
  「地裁で行われていた四国初の裁判員裁判は17日閉廷した。現住建造物等放火罪や傷害罪などに問われた高松市十川西町、無職道広政明被告(41)に言い渡 された判決は懲役6年(求刑・懲役7年)。「悩んだ」「妥当だと思う」「職務を果たした」。3日間にわたった新しい司法制度による裁判は、審理や判決に市 民感覚を“吸収”し、終了した」。
 懲役6年。これがその結果であった。
 元妻に復縁を迫るDV夫の凶行。元妻に傷害を負わせる一方、自宅に放火。元妻への当てつけというなんとも子供じみた動機。しかし、社会に与えた不安、元妻の抱いた不安感、、、どれも正当化はできない。
 そんな市民の判断について、次のコメントを掲載した。
□2:渡辺修・甲南大法科大学院教授(刑事訴訟法)は「傷害から放火に至る経緯を裁判員は市民の良識、モラルに照らして、一体の犯行と判断したように感じた。被害者の心情を酌みつつ、適切な判断をしたと言える」と感想を述べた。




Powered by ScribeFire.




posted by hirono at 21:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 裁判員制度

弁護人は、「中止未遂」が法律上成立し、必ず減軽をするべき場合にあたると主張

■法、刑事裁判、言語を考える
■2:弁護人は、「中止未遂」が法律上成立し、必ず減軽をするべき場合にあたると主張したという。この点がマスコミなど事件を見守る周辺の人々には、「しろうとである市民裁判員には、わからないのではないか」という心配を巻き起こした理由のひとつであろう。  しかし、よくありがちなこうした裁判員の能力不足を疑う「くろうと」筋の心配事は、要するに、「法律家」の能力不足が原因だとみるのが筋だろう。  殺意がある、現に一般的には人を殺すに足りる殺害行為=果物ナイフで心臓をめがけて左胸を刺して現に刺さる=がある、、、、それ以上、とどめは刺さなかったが、急いで病院に連れて行く、止血をするなど死亡という結果発生を防ぐ努力はまったくしていない。 ■3:現に判決の要旨は次のようなものであったという。 「殺意の発生時期について、弁護人は果物ナイフを示して覚悟を見せるためだったとし、被告 は被害者の女性の言動にキレて刺したなどと供述するが、どんな覚悟か説明できていないし、原因となった女性の言動も覚えていない。そうすると、弁護側の主 張は、われわれの健全な社会常識に照らして、検察官の主張に合理的な疑いを入れるものではなく、被告は事件以前から女性を殺すつもりであったと考えるのが 相当である。  次に中止未遂。果物ナイフの刃体すべてが女性の左胸に刺さったままであれば、一般人は女性が死んでしまうと思う。一般人であれば、 女性を病院に連れて行くが、約9時間、車で連れ回し、最後には女性を残して逃走した。被告は、死の危険性を除去する行為をしておらず、たまたま未遂になっ たというべきで、被告の意思で中止したからではない」。
 人一倍乳房の大きな女性だったのかもしれませんが、果物ナイフの刃体すべてが突き刺さったまま、約9時間も車で連れ回された挙げ句に放置されたそうです。よく死ななかったものだと感心しますが、それに負けないぐらい不可解な主張をする弁護人です。  こういう弁護士がいると、刑事被告人全般に対する信用性まで貶められてしまいそうな気がします。  しかしこの裁判員裁判のニュースは今回初めて知りました。ネットでも見かけませんでしたが、たまたま見落としていたのかもしれません。

Powered by ScribeFire.



posted by hirono at 20:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 裁判員制度

[Perl] Perl実行時の、ワーニング(警告)を出なくする。

第1章 Perl のインストール(UNIX版) [Perl講座 -Smart]
PERL_BADLANG


 bashを使っているので、
export PERL_BADLANG=0
 前にもやっているはずなのですが、忘れてしまい。情報を探すのも時間が掛かってしまいます。
 環境変数LANGがUTF-8の場合、「ja_JP.UTF-8」になっていれば問題は起きないみたいですが、さくらインターネットの場合、他のソフトの関係で、「UTF-8」にしてあるのでまずいみたいですが、別のソフトの方はより深刻な文字化けを起こしていたように思います。どのソフトであったかちょっと思い出せません。2ヶ月も経っていないはずなのですが・・・。あれこれ手が掛かります。

Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 04:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

[Perl]ブログのRSS更新情報をメールで送信

Blog Developer's Cookbook : RSS をメールで送信する
Thu, 23 Oct 2003
RSS をメールで送信する

RSS は Aggregator で読んだり、自分の Blog に張りつけたりと、様々な使用法がありますが、トラディショナルに、お気に入りの MUA (メーラ) で RSS の更新情報をメールで受信したいという欲求もあるでしょう。今回は、RSS を取得して Email で送信するスクリプトをつくってみます。
RSS のパース
RSS のパース処理には、RSS の作成 でも使用した XML::RSS を使用します。XML::RSS は XML::Parser のサブクラスであるため、RSS の文字列を変数やファイルに保存した後、

my $rss = XML::RSS->new();
$rss->parse($doc);
$rss->parsefile($file);

などとしてパースを行わせることができます。パースした RSS の情報は、channel や items などのハッシュから取得できます。
DublinCore: メタデータ
今回作成するスクリプトは、定期的に指定した URL の RSS を取得して、更新情報があったら、設定したメールアドレスに Email を送信するものです。この「更新された時刻」を取得するために、RSS の DublinCore モジュールを使用して判定することにします。

 「ダブリンコア」という用語を検索していて、たまたま見つけました。キャッシュが残っている限り重複した記事の情報を送信しないみたです。

 初めにFedora8でやってみたのですが、XML::RSSとMIME-Liteのモジュールが入っていなかったのでインストール。
XML::RSSは、perl -MCPAN -e shell
で入れましたが、MIME::Liteはエラーが出たので、yumでperl-MIME-Liteをインストールしました。自分の場合このFedora8の環境でも「はてダラ」を使うのにいくつかモジュールを入れていたはずですが、何も入れたことがなければ、もっと沢山のモジュールが必要になるかもしれません。

 さくらーインターネットのサーバでも使ってみましたが、モジュールがすでに揃っているらしく、そのまま使えました。



Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 03:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

さくらのブログの過去記事を一覧のリストで取得

ブログの過去記事のアップロード日時を全て知りたいです。 RSSを使って日時を確認しようとしたのですが、 下記を取得すると http://blog.livedoor.jp/dqnplus/index.rdf 過.. - 人力検索はてな

 この記事を参考にさせていただきました。perlのスクリプトが紹介されていたので、試しに取得するURLの部分だけを書き換えて実行してみたところ、一発でうまく取得できました。
 しかし、結果をよく見てみると、一つ困った問題があることに気がつきました。せっかく取得できたリストのデータが記録された日付順に並んでいなかったんです。どういう規則で並んでいるのかも不明なのですが、8割方は順番に並んでいるように見えるものの実際はバラバラなのです。

 アーカイブのファイル名が例えば「2009-10.html」となっていますが、ブラウザからこのURLで接続すると記事の数に合わせて分割されたページのURLに置き換わりました。htmlという拡張子になっているので静的なhtmlファイルに見えますが、CGIやサーブレットで動的に生成されているページの可能性もあるかと思います。詳しく調べれば、仕組みもわかりそうですが、そこまではやっていません。

 分割されたページの数に応じて、「2009-10-1.html」、「2009-10-2.html」のように番号が振られ、今回自分の場合は5までありました。これはブラウザで接続したときのページにリンクとして表示されている数でもあるので、当然この番号に応じて記事が日付順に並んでいるはずだと考えました。

 そこでcurlコマンドを使い、次のように実行しました。
curl http://hirono-hideki.sblo.jp/archives/%04d-%02d-[1-5].html

 スクリプト中では変数を使っているので次のようになっています。これがhtmlを読み込むメインの部分です。
my $command = sprintf("curl -# http://hirono-hideki.sblo.jp/archives/%04d-%02d-[1-%d].html", $y, $m, $p);

 これでうまく順番通りに並んでくれるものと期待したのですが、結果はダメでした。さらにおかしなことに気がつきました。一月分のデータで「2009-10.html」などと指定しても肝心のリストのデータが取得できないのです。どうやら指定した年月から遡って一番古い記事までの範囲をすべてリクエストしなければ、必要なデータを得ることが出来ないみたいです。リクエストのヘッダ情報から応答の処理を切り替えているのか、それとも転送されたデータのバッファリングの問題なのか、と個人的に見当を付けているのですが、今までに経験したことのないような問題に遭遇してしまいました。

 一度、どういうわけか取得したhtmlのなかで、スクリプトで抜き出している情報を見ることができたのですが、その後はいろいろ試してみたものの、本体部分の抜けたスタイル情報のようなhtmlソースしか取得出来なくなりました。初めの方でたまたうまくいったときに、ソースコードを眺めて、カテゴリ情報の入っている部分を知ることが出来たので、これも参考にさせていただいたソースに付け加えました。他に変更点はコマンドをwgetからcurlに変更したことですが、curlの方が処理も速いみたいです。


ソースコード

#!/usr/bin/perl

#--- main
$y = 2009;
$p = 5;
while($y>=2009){
        $m = 10;
        while($m>=1){
                getDqn($y, $m);
                $m--;
        }
        $y--;
}
exit;


sub getDqn{
        sleep 1;
        my $command = sprintf("curl -# http://hirono-hideki.sblo.jp/archives/%04d-%02d.html", $y, $m);
        #my $command = sprintf("curl -# http://hirono-hideki.sblo.jp/archives/%04d-%02d-[1-%d].html", $y, $m, $p);
        open(my $fh, "$command |");
        while(<$fh>){
                print "TITLE: $1\n"   if(/dc:title="([^"]+)"/);
                print "CATEGORIE: $1\n" if(/dc:subject="([^"]+)"/);
                print "URL:   $1\n"   if(/dc:identifier="([^"]+)"/);
                print "DATE:  $1\n\n" if(/dc:date="([^"]+)"/);
        }
        close($fh);
}


 curlについては次のページを参考にさせていただきました。これまでにも何度かお世話になっているページです。実践的な使い方が書いてあります。
http://www.big.or.jp/~crane/cocoa/0800_internet/curl/

 curlを知り使うようになったのは3年ほど前でしょうか、Emacsのhatena-modeを動かすのに必要になりました。Linuxでも標準ではインストールされていないと思いますが、apt-getやyumで簡単に入るはずです。WindowsXPのMeadowでもhatena-modeを使っていたので、Windowsパソコンでもcurlを使えると思いますが、あれはCygwinのパッケージに含まれていたものであったかもしれません。

 スクリプトを実行した結果は次のような感じです。
TITLE: vimのシンタックスハイライト処理をクリップボードに入れる
URL:   http://hirono-hideki.sblo.jp/article/33157861.html
CATEGORIE: UNIXコマンドスクリプト
DATE:  2009-10-24T12:39:37+09:00

TITLE: ほとんど触れなかった場合、「捜査続行を意味し、立件を本気で目指している可能性が高い」
URL:   http://hirono-hideki.sblo.jp/article/33137174.html
CATEGORIE: 検察
DATE:  2009-10-23T13:05:07+09:00

TITLE: 娘の死に関する真相の一端でも知りたい、押尾被告の初公判に女性遺族が傍聴券求め並ぶ
URL:   http://hirono-hideki.sblo.jp/article/33136692.html
CATEGORIE: 刑事裁判
DATE:  2009-10-23T12:42:18+09:00

TITLE: 賠償責任を巡り県と市が争った裁判で、最高裁が初判断
URL:   http://hirono-hideki.sblo.jp/article/33136524.html
CATEGORIE: 日記
DATE:  2009-10-23T12:29:11+09:00

TITLE: 「宅八郎容疑者を書類送検 アキバ系と揶揄されミクシィに「ぶっ殺す」」:イザ!
URL:   http://hirono-hideki.sblo.jp/article/33136444.html
CATEGORIE: インターネット/ブログ
DATE:  2009-10-23T12:22:42+09:00

TITLE: [fml]メーリングリストの初期化
URL:   http://hirono-hideki.sblo.jp/article/33129065.html
CATEGORIE: インターネット/ブログ
DATE:  2009-10-23T02:56:48+09:00
TITLE: [fml]さくらインターネットのfmlでバージョン確認
URL:   http://hirono-hideki.sblo.jp/article/33124008.html
CATEGORIE: インターネット/ブログ
DATE:  2009-10-22T23:13:01+09:00
TITLE: fmlコマンドリファレンス
URL:   http://hirono-hideki.sblo.jp/article/33123840.html
CATEGORIE: 日記
DATE:  2009-10-22T23:03:13+09:00
 並べ替えもかねて、今度暇のあるとき、RubyでMySQLのデータベースに自動で登録するスクリプトを作り、それをRailsで検索表示が出来るようにしたいと考えています。このさくらのブログは今月の12日から始めたのですが、記事も100件近くになっているみたいで、もうこの段階においても目的の過去記事を探し出すのは容易ではなくなっています。
 Hatena::Diaryだと過去記事の一覧のページがあったり、検索機能でも記事名だけの表示が出来たので、本当に不便に感じていました。RSSだと最新記事から15件程度しか取得できないみたいですし、手作業でリストを作る気にもなれず、どうしたものかと頭を痛めていました。

 なお、「bloglines」(http://www.bloglines.com/myblogs)というサービスも参考にさせていただいたところで知り、早速登録して使ってみました。RSSの記事情報が蓄積されるみたいなのですが、まだ始めたところなので、どういう具合かよくわかりません。ざっとみたところカテゴリー別の表示なども出来ないみたいなので、記事が増えれば探し出すのに相当、時間も手間が掛かりそうです。








Powered by ScribeFire.

2009年10月27日

(市民生活に)直接影響することなので、当然われわれが考えるべきだ

「通過偽造審理で「市民の参加は当然」」:イザ!
一万円札8枚を偽造したとして、通貨偽造・同行使の罪に問われた無職加藤幸一郎被告(41)の裁判員裁判で、大阪地裁は26日、懲役2年6月(求刑懲役4年)の実刑判決を言い渡した。  判決後の記者会見には裁判員を務めた男女5人が参加。通貨偽造事件を審理した感想について「(市民生活に)直接影響することなので、当然われわれが考えるべきだ」などといずれも肯定的な意見を述べた。

 大阪では裁判員制度に対して否定的というか参加したくない傾向が強いという記事を読んだ覚えたがありました。刑事裁判の世界でも東京と大阪では、ずいぶん違いがあるそうです。落合弁護士のブログでも時々取り上げられていたと思います。確か大阪の方が判決の相場が軽かったと思います。

Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 裁判員制度

2009年10月26日

[JavaScript]マウスポインタをネコが追いかけ回すJavaScript

JavaScriptHP用素材

 2,3日前、どこかのホームページで初めて見かけたので、探して見つけ使ったみました。Linuxにはonekoというパッケージがあって、コンソールの中で同様にネコが動き回るのですが、こちらのJavaScriptの方が色が付いていました。

 HTMLのヘッダにソースを書き込むようになっていて、それを外部ファイルとして読む込むようにやったみたのですが、うまく動いてくれませんでした。やり方が悪いのかもしれないのですが、中には外部ファイルとして読み込んで使えない仕様になっているJavaScriptもあるという記事をみかけあきらめました。



Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

のりピー初公判 大粒の涙流し「今後は介護の勉強したい」

のりピー初公判 大粒の涙流し「今後は介護の勉強したい」(夕刊フジ) - Yahoo!ニュース
 覚せい剤取締法違反(所持、使用)の罪で起訴された女優、酒井法子被告(38)の初公判が26日午後、東京地裁(村山浩昭裁判官)で開かれた。酒井被告は「間違いありません」と起訴内容を認め、検察側は1年6月を求刑した。夫の高相祐一被告(41)の逮捕から山梨への逃避行、そして出頭と、衝撃的な展開が続いた事件。法廷では薬物におぼれたトップ女優の素顔が次々と明らかになった。


 著名人の裁判が一週間ほどの間に3件続きましたが、いずれも即日結審だったようです。
 今日は役場に用事があって午後から中継の報道番組が観られなかったのですが、あとは判決を待つだけみたいです。介護の道というのは全く意外ではありましたが、世間の注目を集めた有名人でも裁判自体の中身というのは一般の人と余り変わりはないのか、というこれも少々意外な感想でした。

 マスコミに特需をもたらしたとも評される事件の裁判でしたが、天候が悪かったためか、予想より傍聴希望者の数は少なかったみたいです。



Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

「実名報道」 社会的利益の要件とは

「「了解得た」Vs「少年法を無視」 少年の実名報道は是か非か」:イザ!
■繰り返される「実名報道」 社会的利益の要件とは  少年時の事件で家裁の審判を受けたり、起訴されたりした人の氏名は、少年法61条により報道が禁止されている。ただ、61条を破っても罰則規定はない。これまでにも、重大事件で顔写真や実名が報道され、波紋を呼ぶケースがたびたびあった。  昭和33年には、18歳の少年による女子高生殺害事件での実名報道問題をきっかけに、日本新聞協会が61条の取り扱いの方針を示している。  それによると、少年が逃走中で凶悪な犯行を繰り返す恐れが明らかだったり、指名手配中の犯人捜査に協力したりするなど、社会的利益が優先される場合、氏名や写真の報道を認めるとしている。ここでは、少年がすでに行った「犯行の凶悪さ」などは、要件となっていない。  また、大阪府堺市で3人が殺傷された通り魔事件の男性受刑者=事件当時(19)=が実名などを掲載されたとして、月刊誌の発行元の新潮社に損害賠償を求めた訴訟では、大阪高裁が平成12年に「少年法は、少年に実名で報道されない権利を与えたものではなく、重大事件の場合、憲法の表現の自由に優先すると解することもできない」と判断し、男性側の逆転敗訴の判決を言い渡している。

 少年事件が対象の問題ですが、参考になるところがあります。  当ブログにおいて、警察官、検察庁職員、弁護士以外の実名公開は行わないという方針に変わりはありませんが。

Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 13:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会

Google RSSフィールド追加ボタンを追加

グーグルRSSフィード追加ボタンの作り方

 参考にさせていただき、さっそく付けてみました。画面左上のブログパーツの時計の下です。クリックすると、igoogleにRSSフィールドが簡単に登録できました。igoogleも結構前に作成していたのですが、これまでほとんど使うことがありませんでした。しかし、よく考えてみると、どのパソコン環境からでも同じように扱え、登録したRSSの新着記事、最新ニュースなどGmailの確認も同時に出来るので、これは思っていたより便利に使えそうです。


igoogleはこんな感じです。
igoogle_20091026
igoogle_20091026 posted by (C)hirono-hideki

Powered by ScribeFire.